TakaCineさんの映画レビュー・感想・評価

TakaCine

TakaCine

映画は人生の道標。
今までたくさんの人生を見せてくれました。
みなさんのレビューをぜひ読ませて下さい!
良かったらフォロー、お願いします(*^^*)♪

最近は忙しくてレビュー少なめですが、出来るだけみなさんのいいねやコメントはしていきたいと思います。でもいいねやコメントも追い付けなくて…遅くなったらすいません。

映画(184)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

【トムアクション炸裂!】
人気シリーズ6作目。
「俺の生身のアクションを観ろ!」とばかりに全編"トム本人による超絶アクション"が繰り広げられます。

話がちょっと複雑で理解できなかったんですが、トムの
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

【今年1番の衝撃】
全上映時間「売り切れ」になる前に、チケットをギリギリ購入して鑑賞できました😆‼️(パンフレットは買えなかった💧)

館内は満員御礼で、注目度の高さが伺えます。連日、みなさんの高評価
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.8

【今夜はRock 'n' Roll】
1984年の作品だったんですね。実は初鑑賞。映画タイトルと燃え上がる炎のジャケットが、なんともダサくて…ずっとスルーしてました😌

長年のファンがいる理由を知りた
>>続きを読む

蜘蛛巣城(1957年製作の映画)

4.8

【映像の凄み】
冒頭から不穏な雰囲気で始まる「黒澤版マクベス」。首の後ろにじっとり汗をかくような静謐なる恐怖、鮮烈で夢現な世界はおぞましくも美しく、つい我を忘れて魅入ってしまいます。

心の闇と狂気を
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

【恐竜体験ツアー】
MX4D鑑賞で、めちゃ楽しい😁‼️恐竜が飛び出し、地響きが席ごと体を揺さぶり、唸り声が耳を劈く。さあ、この夏、五感で恐竜を味わおう😆☀️

ザ・アトラクション映画の趣。
最近公開さ
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

【男泣き映画】
泣いちまったじゃないか😭

愛する者たちを守るため、命懸けで山火事と戦う男たちの物語。アメリカのアリゾナ州に結成された消防精鋭部隊"ホットショット"の心揺さぶられる実話。出来れば何の情
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

【ハン・ソロの回想録】
ハン・ソロ本人から若き頃を回想してもらったような、格好良い英雄譚に終始した物語。アクション映画としては面白かったですが、若者の成長物語としては想定内で平均点だったかな😓

〈叩
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.6

【ブランチの面影】
"ブランチ"とは「欲望という名の電車」の主人公ブランチ・デュボアのことです。

ウディ・アレン監督が意図的に女性の登場人物の中に、ブランチを想起させるイメージ(面影)を埋め込んでい
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

【面白さ、ぶつ切り】
肉体派ジェラルド・バトラーが、天才技術者というありえなさ(笑)

制作費に大金を掛けたけど、展開がアホすぎてB級落ちした劣化版『アルマゲドン』(失礼!)。

とにかく派手な特殊効
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

【家族ってなんだっけ?】
ここで描かれるのは、日々精一杯、家族として泣き笑い、お互いを支え合い、辛苦を共にしながら…ただ生き抜く為に、窃盗行為などを続けるしかなかった家族の姿。

いろいろ思うところが
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.4

【全てジョークかよ!?】
面白いは面白かったけど、笑いのツボが違ったり、知らない小ネタがあって、大笑いは出来ませんでした😖💦

マーベル作品をほぼ観てなくて、『X-MENシリーズ』をかじった程度の貧弱
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.2

【君が微笑むなら】
これだけ純情に真っ直ぐに、人を愛したことがありますか?

最近の恋愛物に馴染めない歳を取ったオッサンの僕も、昔はこんな純情な気持ちがあったべか?と思い出させてくれましたよ😉

Yo
>>続きを読む

愛の亡霊(1978年製作の映画)

4.4

【貪り堕ちる情欲】
これ、好きだねえ♪情欲に溺れた男女が、罪を犯し破滅していく生世話物。獣のように肉体を求め合う生々しさと、怪談物として漂う幽玄さが面白かった!

『チャタレイ夫人の恋人』と小林正樹の
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

【思考が停止する絵面】
脳筋と巨大生物の大乱闘‼️
縦横無尽に陸海空を暴れ廻る巨大化したゴリラ、オオカミ、ワニの絵面は、迫力ありすぎて馬鹿馬鹿しすぎて笑ってしまいました(大好物♪)。だけど観た後、どっ
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

5.0

【悲しき人間の性(さが)】
ふと「サソリとカエル」の寓話を思い出しました。溺れてしまうのに、カエルを刺してしまうサソリの話です。

結局、抗えない性(さが)。

本作を初めてテレビで観た子供の頃、「ド
>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

5.0

【豊潤な数々の思い出】
画面の全てから目が離せない。なぜなら全てが豊潤すぎて、その圧倒的豊潤を浴びるのが快感になってしまうから。ずっとずっと浸っていたくなります😊♪

〈猥雑な思い出〉
常に映像と音が
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.8

【美しさに隠れた暗い影】
美男俳優アラン・ドロンの出世作。彼の魅惑的な青い瞳は、サスペンスがよく似合う。

青い空と海とドロンの瞳。あまりに美しく完璧すぎて、近付くと危険な薫りがする。美男と完全犯罪の
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【憧れに対する愛】
冒頭から映し出される男性の顔や肉体の彫像。美しいピアノの調べ。そこには古代ギリシャ時代に通じる美への憧れがありました。

北イタリアの避暑地、ひと夏のブロマンスを越えた甘酸っぱい恋
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.8

【神なる男が伝えたいこと】
これぞ、驚きとワクワクの懐かしいスピルバーグ映画😆(嬉)🎶

〈娯楽映画を牽引した男〉
80年代、スピルバーグ映画は「娯楽映画」の代名詞でした。常に興行収入のトップを独占し
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.2

【怖いことないさ】
何とも爽やかで切ないロードムービー。荒削りながら、男の茶化す部分とマジな部分がよく表現されていて、感慨深い作品でした😊!

