KantaInoueさんの映画レビュー・感想・評価

KantaInoue

KantaInoue

映画(142)
ドラマ(5)

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.5

始め20分の軍曹が新隊員に対してのしごく時のワード一個一個がハイセンスすぎて何回も見返した

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

泣いた

けど、寂しかったから好きだけど違う男と婚約するっていうあの女の考え方は現実でも本当に嫌いだし、物語の中でも嫌い

ジョンのお父さんのジョンを見送ったり、思ったりしているところが愛おしすぎる

エスター(2009年製作の映画)

3.5

映像と音の表現の仕方がうますぎて何も無い場面でもいちいちびっくりしてた

サイコ系の映画は苦手

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

嫁がちキチガイ

状況だけで判断すると嫁は悪くなく、夫や元カレを疑ってしまう悪知恵感が堪らなかった

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.7

色んなじいさんばあさんが銃を撃ってるのが笑えた

あの街を治める奴らみんなクズ

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

主人公が大沢たかおに似てた

必要悪のジジイがフワッと死んだのが物足りなかった、

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.6

SFアレルギーを完全に治してくれた映画

あの音楽を聴くとドキドキする

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.3

最後に出演した被害者の方々の言葉が心にグッとくる

撮影したい映像の中に実際の映像が流れてきて凄惨さを如実に伝えられた

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.4

これが実話、事実は小説より奇なり

最後の実際の写真と映像に胸をうたれた

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.5

確かに地獄のことはよく童話だったり本で見たこと聞いたことしたこといっぱいあるけど、天国の話って地獄の話に比べると各段に少ないよね

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.9

観たのは2回目

観終わった時は心が洗われた感じ
お金、仕事<家族、愛

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

4.2

アバウトタイムより好きだった
初めて好きになって付き合った子のこと思い出した

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

人間の倫理のタガが外れる瞬間、外れてからのトビ方が見れる作品

全ての物事の捉え方はその人自身の主観だと改めて認識を強く持たされた

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

タイミングと選択で結末が変わるっていう大人の恋愛なところを最後に観れたのは良かった

でもこの映画の2回目を見たいとは思わなかった

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

「私は平凡な男。でも命がけで一人の人を愛したことは誰にも負けない」って言えるジジイになりたいって思った

初恋は偉大だ

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

最後の30分は今まで見た映画の中で1番自分がその場にいるような臨場感があって最高だった

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.6

2回目は観なくていいかなって思った

この前ジャスティンビーバーの天才故の苦悩の記事を読んだけど、それと同じ天才エルトンジョン版を映画にしましたって感じ

>|