カズキングさんの映画レビュー・感想・評価

カズキング

カズキング

映画(1758)
ドラマ(0)

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.1

デルトロさんのクリーチャーはやっぱりめちゃくちゃいい
3対程出てきたけどどれもこだわりを感じて良かった
特に2体目の気持ち悪さ最高
アメリカホラーのお約束って感じでそれなりに楽しめました

レディ・オア・ノット(2019年製作の映画)

3.0

もっと血みどろなのかなと思ってたらコメディ寄りスリラー?かな
結構好きだった「ベビーシッター」のヒロインのぶっ飛んだ演技が1番良かった
ただかくれんぼは全くしてない笑

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.8

途中まではまだ良かったけど後半長さを感じて疲れてしまったという事はあまりハマらなかった
全編通して感じた気持ち悪さみたいのは好きだった気がするんですけど、、、
ウィル・ポールターが良い

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.4

規模のデカいセクハラ問題を豪華女優陣主演で映画化
面白かったけど思ったより3人が絡まない、キャラクターもシャーリズ・セロン以外弱かった

ドアロック(2018年製作の映画)

3.0

シチュエーションはかなり怖いサスペンス映画
ありがちというか捻りみたいなのはないのでわかりやすい

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.0

森田想の演技や全編ワンカットで撮ってるのは凄いと思ったけどシーンのほとんどが作中劇なのでその間時間が止まりまくって苦手なミュージカル映画を観てる感覚に、、、
情熱はかんじますが映画を観てる感じがしなか
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.6

またひとつ素晴らしい戦争映画に出会う事が出来ました
長回しにより主人公の伝令兵になって戦争を体験してるような没入感に
ワンポイントで豪華キャストが所々で出てくるのも見所
独特な戦争映画体験が味わえる事
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.1

原作は読んでいません、前半は綾野剛と松田龍平のやり取りをかなり丁寧に描いてます。綾野剛の微妙な表情の演技は素晴らしかった
後半に差し掛かり話が動き出す感はあったのですが消化不良な所もあり今1歩でした

隣の影(2017年製作の映画)

2.2

あらすじ読んで結構期待してたんだけどコレといった展開もなく面白くなかった
本筋の隣人トラブルより個人的に要らなかったサイドストーリーに尺を取ってて退屈
キャラクターも馬鹿で胸糞悪い

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)

2.4

ブリーラーソン、ウディ・ハレルソン、ナオミ・ワッツと好きなキャストが沢山出てる実話映画
作中に出てくるロクデナシの親に全く共感出来ないのでこの手の話をまるで美談のように描いてるのは好きじゃない
実話な
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.3

この話をラブストーリーとして描いてるのがなんか好きになれない

Mirror 鏡の中(2003年製作の映画)

3.0

ホラーっちゃホラーだけどサスペンス感の方が圧倒的に強い
全く怖くないです

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.0

超有名な心霊スポットを清水崇監督で映画化すると聞いてかなり前から期待してたんですが拍子抜けでした
血筋がどうとかホントにどうでもいいルーツの話ばっかりしてて「はよ犬鳴村行ってよ」状態
怖さが減退するよ
>>続きを読む

よこがお(2019年製作の映画)

3.8

去年劇場公開した時に観たかったけど時間が合わず観れなかったんですが胸糞とも違うなんともモヤモヤ感じにさせられました
筒井真理子の精神が徐々に壊れていく演技と数々の演出で不穏な空気が漂う素晴らしい作品
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

韓国発のバイオレンスアクション映画
最も良かったのが冒頭と終盤のアクションシーン。迫力のあるカメラワークで格闘など臨場感があって良かった
最初の方で主人公の顔が変わるのと過去の映像を何度も挟んでくるた
>>続きを読む

スケルトン・キー(2005年製作の映画)

3.2

この手のパッケージの映画はハズレる事が多いので期待はしてなかったけど中々面白かった
ホラーというよりはスリラーに近い感じ。
至る所に伏線があってよく繋がってました

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

明るめでコメディ要素もある観やすいミステリー映画
ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、トニ・コレット、クリストファー・プラマーなど豪華出演陣の演技も見所
でもミステリーとしては
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

3.6

バカな事を全力でやってる楽しい作品でした。大真面目に取り組んでるから笑っていいのかどうか分からなくなるけど多分そこが今作のいいところ
岸井ゆきのだんだん好きになってきた

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.6

失踪した娘の行方を父親が娘のSNSから真実に迫っていく新感覚のサスペンス映画。いや〜めちゃめちゃ面白い、最近観たサスペンス映画で1番好きかも
ほぼ全編PC画面なのに2転3転するストーリー展開の為全く飽
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.5

朝倉あきさんの透明感が非常に良いな〜
なんか好きな感じだと思ってたら「わたしは光をにぎっている」と同じ監督だったんですね、どうりで

愛の小さな歴史(2014年製作の映画)

3.1

話は悪くなかったです。悪くなかったんですけど俳優によって演技力にバラつきがあってそこばっかり気になってしまいました
その点やっぱり池松壮亮や光石研は流石
夏希を演じた女優さんの口の悪い演技とかは好きで
>>続きを読む

ファニア歌いなさい(1980年製作の映画)

3.4

収容所に送られたピアニストを中心に描くホロコースト映画
いつ自分達もガス室に送り込まれるか分からない状況のなか常に凛としてリーダーシップを発揮するファニアが凄い
直接的に残虐なシーンとかはなかったです
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.9

趣里の演技すげえ。ほんとにそういう人なの?て思っちゃうほどほんとに素晴らしい演技
最初の方言ってる事理不尽すぎて笑った
理解する事は難しいけど残る物が多かった良い作品でした

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.1

パク・チャヌク監督の復讐三部作最後の作品。前二作の方が好きでした
前半がコミカルで登場人物が何人か出てくるけど誰が誰やらで結構退屈
後半になって面白くはなったけど「オールドボーイ」の圧倒的なパワーやエ
>>続きを読む

復讐者に憐れみを(2002年製作の映画)

4.1

パク・チャヌク監督の復讐三部作の1作目(2作目にあたるオールドボーイは既に鑑賞済み)
復讐に次ぐ復讐で非常にやるせない作品でした
韓国映画はもうエグい描写はとにかくエグいので痛々しいです。水死体の顔と
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

1.6

1作目とかはもうちょっとマシだったと思うけど本作は三部作のシメとしては残念な仕上がりでした
神がどうとか宗教的な話をずっとしてて眠くなります。そんなんどうでもいいんです求めてないんですもっとゴジラ戦わ
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

2.8

1作目で止まってたので鑑賞
都市の設定が結構めちゃくちゃで笑ったけど普通にメカゴジラの方が良かったな
次で完結

ショコラ(2000年製作の映画)

3.7

パッケージから想像するようなラブストーリーではなかったです。ジョニーデップもそんなに出てこないし
そんなに大きな何かがある訳でもないけど素敵な作品

ラストレター(2020年製作の映画)

3.6

カメラワークが良かったです。引きのカット多かったけどどれも綺麗だった
そしてちょっとしか出てこないのに豊川悦司の存在感と演技力に持っていかれました

>|