「死」を迎える話なのに、シリアスに受け止めるより、余命短
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.7

【日本式ゾンビ映画】
ゾンビじゃなくて、ZQN(ゾキュン)って言うんだ…というのが本作を知った時に思った記憶。

『新感染』を観た後から「日本人が作るゾンビ映画」ってどんな感じ?と未見の本作を観たくな
>>続きを読む

吸血鬼ゴケミドロ(1968年製作の映画)

3.3

【自滅か滅亡の道】
最近『マタンゴ』のレビュー(horahukiさん)を拝見したので、huluのラインナップにあった本作を観てみました😆♪

松竹制作の夏休み向け怪奇特撮映画。怪談物のようなオドロオド
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.4

【困ったちゃんな映画】
リュック・ベッソンの最新作。大画面で美麗なビジュアル映像を楽しめた以外、残念ながら僕には合わなかったです😖

『フィフス・エレメント』が好きだったので、予告編を観た時から同じ空
>>続きを読む

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

3.8

【身も心もさらわれる恋】
雪がちらつき、突如、ドラゴンが上空から舞い降りた時の驚きと美しさ。翼を極限まで広げて悠然と飛翔する姿、そのファンタジー感溢れるドラゴンの造形美に、惚れ惚れしてしまいました。ド
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.2

【チャーミングなチャーチル】
ふてぶてしい顔
太った体躯
葉巻姿

よく知らないくせに、子供の頃からチャーチルの第一印象は凄く悪かったです。「政界一の嫌われ者」さもありなんと思ってました(大変失礼で
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

【いざ、ジャングルへ!】
体験型アトラクション映画は、やっぱり劇場鑑賞が面白い😊♪

MX4D/4DX先行上映をやっているのを知って、並み居る新作ラッシュの中、極上体験を求めて観に行って参りました😁イ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

【溢れる想いが込められた歌🎸】
エンドロールが終わっても、涙が止まらなかった😭もう見事です!

♪"リメンバー・ミー"
この歌がとにかく素晴らしい😍‼️何度と歌い手や場面を変えながら、心にじんわり響い
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.2

【猫と犬の夫婦】
カナダで最も有名な画家モード・ルイスと魚の行商をする夫エベレット。

実在の彼らに失礼な気もしますが、ずっとそんな印象を抱きながら観ていました。

自分のテリトリーを守る犬
快適な住
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

【英雄行動は特別なもの!?】
危険な状況で、なぜ彼らはあのような行動が出来たのでしょうか?

イーストウッド監督が描きたかったのは、偉人の英雄譚ではなく、ごく普通に暮らす人々が成し遂げた英雄行動でした
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

【私が解放される物語】
愛が満ち溢れる時、何もかも超越してしまう…そんな美しくも哀しいラブストーリー。

予告編で部屋中の物が水中を漂う神秘的なビジュアルと、スタンダードナンバーが流れる古めかしい世界
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

【娯楽映画の王者】
なんじゃ、こりゃ?
141分、クライマックスしかねぇ(驚)!
映画の全てが濃縮された完璧なる娯楽映画。

度肝を抜く映像、高らかに鳴り響く音楽、ドラマチックすぎる演技、重力と人力を
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

【心踊る最高のショー♪】
ずっと聴いていたい歌声
ずっと浴びていたい楽曲
ずっと観ていたいダンス

鑑賞中、身体中がムズムズして(我慢出来ず、体を揺らしてステップしまくり 笑)、心まで動きまくって、こ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.1

"命は守られるべき"という幻想

【権力で捻り潰された真実】
1967年に起きた「デトロイト暴動」は残念ながら知りませんでしたが、2014年ミズーリ州ファーガソンで起きた、18歳黒人少年を白人警官が射
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

巨大看板から炙り出される行き場のない感情。

【表の顔と裏の顔】
観る者の予想を軽々飛び越えてしまう秀逸な脚本と、カルマを背負い込んでしまったような閉塞感漂う複雑な演技に度肝を抜かれました。

描かれ
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

4.2

「DOWN BY LAW」
タイトル文字からして格好良い!
刑務所のスラングで「親しい兄弟のような間柄」の意。

じわじわ来る味わい深い映画。
ジャームッシュ作品初鑑賞😉🔰

【映像と音楽がとにかく珠
>>続きを読む

チップス 白バイ野郎 ジョン&パンチ再起動!?(2017年製作の映画)

3.2

問:これは、マイケル・ペーニャを楽しむ映画ですか😉?

答:いえ、ちょっと違います。でも見終わった後は、誰もが彼の愛嬌にノックアウトされてファンになることでしょう😊♪

〈記憶に残るはペーニャの魅力〉
>>続きを読む

>|