市間勝さんの映画レビュー・感想・評価

市間勝

市間勝

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

4.0

人生の選択肢全てに同等の価値があるんだと学びました

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.0

幼少期に両親を亡くして育ち、愛を知らずセックスを繰り返す事で精神を安定させるメンヘラクソビッチ娘がある一人の男性を本当に愛するものの、セックス依存症が治らず他の男とヤってしまう。彼氏に他の男性と寝た事>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.8

家族と見ました。初めの方に刺激的なシーンがあり、雰囲気がヤヴァかった。マジマカヴォイって感じでした。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.0

「人は見たいと思うとおりに物事を見る」的な発言してた、その言葉通りでした。

セッション(2014年製作の映画)

3.8

ツルッパゲのパワハラによってドラマーの精神が崩壊し、血が飛び散るまで狂ったようにドラムを叩き続ける映画。

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.6

お姉ちゃんだけバリアを張れる事と透明になれるという2つの能力があるので不公平だと感じた映画です。

アバター(2009年製作の映画)

3.6

父と観に行き、尻尾と尻尾を繋げた時に気まづい雰囲気になった思い出がある映画です。

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.0

小学校の時に初めて見て、脳裏に焼き付いてる映画です。

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.0

少年の仕掛ける罠にシナリオ通り引っかかる悪党が優しすぎる映画。

ネバーランド(2004年製作の映画)

4.0

全てはジョニーデップの格好良さから始まり、終わる映画でした。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

僕は感染の話と迷路の実験の繋がりが理解できなかったです。

>|