片腕マシンボーイさんの映画レビュー・感想・評価

片腕マシンボーイ

片腕マシンボーイ

映画(3951)
ドラマ(0)
アニメ(0)

桜ノ雨(2016年製作の映画)

2.5

名作青春映画として名高い「ドロメ」シリーズと同じ年の公開やと?……ってことはよ、本作と「ドロメ」続け様に三浦透子は旧沼津静浦中学校で撮影をしたってことか!くぅ……旧沼津静浦中学校ファンのマシンボーイ羨>>続きを読む

真夜中乙女戦争(2021年製作の映画)

1.5

マシンボーイはもちろんトマトだって馬肉だって好きよ!大好きよ!でもな……カプレーゼに馬肉のカルパッチョ?全ての食べもんの中でも最も美味くもなきゃ不味くも無い、単なるお洒落ぶりっこメニューやないかい!ぷ>>続きを読む

妖怪シェアハウス 白馬の王子様じゃないん怪(2022年製作の映画)

1.7

佐津川さんと長井短出てっから観たよ!ふたりともチョイ役やった〜、スンスン

AIと恋愛する時代が来たんやがっ!そんなアホな人間共に呆れる妖怪達だが、そのAIも悪い妖怪の罠やったぞ!って話

そうね、目
>>続きを読む

宮松と山下(2022年製作の映画)

2.7

津田寛治出ているから観たが、津田寛治が出ていたこと以外はすぐに忘れられそうな記憶無くなる映画でしたねぇ、しんみり

宮松の仕事はエキストラ、斬られ、撃たれ、殺される日々、そんな宮松は12年前に過去の記
>>続きを読む

麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇(2021年製作の映画)

3.0

U-NEXTに映画としてあるんやが、Filmarksやとドラマに分類されていたからば、ドラマならスルーや!思っていたんやが、Filmarksにも映画として新たに登録されたから観てみたぞ!
確かに連ドラ
>>続きを読む

不感症になっていくこれからの僕らについて(2017年製作の映画)

2.0

一生早漏なマシンボーイに対する嫌味か?スンスン

へっぽこミュージシャンが地元に帰り初恋の人?に再開したぞ、って話

もうな、冒頭から背負ったギター似合わな過ぎな主人公自称ミュージシャン他称地元の星に
>>続きを読む

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

2.8

アニメはそないに観ないが、西加奈子さんの本は好きやし映画化作品も全部観てきたから義務的に観たよ!

ミスジは美味い!って話

西加奈子原作映画はこれまで2勝2敗ときて……ここへきてアニメ!しかも家に文
>>続きを読む

スプリング、ハズ、カム(2015年製作の映画)

4.0

マシンボーイってばアルピーの平子さんめちゃ好きやからばね、ただただ久しぶりに平子さんの演技しているん観てぇわ!つってこれ観たんやが……
思いのほか傑作過ぎてホッコリの極地に足を踏み入れたよね!ホッコリ
>>続きを読む

突貫小僧(1929年製作の映画)

3.0

小津安二郎といえばブルジョワ家庭の作品のイメージが強いが、本作はマヌケな悪党と小汚い糞ガキしか出てこないからば寝転がって鼻ほじりながら観れたぞ!ホッコリ

誘拐した子供がとんだいたずらっ子やったぞ!っ
>>続きを読む

死神遣いの事件帖 -月花奇譚-(2022年製作の映画)

4.0

前作もけっこう面白かったし、なんといっても本作はレイちゃんがヒロインやからマシンボーイ得が過ぎるぜぇ!ってワクワク観に行ったらば……ひゃー!ゾンビと柴ワンコロまで!マシンボーイの好きなもんばっかり出て>>続きを読む

ガレージで(2021年製作の映画)

2.7

マシンボーイもサーキュラーエコノミーについて語り合える場が欲しいと思っていたんよねぇ、ぺろぺろ

ガレージでおっさん達が高度なディベートを展開すんよ!って話

そうね!本作は現代社会のあらゆる問題に広
>>続きを読む

ハウ(2022年製作の映画)

