ぴのしたさんの映画レビュー・感想・評価

ぴのした

ぴのした

映画(513)
ドラマ(2)

ピンポン(2002年製作の映画)

4.1

最高の邦画ってこういうのを言うんだよな。最高すぎる。これを「最高!」と言える人と友達になりたい。

王道のスポーツ友情ものといえばそうなんだけど、松本大洋の原作の臭みというかアクが映画にもプンプン漂っ
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.9

警察に入り込んだマフィアのスパイと、マフィアに入り込んだ潜入捜査官がお互いを探り合う話。

ストーリーもハラハラドキドキで面白いが、この映画はとにかくディカプリオとマットデイモンの主演2人が良すぎ。あ
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.7

アメリカのティーンネイジャーたちの一夜を描く群像劇。人多すぎてわけわからんくなる。

この監督、水を使った演出が好きなんだな。シルバーレイクもイットフォローズもそうだったけど、物語や登場人物の心が動く
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.6

ボヘミアンラプソディとララランドを足して薄ーくしたような感じ。噂通り歌はすごいけど、話としては別に…って感じだな。

ほとんど2人のイチャラブの話なので広がりも伏線もない予定調和。個人の好みだけど、伏
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.6

内容はありきたりのカーアクションものだけど、レフン監督なので終始絶望感が漂う。

ライアン・ゴズリングが出てなかったら見てないかも。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.8

面白かった!ピカチュウかわいい〜〜ストーリーは大したことないとは言われてたけど、テンポ感が若干悪いくらいで普通に最初から最後まで面白かったよ

ポスターに書いてある"注意書き"、分かりやすく説明してる
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

3.9

予想を超えてくることはないけど、丁寧に作られた王道はやはりグッとくるな。

少年が出会った心優しい巨大なロボットが実は大量破壊兵器で、大人たちに狙われてしまうという話。

どこかで聞いたことがあるスト
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.2

クッソいいなオイ!統合失調症患者の見る世界のようなトリップ感。

理不尽で不条理なストーリーなのに、見終わった後は爽快感がある。ファッションからデザイン、音楽までオシャレだし、クスッと笑えるシュールさ
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

2.3

ダメだった。この主人公みたいなタイプが一番嫌い。オシャレなだけでただのクズじゃん。

映画自体もオシャレでしょ?感が透けて見える造りにうんざり。逆光の多用とか、生活感を出したいんだろうけど、こんな自堕
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.8

美しい映画だった。透明な男の子と盲目の少女の恋。

映画は、透明なエンジェルの視界だけで進み、母と恋人のマドレーヌ以外はほとんど誰も映らない。

なんで母は小さな部屋に隔離されているのか、マドレーヌの
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.9

すごい…面白い…

レゴでストップモーション作ったってだけでもすごいのに、メッセージがストレートに伝わってくるとてもいい映画だった。

展開がめちゃくちゃ早くてハイテンションなのが個人的に超好き。
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(2000年製作の映画)

3.7

ひまわりがしんのすけ達に合流して泣いちゃうシーンが最高。

サルたちの初登場シーンは子供心に怖かった思い出がある。サイケデリックな廃船に代表されるような、クレしん映画に共通する不気味さにすごく惹かれる
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

3.8

ピーターには共感できるし頑張れー!って感じなんだけど、MJのクソっぷりが過ぎる。

電車止めた後にみんなに運ばれるシーンがいいよね、こういうサマーウォーズじゃないけど一般人が続々と力を貸してくれる展開
>>続きを読む

世紀の光(2006年製作の映画)

3.4

まじで何も分からなかった笑。画面が整っていてオシャレ。

この監督の映画はドラマではなく体感を提供するものらしい。そう言われるとそんな気もする。

最後のエアロビが最高。説明書きに「衝撃のラスト」って
>>続きを読む

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年製作の映画)

3.7

だいぶAKIRA感強め。アキラ70%

演出がカッコいい。ピラミッドのライトに照らされて逆光になるシーンとか、ルパンと次元たちが荒野で別れるシーンで夕日に照らされてみんな黄色で描かれるのとか。

ルパ
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.7

終始よく分からないけど、後半にかけて不思議な魅力があるな。

要は「彼女の死を回避するためにタイムトラベルして自分が死ぬ世界線を選んだ」ってことなのだろうか。言葉にすると稚拙だけど、説明的すぎない作り
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

タランティーノの趣味全開カーチェイス映画。

会話劇を楽しめばいいんだろうけど、それにしてもカーチェイス始まるまでが長い。後半はぶっ飛んでてサイコーだった。

散々彼女たちを詳しく掘り下げておいて、一
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.9

泣いたよ俺は…。度肝を抜く展開や最先端のアニメ技術がある訳じゃない、ただの児童向けアニメなのにすごく良くできている。

絵柄のせいか最初は子供向けっぽく感じるけど、後半にかけてどんどん良くなってくる。
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

