町子が小学校の先生かさんの映画レビュー・感想・評価

町子が小学校の先生か

町子が小学校の先生か

4以上の映画は皆にすすめたい良い映画。
劇場で観た映画を記録してきます。

映画(100)
ドラマ(0)

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

1を観ていると、比較して感動できると思う。傑作。

優しいグリーンマイル。

毒にも薬にもならなかった前作とくらべると、雷に打たれたくらい面白い。

今作はキングスマン2より紳士的な映画だった。

>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

ギンレイホールで、やっとみれた。

繰り返される日常と、韻を踏むという行為の相似性。

同じなんだけど意味は違ってくる。

それは、何度も出てくる双子にも象徴されている。


映画館内では寝てる人がた
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

ニッチェの江上さんが当たり前のように役者をしてるだけでも素晴らしい映画。

兄弟や姉妹という関係が客観的に描かれてる。
起伏のないストーリーにしっかりと緊張感を出してくれてて飽きない。

万人に向けて
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.0

二階堂ふみの裸は綺麗すぎて本当に驚いた。これはすごい。

行定さんのイタさが前面に出すぎてて、嫌いになれない作品。

いい意味でも、すごいイタい。
客観性を出すために監督自らインタビューしてるくだりと
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

4.0

吉田大八映画のなかでも、人間ってそういう生き物だ、どうしていくかはみんな後は考えていこう!タイプだった。

吉田大八監督の映画は『うんめい』タイプと『もうしん』タイプの作品があって、うんめいタイプかな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.7

フランシスマクドーマンドが無表情に車に乗っている、田舎が舞台というと、いやでもファーゴを想起せずにはいられない。

演出が若干くどい
ハッとするシーンがあんまりない
ふざけすぎ

という文句はある、
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

松岡茉優だからこそ成立した素晴らしい作品。

昼寝のシーン、卓球のシーン、
ビューティフルサンデーだよ、
は最高。

おそらく原作の良さだと思うがイチのキャラクター設定もただの理想的妄想彼氏じゃなく最
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

1.0

もう何よりも、足音周りの演出が素晴らしい。
足音だけで私達がドキッとしたり、怒ってるんだなー、とか色々感じるんだということ再認識した。

ダイゴはこれから役者のお仕事きそう。ちょっとあざとい役柄だけど
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.9

個人的にとても好きな映画。
映画館で見れてよかった。泣いた。

ただ、そろそろ小物なリリーフランキーが見たい。
いっつも怪演してていやになっちゃう。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

誰とでもみれる映画。
誰かとみた方が面白い映画。

これはすごい!
また記事かきます。

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.3

赤を映えさせるための、緑のカラーリングが印象に強い。

気が抜けた演出が多いのに、すごく美しい。

日本人であることで言葉面がノイズになってしまったのが、残念だった。

最後の方にパクチャヌク印の残酷
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.4

骨董の世界や、陶芸の世界、千利休に少しでも興味が持てる、、
持てるっちゃ持てるという意味では意義ある映画。

全体にどんでん返しやギャグがふんだんにあって退屈しない。

すき焼きのシーンは特に、バーム
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

手垢のついたような話、グッドウィルハンティングを思い起こした。

子役のマッケナグレイスがかわいすぎる。
目の覚めるような場面、(病院とフランク登るところ)

点数以上に好きな映画。
また記事書きます
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.4

とりとめもなく感想を。
常にストーリーが進行するアクションはさすが!(車の横発進以外 笑)

母親の不在は、
父親がテーマにあることも示唆している。

Sがスーツの胸に重なるのは、スーパーマン??
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

名セリフ『初めてです!』

ジャッキー映画初体験。

大バカすぎる映画。
は???何コレ??なラストも両国の平和を思うとコケにはできない。

冒頭、ギャグなのかどうかも分からない三国無双っぽいCGアニ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

アダムドライバー素晴らしい!

血筋ありきの話になってしまったスターウォーズサーガをぶち壊す作品。
良くも悪くも『スターウォーズ』ありき。

感情移入しづらいローズやアジア系の脇役っぽい女性や、ローラ
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.2

◎諸々の感想
三郎が可哀想
般若は素晴らしい
篠田麻里子の演技はうまいとも悪いとも言えない
篠田麻里子のお見舞い、外から監視されるようなカットよい
あと失明した子のこっち見んなカットすばらしい
骨が意
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

原作はリアルタイムでマンガを追っていた世代。


CGあり、アクションなし、CGありの映画。
ハリーポッターシリーズを意識してるのかなあと思った。

◯わるいとこ
CGを乗せるためにアングルが限定され
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

1.5

冨永監督の作品はパンドラの匣、パビリオン山椒魚を観ていた。

原作も読んで鑑賞。

オープニングの水着が排水溝に乗って詰まるシーンは、これから起こることを感じさせて最高の始まり方だった。素晴らしい。
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.4

素晴らしい。絶対に見たほうがいい映画だが、一般受けするかと言うとありきたりなストーリーと思われちゃうと思う。

◯良いところ
ストップモーションアニメくらいの事前知識がないと感動できない。

気持ち良
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

予告でも使われてる、女使用人のノーノーノーノノノノーのシーンは素晴らしい。
男使用人が走ってくるシーンも素晴らしい。

音楽の使い方でホラーなんだけど、コメディだと終わってから色々考えて気づいた。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

ギンレイホールで鑑賞。

良いとこ
最初のシーンで続くグーグルマップ的な風景が、終盤でも意味を持ってくる。
カルカッタでのシーンがサルーの目線の高さ。
リアルっぽい適当な感じの故郷の発見
さりげなくそ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.1

IMAXで鑑賞。
スーパーマンVSバットマンを耐え忍んで観た人達へのご褒美ムービー。

この映画は、スーパーマンVSバットマン観てないと乗れない。


まずオープニングの歌が素晴らしい。
ザックスナイ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

阿部サダヲはもちろん、
蒼井優と松坂桃李がほんとに素晴らしかった。

最初のシーン、汚い部屋から中丸屋にクレーム入れるとわこ、韓国ドラマが止まり、
その後でレンタル屋でクレームを入れる。
とわこは何か
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.9

コン・ユは満島真之介に似ている。

ハイライト的に流されるソンガンホが捕まってからのシーン、剣友の会?のシーン、ラストシーンの三箇所での音楽は印象的。
ズルいけどすばらしい。

序盤のアクションで心掴
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.9

役者が人間らしくていい。
西田敏行、塩見三省、ピエール瀧は、
他の映画では見たことの無い役。
素晴らしい。
チャン会長はもちろん、大森南朋や原田泰造があんな役をする映画って無いのでそれだけでかけがえの
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.0

応援上映初体験。
アクションすごい。

終盤のアクションが盛り上がるほど応援するポイントが無くなってくるのが仕方ないけど悲しい。

応援上映は新しいエンターテイメントの形。すばらしい!

松竹ありがと
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

1.9

おそらく、本広監督的にアクションに全振りして挑戦している作品。

ただ、そのアクションも勝ち負けの論理が分からないし、
そもそも亜人は死なないという楽観さが気になる。

麻酔銃で眠らせても、どうせ戸崎
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

男女関係を複雑にしたスマホ。

人はそれを持ってはいけないのかなあと思う。

美談やコメディ要素で本質を薄めてはいるけど、
かなり怖くて悲しい。

ラストシーンで笑うけど、
それだけでは済まない後味。
>>続きを読む

>|