カヤさんの映画レビュー・感想・評価

カヤ

カヤ

映画が好きです。
最低でも週に一本

映画(214)
ドラマ(3)

教授と美女(1941年製作の映画)

2.9

おもしろかった。シンプルなストーリーだけどしっかりしてて、さすがビリーワイルダーの脚本。教授達がお茶目で本当ほっこりした気持ちになれた。これもまた映画館で見れてよかった。ゲイリークーパーがかっこよすぎ>>続きを読む

バルカン超特急(1938年製作の映画)

3.6

めちゃくちゃおもしろかった。初期のヒッチコック最高だ。ヒロインの女優さんがすごくすごく美人。

脱出(1944年製作の映画)

3.7

めっちゃ好き。一瞬で映画の世界に入り、一瞬で終わった。そのくらい面白かったし、映画館で見れてよかった。
ハンフリーボーガート、ウォルターブレナンの演技が最高。また見たい。

カリガリ博士(1919年製作の映画)

2.7

やっと見れた。100年前のサイレントホラー映画。独特な不気味な雰囲気で、おもしろかった。

男性・女性(1965年製作の映画)

2.3

初めて見たゴダール映画。とにかくシャレオツという印象しかない。

イメージの本(2018年製作の映画)

1.7

まったくもって意味不明。久しぶりに映画館で寝てしまった。
音と映像がバラバラ切り替っていく、エッセイのような映画。

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.1

トラボルタのキレッキレのダンスを見るだけで満足な映画。ヒロインや友達が全く魅力的じゃなくて残念。Bee Geesの曲が懐かしすぎる。

グリース(1978年製作の映画)

3.9

めっちゃおもしろい。ジョントラボルタかっこよすぎてシビれる。そしてオリビアニュートンジョンの溢れる才能。とにかくハッピーになれる映画。

ヘアスプレー(1988年製作の映画)

3.8

ついに見れた。リメイク版はもちろん最高すぎだけど、オリジナルもめっちゃおもしろかった。
ゴキブリ柄のワンピースなど、ところどころ下品でジョンウォンターズぽく楽しかった。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.8

一番好きなアニメ映画。何度見ても心が持ってかれ、色んな思いが溢れ出し涙が出る。

音楽も素晴らしすぎて、とくに雪山のシーンは音楽と映像のシンクロがやばい。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.3

5つの都市のタクシードライバーの一夜を描いたオムニバス。笑えてほっこりした気持ちになる。若いウィノナライダー、天才的に可愛い。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

ついに観た。これは‥映画館で観れてよかった。おもしろかった。爆発多かった。

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.6

20年ぶりくらいに見てみたら、自然と涙がどんどん溢れ号泣してしまった。音楽って素晴らしい。子供達が愛おしい。

双生児 GEMINI(1999年製作の映画)

3.3

独特のキモい塚本ワールドで、なかなか怖かった。もっくんの怪演が素晴らしい。音楽が何より気持ち悪い。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.6

もう‥大好きすぎる。笑顔が溢れてサイコウに元気が出る映画。ジョントラボルタの演技が天才的すぎて感動が止まらない。そしてザックエフロン美しすぎる。

血を吸うカメラ(1960年製作の映画)

2.7

父親の虐待のせいで、歪んだ性癖を持つようになった変態男の話。気持ちよくまとまってて普通におもしろかった。

サリヴァンの旅(1941年製作の映画)

2.7

もうヴェロニカレイクの美しさが尋常じゃなく神がかってる。このヘアスタイルを何度真似てみたか。。この時代の女優の中で一番私の中で美しい女優さん。

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

3.4

一瞬で映画の世界に入って一瞬で終わった。そのくらいおもしろかった。グレイスケリーは顔だけじゃなく声も美しいと改めて思った。

泳ぐひと(1968年製作の映画)

4.2

一見アホみたいな雰囲気だけど深すぎる映画。不思議な世界観と奇妙さがあって、おもしろかった。おじさんの表情が絶妙にキモくて何かクセになる。

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.3

キューブリックの代表作のひとつ。頭の悪い自分には理解するのに少し時間がかかったが面白かった。一人三役のピーターセイラーズの演技がすごい。なんとも言えない博士の気持ち悪さが特によかった。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.5

なんか知らないけどめっちゃ好き。どんどん世界に引き込まれてしまい、後半はスリリングだった。アランドロンとマリーラフォレ世界一美しい男女だと思う。神々しく美しすぎて、それだけでも見る価値あるとおもった。

ウェインズ・ワールド(1992年製作の映画)

3.4

アホみたいな映画だけどサイコウすぎる。何度も見たくなる。

汚れなき悪戯(1955年製作の映画)

1.5

自分には宗教的すぎて無理だった。ただマルセリーノが可愛い。

ファントム・オブ・パラダイス(1974年製作の映画)

3.8

トチ狂ってるけどストーリーが普通におもしろい。主人公の狂気満ちた復讐にゾクゾクさせられる。おカマのネオン感電シーンは傑作で何度も見てしまう。ラストシーンは感動。ビジュアル的にもお洒落かつキモくてユニー>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

3.1

おもしろかった。騙された。下水道のシーンはかっこよくてスリル満点。保安官さんがいいキャラしてる。

真昼の決闘(1952年製作の映画)

2.6

ゲイリークーパーが色気たっぷりイケメンおじ様すぎて立ち眩みがした。

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.0

ヤバイとは知ってたけど想像を遥かに超えたヤバさだった。映画でこんなに痛烈な不快感と嫌悪感を抱いたのは久しぶりだった。粘液質な映像や動き表情も全てが吐き気を催しそうなほど気持ち悪かった。見てて辛かったし>>続きを読む

愛の嵐(1973年製作の映画)

3.5

やっと見れた。ナチスの話でタブーが詰め込まれた内容なのに、とても美しい映画だった。シャーロットランプリングが、もう涙が出るほど美しく神々しい。救いようがなく胸糞系なラストも素晴らしい。

狩人の夜(1955年製作の映画)

3.7

情婦のチャールズロートンが監督した映画ということで鑑賞。サイコサスペンス好きにはたまらない‥独特の怖さがあって、むちゃくちゃおもしろかった。リリアンギッシュの役が素晴らしかった。また見たい。

情婦(1957年製作の映画)

4.5

凄まじくおもしろかった。久々にすごいの見た。終わったあとの拍手が止まらない。まさに傑作サスペンス映画。それぞれのキャラクターに対する想いが溢れ出す。見てない人は何の下調べも無しで見てほしい。すばらしい>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

2.9

妹からのゴリ押しで鑑賞。期待以上におもしろかった。トヨエツが本気になってからの展開がよい。
アメリカ版のほうがもっとシリアスな感じ。

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

2.8

ヒッチコックの代表作のひとつ。シンプルなストーリーだと思うけど、頭の悪い自分は追いつくのに必死だった。。有名なトウモロコシ畑での飛行機シーンには感動。

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.1

悲しいはずの話だけど、視覚的にすごく可愛くておしゃれな映画。嫌悪感と笑いが同時に来るダークコメディ。人魚の男の子と肛門女子の繋がり方などがよかった。

上海から来た女(1947年製作の映画)

3.4

想像以上にシンプルでおもしろかった。リタヘイワースがもう神々しく美しい。最後の遊園地のシーンすごいよかった。

過去を逃れて(1947年製作の映画)

3.0

頭が悪い私には途中から複雑すぎた。が、ロバートミッチャムとカークダグラスかっこよすぎた。

>|