面白かった!Guiltyっぽいシチュエーションスリラー。PC画面だけで話が進むよ。

とてもスピード感があって見惚れてしまった。PCの画面と言っても訳わかんないプログラムとかじゃなくて、自分たちが普段
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

おバカコメディかと思ったら予想外の展開でビックリ。

途中までずっと笑わせに来てたのが、蓋を開けてみたら「役立たずで世間から見放された変人の男が人生を見つめ直す話」だった。

ほとんどが彼の妄想ってこ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.7

渋い。この手の映画は歳を取らないとわからない気がする。

「仕事のために家族をないがしろにしてきた男」ってかなり使い回されたテーマだと思うんだけど、90歳の運び屋っていうユニークな設定のおかげでそれな
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

3.5

正直期待しすぎた感。オトナ帝国と並ぶ名作と言われるけど、個人的には全然だった。オトナ帝国がいかにずば抜けているか分かる。

絵は相変わらずすごいんだけど、展開がだいたい読めちゃうのとテンション上がる場
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

4.0

ダサイwww愛すべきダサ映画。ダサさを楽しめたら勝ち。一周回っておしゃれに見えてくる。

学園コメディだけど爽やかさはなく、バカで間抜けなナードたちの日常を描いたって感じ。リトルミスサンシャインとか、
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.8

映画があまりにカッコよくて泣きそうになったことあります?ない?ぼくもなかったです。この映画を見るまでは。

実写・アニメ問わず2019年今のところぶっちぎり1位。アニメなら人生で5本の指に入るレベル。
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

見てきたよ〜。しみじみ良かったです。

正直、大衆受けはそんなにしないと思う。手に汗握るドキドキも、衝撃のどんでん返しもない。

ただ、とにかく主役の2人が素晴らしい。いつまでもこの2人を見ていたくな
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.5

幼い頃に何度も見たオールタイムベスト。今見ても、というか今見るからこそ分かる良さがある。ボロボロ泣いた。

設定が説明されないままオープニングに入る冒頭からもうオシャレ。ケンとチャコが夕日町の街中を歩
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.0

面白っ…!!なんこれ。

陪審員の話ということで、会議室だけで話が進む法廷ドラマ。

「人を裁くとはどういうことか」みたいなゴッツ社会派映画かと思いきや、推理小説を読むような痛快さがあり、12人それぞ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.1

最高!!今回は大衆受けする作品と聞いてたけど、ランティモスらしい毒々しさも満載の映画だった。大満足。

醜い女王。国の実権を握る側近。貴族に返り咲くのを狙う侍女。3人の思惑が絡み合うドロドロ宮廷ドラマ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.9

スタイリッシュ。最後まで目が離せなかった。天才が活躍する映画はスカッとして気持ちいいね。

集団カンニングに挑む2人の天才。ピアノの手の動きで解答を教えるとか、鉛筆のバーコードに解答を仕込むとか、めち
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

話題の「電話だけで物語が進む」サスペンス。なかなか手に汗握る。面白かったですよ!

画面に映るのは、最後まで警察の緊急電話のオペレーターのおっさんほぼ1人。誘拐された女性を電話だけで救おうと奮闘するう
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

良かった!!ヨーロッパ映画って雰囲気だけの物も多いけど、これはちゃんと面白かった。

「鹿になる夢を見た」。毎晩同じ夢の中で会う男と女。奇抜な設定ながら、ちゃんと王道ラブストーリー的な面白さがある。
>>続きを読む

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.7

ストーリーは悪くないはずなのに、なぜかあまりのめり込めない。オルタナよりは面白かった。

多分みんながフリクリに求めているのは攻めの姿勢、オルタナとプログレの精神なのに、実際オリジナルよりヌルい作りな
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.7

良く言えば、リアリティのある完成度の高い作品。悪く言えば、地味。

月に初めて降り立ったニール・アームストロング。人々から英雄視されても良さそうな彼を、この映画は決して英雄視しない。それがこの映画の良
>>続きを読む

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.7

myFFFというオンライン映画祭のやつ。ネット上で誰でも見れるよ。

ヨルゴス・ランティモスの映画みたいなあらすじだなーと思って見てみた。ショートフィルムながら面白い。

2時間に引き延ばそうと思えば
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.9

おもしれー!やっぱりこのシリーズは面白い。『羊たちの沈黙』3部作の最後なんだけど、時系列的には一番古い。

レクター博士を逮捕したFBIの元捜査員がある事件を解決するためにレクター博士に助言を求めると
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.9

ロックストックに引き続きこれもサイコーだった。タランティーノをもっと分かりやすくクール&お茶目にした感じ。

オープニングで出てくる人物がめちゃめちゃ多いので、「覚えきれねーよ!」と思いきや、意外とつ
>>続きを読む

>|