Katsuyaさんの映画レビュー・感想・評価

Katsuya

Katsuya

モンスターハンター(2019年製作の映画)

-

金と暇を持て余した奴らが作ったひたすらトニー・ジャーに癒される103分のイメージビデオ。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

計画がなければ間違うこともない。それに、最初から計画がなければ何が起きても関係ない。人を殺そうが、国を売ろうが、そんなの知ったこっちゃない。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

3.5

仕事をする上で家は邪魔という発想が狂ってる。

一流のカメラマンなのにホームレスそんな彼のドキュメンタリー。

ホームレスだけど貧しくなく、知恵を使って生活する姿にある意味憧れ的な何かを感じる。

雨あがる(1999年製作の映画)

3.9

もしも武士になるなら、彼のような武士になりたい。

今まで見た武士で1番カッコ良かった。

泥の河(1981年製作の映画)

4.0

子供の頃に感じたあの痛みはどこに行くのか

人間の証明(1977年製作の映画)

4.2

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?
ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、
谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。

母さん、あれは好きな帽子でしたよ、
僕はあのときずいぶんくやしかった、
だけ
>>続きを読む

SPUN スパン(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

オマ○コに語りかけろ、そして誓いを立てるんだ。

オマ○コが国になにができるかではなく、国民がオ○コにだ。

ミッキー・ローク楽しそうだったね。

1995本目

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.9

マックス役の俳優の名前が出ないまま140分。

クライマックスのマックスの熱い感動的なシーンでペドロ・パスカルという名前を思い出した瞬間の圧倒的達成感。

あの感動を多くの人に味わってほしい泣

19
>>続きを読む

PicNic(1996年製作の映画)

3.8

「ピストル貸せ、太陽に撃ち込めば大爆発を起こすかもしれない」

1992本目

ジョン・カーター(2012年製作の映画)

-

酷評が多くてずっと観ていなかったが、テイラー・キッチュ ブームが来てたから鑑賞。

当時、テイラー・キッチュがグイグイきていて、この作品は彼の中で「バトルシップ」「野蛮なやつら/SAVAGES」などの
>>続きを読む

レニー・ハーリン コベナント 幻魔降臨(2006年製作の映画)

3.6

シリーズ化orドラマ化したら絶対に売れたんじゃないかと思うくらい好きになったのにめっちゃ評価低いやん泣

>|