1.8

ワンが頑張る話なら御涙頂戴なんのも必然やけども、これはあまりにもワンを人にとって都合の良い聖人君子に描き過ぎていて……ちょっとはワンの気持ちも考えろや!思った

婚約者に無惨にフラれ傷心の田中圭を慰め
>>続きを読む

あなたの微笑み(2022年製作の映画)

3.9

え、渡辺紘文だよ?大田原愚豚舎だよ?こんなに誰にも知られてないことある?シクシク……

東京国際映画祭をはじめ世界中の映画祭で名を上げた日本が誇る自主映画監督の渡辺紘文だが、今は脚本も書けず地元大田原
>>続きを読む

ラン・スイートハート・ラン(2019年製作の映画)

2.2

そもそもワンを怒鳴りつける男を信用するのが悪いぞぉ、ワンに優しくない男が女性に優しいワケが無い!ぷんぷん

サイコパス男に追われているんやが!って話

久々にメリケンホラーでも観っか!つってアマプラで
>>続きを読む

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

2.3

内田慈んとこだけ短編でやれば良かったのにね!

受験失敗したからラブホの跡取りなったよ、って話

別に役として合ってれば実年齢とかどうでもいいんやけど、波瑠が高校卒業したてには全く見えんかったし、天音
>>続きを読む

流星課長(2002年製作の映画)

3.0

しりあがり寿って日本の漫画文化の産んだ異端でありながら最高傑作説あるよねぇ……

伝説の中間管理職流星課長、今日も満員電車内で巻き起こる席取り合戦を制し絶対に座るってばよ!って話

そんなワケもあって
>>続きを読む

ゆめのまにまに(2022年製作の映画)

2.8

芸能事務所ディケイドの30周年記念作品、過去にも「Playback」「AMY SAID」と村上淳、渋川清彦等の看板俳優をメインにした作品を制作しているディケイドやが、本作は若手ふたりをメインに置き、今>>続きを読む

左様なら今晩は(2022年製作の映画)

3.6

キャストはマシンボーイ得やがスタッフは知らんな、思ってフィルマで監督のページ開いたら……
ひゃー!グンガン人と人間の恋を描いたSF?胸キュン映画の傑作、「正しいバスの見分けかた」の監督のんやん!宇宙人
>>続きを読む

映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ(2021年製作の映画)

3.0

ラブコメ要素きたーーー!なんてオープニングでテンション上がりかけるも
う〜む……世間一般のアニメ好きさんに忖度したようなゲストキャラのデザインなんなん?おしりたんていファンのニーズに寄り添え!ぷんぷん
>>続きを読む

男はつらいよ 知床慕情(1987年製作の映画)

3.8

渥美清と三船敏郎だとぉ!

おいちゃんが入院中、寅屋を手伝うも点で役立たずの寅さん、悔しいやら恥ずかしいやら!居づらくなった寅さんは知床へと旅立つ、そして知り合った獣医の三船宅へと転がり込むよ!って話
>>続きを読む

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.7

観終わった後は渋チカのおにぎり屋さんでおにぎり買って帰った!ひとつは塩むすびにして納豆と一緒に食べた!どやぁ

クズ男には困ったもんやでぇ、って話

うん、あっちゃんに万理華ちゃんに芽以ちゃん出てっか
>>続きを読む

やまぶき(2022年製作の映画)

2.5

60代70代くらいのベテラン監督の思想垂れ流すふにゃちんマスターベーション映画やったかぁ……つってボケェっと眺めていたんやが、観終わって調べたら40代の監督作品で驚いたぞぉ

採石場で働く韓国人と、サ
>>続きを読む

浮気なストリッパー(2015年製作の映画)

1.7

メインキャラクターのひとりがラジオパーソナリティしているからって要素を加味しなくても、地方局のラジオ番組みたいな空気が漂う作品……ローカルタレントの内輪ネタ満載な深夜番組ね!

広島地方局をクビになっ
>>続きを読む

パティシエさんとお嬢さん(2022年製作の映画)

2.9

まぁねぇ、マシンボーイもこんなおっとり系の夏美ちゃんが常連さんならば間違いなく惚れる自信はあるし、そもそも夏美ちゃん主演やからば本作観た!くらいに夏美ちゃんは好きやが…………そのほっぺに桃感は無い!>>続きを読む

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版(2022年製作の映画)

2.6

虹郎くんと、どうせチョイ役やけど渋川清彦お兄やん出ているから観とくかぁ……、思ったら、どちらかといえば虹郎くんのがチョイ役やったぞぉ!

