火星さんの映画レビュー・感想・評価

火星

火星

気まぐれレビュー。2017年に自室をシアタールームに改造しました。TwitterはID同じです

映画(282)
ドラマ(0)

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.7

ガガ先輩!ちゃんと女優まで上手いことこなしてるじゃないすか!マジすげえっす!最後にガガ先輩を観たのは『マチェーテ・キルズ』とかいうヤバい映画のヤバイ役だったので、こんなにちゃんと演技するなんて知らなか>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

3.8

『アシュラ 』ばりのヤベえやつオールスターで最高に楽しかった!敵がイカれた奴に次ぐイカれた奴なのはもちろん、主人公もまあまあ狂ってるのが良い!それは死ぬだろ…ってことを仕事だからって平気でやるのはヒエ>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

久々に観ました。お手本のような優等生映画。成績良すぎて特待生になっちゃうレベル。
キャラよし。ストーリーよし。サプライズよし。ディテールよし。アクションよし。
冷蔵庫みたいな真四角なビジュアルのベンア
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.6

義理人情を大事にする人にとっては不愉快にも思える真実があのマックにはあったんだね。

序盤では、“飲食店のオーナー”としてのマクドナルド兄弟の有能っぷりを存分に見せつけられて、素直に天才だと感心した。
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.9

『マッドマックス』『ハウルの動く城』『ローグ・ワン』を足して3で割ったら『ターミネーター』が余った!そんな映画です。(?)

ずっと気になってましたこの映画!冒頭10分はこの世の映画の中でもトップクラ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.2

この世の全てのアクションを詰め込んじゃいました!な映画。こういうのでいいんだよ、こういうので。

思いつく限りでも色んな最高ポイントがありました。
烈海王みたいなジョナサン。もはやポケモンマスターなジ
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.9

いいじゃん。こういうのめっちゃいいじゃん。
アクション映画ファン的にマーク・ウォールバーグとイコ・ウワイスが共演してるのはそれだけでかなりアツい。
約100分でコンパクトかつテンポよくサクサク進む内容
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

ずっと人の為に生きてきたキャップと、常に自分を大事して生きてきたトニーがクロスオーバーするんだよね。ステキだね。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

試写会にて鑑賞。公開されたら社会に大変な影響を及ぼしかねない物凄い映画が出てきてしまいました。1人の人間が抱える闇から資本主義社会における光と影にまで切り込んだとんでもない大傑作ですよこれは。

この
>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

3.9

久々に観たわ、フューリー。ミリタリオタクからやれ曳光弾がカラフル過ぎだのやれ随伴歩兵の布陣がおかしいだの言われてるけど、あいつらには湾岸戦争の資料映像でも見せときゃいいんだよ。
まずさ、ブラピとシャイ
>>続きを読む

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

-

深夜に飛んでもない映画を観てしまいました。一応前作も観てはいるんだけどもね。
コンビニのシーンが1番好きですね。デカマラ・リッチー!デカマラ・リッチー!

女の子にオススメ映画聞かれたらこの映画答える
>>続きを読む

ビトウィーン・トゥ・ファーンズ: ザ・ムービー(2019年製作の映画)

-

カメオ出演がほぼメインというなかなか新しい映画。こういうのはたまらん。たまらんですね。
いっぱい笑わせられたけど、一個挙げるとすればカンバーバッチの名前と顔と発音とホームズっていう全方面イジリが最高だ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.0

ジョーカー公開前の予習の一環で初視聴です。
この映画が『ジョーカー』という映画のモチーフの1つになるのは非常に納得出来る、いい意味でも悪い意味でも狂った映画でした。
最初は「こいつヤバいだろ...(ド
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.8

結構賛否が分かれる映画らしいけど、俺は好きです、この映画。だけど、それはストーリーを抜きにした場合のこの映画の世界観と雰囲気そのものに関して。
ストーリーに関しては正直言って退屈そのもの。他の監督だっ
>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.6

『ヒート』とか『ボーダーライン』とか『13時間』みたいなガチガチに気合い入ったこういう銃撃戦大好きです。オタクだから。
今回のジェラルド・バトラーはまぁまぁなダメ親父、だけど相変わらずめちゃくちゃ強い
>>続きを読む

カンフーハッスル(2004年製作の映画)

3.9

めっちゃ好きなコメディ映画の1つ。
とにかく音楽が素晴らしい。あそこでツィゴイネルワイゼン使うセンスはもはやサラサーテ以上に天才なんじゃないの。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

-

ちょっと怖かったけど、音の怖さに重き置いてる感じでサラウンドじゃなかったらあんまり怖さ感じなさそうな演出多めでした。
もっと一点突破型の霊とか現象の方が好きです。個人的に。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

-

『メン・イン・ブラック3』にエキストラで出てるっつーから観てみたら本当に出てた。2秒くらい。ピントも合わないような端役だった。

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

4.0

評価低くね?めちゃ凄い映画だろ。B級モンスターパニック風S級社会派ムービーだよこれは。

ソン・ガンホおじさんに対するヘイトが集まりがちだけど、割といつものソン・ガンホおじさんなので韓国映画を観る上で
>>続きを読む

ドラゴン危機一発'97(1997年製作の映画)

-

『酔拳2』に代表される90年代カンフーもこれはこれですき。
コマ落としで実際の1.2倍速くらいに見えるアクションシーンとスローモーションの多用は定番ですね。アクションは確かにスゴイんだけど『酔拳2』に
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる 〈オリジナル版〉(2016年製作の映画)

4.0

スポ根ここに極まれり!です。

正直言って序盤は、父親の男尊女卑な考えと自分の夢のために娘たちを道連れにする強引さにドン引きしてた。けど、時が流れるに連れて娘さん達もサボりの術とかお洒落を学んで楽しん
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.8

いいぞ!中島哲也!スゴイぞ!中島哲也!

なんだか話の本筋が見えてこない掴みどころがないストーリー展開はさすがですよ!
人生の辛さと人間の弱さと不完全さを描かせたらやっぱり中島監督は凄いです。

前半
>>続きを読む

シュウカツ(2015年製作の映画)

1.0

意味わからん。ダメななろう小説か?
就活を描くにしては非現実的過ぎるし、サスペンスにしては頭が悪過ぎる。学生の自主制作映画レベル。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.9

タランティーノの愛に抱かれました。
史実に関してはバッチリ予習していったので、「こいつ誰?」とはならず完璧に楽しむことが出来ました。
いつものタランティーノらしさも存分に堪能出来てもう最高に満足です。
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.9

相変わらずアメリカの対テロ戦争周りの映画は名作が多い。『ローン・サバイバー』の前哨戦ともいえるような戦いがあってこんな内容だったというのは痺れるね。あと将軍めちゃアツい漢。最高。
ここから『ゼロ・ダー
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

これは凄すぎる映画。『1987、ある闘いの真実』と合わせて観るべき。
コメディタッチだった序盤から徐々に不穏で重厚な雰囲気になっていく流れは、さすが韓国映画の十八番といったところです。それと同時にソン
>>続きを読む

>|