kanaさんの映画レビュー・感想・評価

kana

kana

映画(419)
ドラマ(0)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.1

かわいい!
今アニメがどんどんリアルに、現実に近づいてる中、少し遅めの動きと、おもちゃのような、素材の質感がイメージできるような作りと日本のイメージが、さすがウェスアンダーソンだ。

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

3.8

とにかくきれい。
生と死の繰り返しの中に、確かに人を愛した日々がある。それってすごいことなんだなと思った。

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

滝のイメージと音楽が素敵だった。
普通の日々だけど、中心に一本川が流れているような、静かだけど確かな日々の積み重ねが素敵だった。

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.7

世界観が面白い。
常に閉鎖的な感じがするところとか照明っぽい光の作り方とかがいい。

亜人(2017年製作の映画)

3.8

音楽とテンポ良かった。
やっぱり綾野剛いいですよね。

劇場版カードキャプターさくら(1999年製作の映画)

3.1

あー、懐かしい。
カードキャプターさくら無条件に幸福な気持ちになれる。
クロウカードセットを小学生のクリスマスにもらったこと思い出した。
最高のプレゼントだったな〜

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.0

12モンキーズはここまでまんまにつくられていたことにびっくりした。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.8

アートの価値ってなにによって決められているのだろう。
追求したり、自分のスタイルを確立していくことをすっとばしたその先になにが待っているんだろう。
この成功のその先が見たい。

過激に、表現して燃えて
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

5.0

少年時代の描写が本当にいい。

インドでは毎年行く行方不明になる子供が8万人もいることが衝撃だった。

改めて、自分のいる日本のことしか知らない、それすらも曖昧だなと思った。
もっと世界にはいろんなこ
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.8

こういうライフスタイルに今注目が集まっているけれど、この生活を貫き通すのは本当に強い人だなと思う。
生活に関わることを、しっかりと自分の手で楽しんで作り出していくことって本当に豊かだなと思った。

リトルプリンス 星の王子さまと私(2014年製作の映画)

3.0

紙を使ったコマ撮り映像がめちゃくちゃきれい。星の王子様の繊細な感じが映像としてちゃんと表現されてる。
でもストーリーとしては、、
王子様の青年姿が出て来るのもどうなんだろうと思ってしまった、、

ひそひそ星(2015年製作の映画)

3.1

モノクロ映像がめちゃくちゃきれい
やっぱり園子温は詩人だなと

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.0

世界観は素晴らしい
最後、街が見えるシーンはトムアットザファームを思い出した

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.8

映像が素晴らしい
全く方向性のちがう世界観を1つの映画として美しくまとめるバランス感がさすが。

>|