田舎の資産家が娘を誘拐された挙句に狂犬病で死んだ事件を解決して
>>続きを読む

ノイズ(2022年製作の映画)

2.5

ノイズって……藤原竜也の演技のこと?

殺しちゃたから……とりあえず隠すとすっかい?って話

今日は朝起きて、映画観に行こ〜!つって仕事行く日と同じくらいの時間に家出て、渋谷のオシャレなカフェでモーニ
>>続きを読む

君のためのタイムリープ(2017年製作の映画)

2.3

電車からの街並みほぼほぼ日本やん!……思ったら日本やんけ!オープニング早々日本から始まったやんけ!まもなく新宿〜やんけ!
とりあえず3秒おきにキャッチが声かけてくるこの下世話過ぎる街は東京のどこよ?
>>続きを読む

ライフライナーズ(2021年製作の映画)

3.2

人生山あり谷ありんぐだぴ!

電気代か?ガス代か?水道代か?滞納者宅でそれぞれの取り立てにきた集金員がバトルすっぴ!って話

その取り立てバトルっつ〜設定自体が凄く良くて、実際んとこ面白くはあったんや
>>続きを読む

血ぃともだち(2022年製作の映画)

2.9

リュウソウピンクことアスナちゃん出てっから観たよ!本作でもピンクスカジャン担当やったわぁ!ぺろぺろ

落ちこぼれ吸血鬼の女の子を保護したんやが!献血部のみんなでこの自ら血も狩れないダメダメ吸血鬼ちゃん
>>続きを読む

貞子DX(2022年製作の映画)

1.3

まぢ如何ともし難い、悪名高き木村ひさし作品中でも最も不出来で、一瞥もくれることなく便所に流すべき無価値な糞

呪いのビデオがまたも出回るよ、って話

そうね、かわいこちゃんを汚物に塗れさせるのが得意な
>>続きを読む

グッドバイ、バッドマガジンズ(2022年製作の映画)

4.1

「もう16時間も人間の生殖器見てる」……くぅ、なんたるパワーワード!

先輩の紹介で念願の出版社に就職したシオリ、ところが配属されたのはエロ本編集部?入社早々挫折を味わうものの、先輩の女性編集長や女性
>>続きを読む

夜を越える旅(2021年製作の映画)

3.4

ハッカー同士のバトルを描いた「電気海月のインシデント」は正直アナログ人間のマシンボーイはハマらなかったんやが、低予算ながら高クオリティな良作やなぁとは思っていたんよ、その監督の新作がホラー作品やって事>>続きを読む

こっくりさん 劇場版(2011年製作の映画)

1.3

連勤続きでめちゃ忙しかったからば、久々の休み……アラームかけずに寝たらぁ!つったはずなのに、仮面ライダーの時間にきっちり目覚めたよ!ギーツもドンブラもハマってないから別に見逃しても良かったのにぃ

>>続きを読む

はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行(2003年製作の映画)

3.4

妹にだけは優しい死神間柴……可愛い

挑戦者木村vs王者間柴の日本ジュニアライト級タイトルマッチの映画化やぞ!って話

そうねぇ、マシンボーイってば「はじめの一歩」ならダントツで間柴推しやからばね、キ
>>続きを読む

バイアス(2021年製作の映画)

2.4

前半の友人同士の会話とかはなかなかリアリティあって、おっ!ってなったんやが、話が肝心な主題へと入っていくと、途端にさすがに短絡的すぎひんかぁ?って安っぽさを醸してきて、アレアレ?なった、まぁ短編やから>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE(2003年製作の映画)

1.6

スンスン…ワシ霊感無さすぎて何も見えんかった、スンスン

このビデオ見たら呪われるんよ!って、どっかで見たことあるような話のドキュメンタリー!

白石晃士のんやから観たんやが、まぢ肝心の映像がね…マシ
>>続きを読む

>|