中村警察さんの映画レビュー・感想・評価

中村警察

中村警察

映画(278)
ドラマ(9)

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

連続で観たい「タイムリープ系ホラー」第二作!

前作であやふやにしてた色々なこと、特に「どうしてタイムリープしてるの?」という謎について追及していく正統続編。もはやホラーというよりSF×コメディなんだ
>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

3.8

原作漫画とアニメ、実写版2作を一通り観てきた上でも楽しく観れました。

たしかに原作のような高度な頭脳戦とかはほぼ無いし、最終的にはLが銃持ってライトを追いかけドンパチするなどむしろ"あんまり賢くなさ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.9

90年生きてみないと作れない映画だな、これは。イーストウッドの集大成的映画。

これほどまでに「人生の価値」を説得力持たせて表現した映画が他にあるのだろうか。老いるまで生きた人間にしか分からないこと、
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.7

こういう映画はたまに観たくなる。

人種や育ち、考え方まで全く正反対な二人が、二ヶ月もの長旅を共にしていく中で、様々な困難と出会い、少しずつ互いを理解して心を開いていく…という実話を基にした話。二人の
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

タイムリープ系ホラー映画というものは意外と観たことがなかった。やっぱ「タイムリープもの」は間違いないジャンルだな。

いわゆる「死に戻り」で同じ誕生日を繰り返す主人公。何度生き返っても夜には殺人鬼に殺
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.6

有名な未解決事件「ゾディアック事件」を題材とした映画。これは良いノンフィクション映画。

目の前に真実があるのに掴みとれないもどかしさ。結局見終わったところでスッキリはしないんだけど、それがまた未解決
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.3

斬新な設定でエンタメ性が高い反面、所々"ノイズ"が目立つスリラー映画。

まず一つ目のノイズが「予定調和かつポンコツな謎行動」。なぜか家族バラバラで行動し、隠れてるのに大声で助けを呼び、まだ問題解決し
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.5

映像美と"演技"美。

自然光のみで撮影したという映像の美しさがやはり魅力的な映画なのだけど、ここであえて注目したいのが「ディカプリオの演技力の高さ」。この手の映画の"必要以上の加工編集ができない"と
>>続きを読む

スーパーマリオ/魔界帝国の女神(1993年製作の映画)

3.5

隠れた名作だったわ

「未来世紀ブラジル」と「マッドマックス」を足し合わせたようなハチャメチャな世界観なのに、ちゃんと原作設定使いこなしてて実写化への熱意を強く感じた。良い意味で「東映版スパイダーマン
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.2

シンプルに怖かった。

前作同様「アトラクション型ホラー」としてかなりよく出来た映画。3時間弱という長期戦にもかかわらず、気休めする暇もないほどのドッキリとハッタリの密度。演出上手いし、見た目もエグい
>>続きを読む

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009年製作の映画)

3.7

個人的にPart2の方が好き。

諸葛亮孔明の"十万本の矢"や火を使って戦った水上戦など、映画的に見応えのあるシーンが多かった。中村獅童も大活躍だったし、普通にアクション映画として面白かった。

あと
>>続きを読む

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

3.4

三国志入門に最適の一本(二本)。

歴史映画って堅そうで敬遠してたんだけど、そんなこともなく意外にもイケた。またDVD字幕だけかもしれないけど、定期的に名前を出してくれるから「これ誰だっけ?」現象が起
>>続きを読む

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.5

"園子温映画!!"って感じの映画。

"らしさ"は色濃く出てるから「園映画観てるなぁー」感は強く、そういうの好きな人は観る価値はあると思うけれど、他作品と比べたら色々浅い印象。まるで園映画の表面だけを
>>続きを読む

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-(2019年製作の映画)

3.3

大草原不可避のキング原作ホラー。

普通に面白いんだけど、設定でオチてるから映画にしては内容が薄いかも?
また予算の都合なのか、CGが若干安っぽいのも少し気になった。

予告編の「これは草…」には草生
>>続きを読む

恋の罪(2011年製作の映画)

3.5

前作「冷たい熱帯魚」と比べ、
グロより性的描写強めの映画。

「言葉には体がある」「愛が無ければ金を取れ」など、詩的で刺さる台詞が印象的。劇中に登場した詩「帰路」も良いポエム。

ババァ登場シーンが一
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.5

ヤバい映画を観た。人間ホラー。

極限まで追い込まれた男の末路。でんでんの狂気的な演技もスゴいけど、吹越満の"弱い人間"の役回りも圧巻だった。まるで自分を見ているよう。

村田と社本のやりとりが、中学
>>続きを読む

ロングショット(2017年製作の映画)

3.5

偶然に偶然が重なって、奇跡的に冤罪から免れた人のドキュメンタリー。

たしかにこんな偶然が無かったら何十年も刑務所行きだったと思うと恐いけど、そうなりかねないってのもダメだよなぁ…と改めて感じた今日こ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.8

これまた結構面白かった。

この映画シリーズの展開はスパイディファンなら誰でもワクワクしただろうし、続編がスゴく楽しみだったと思うから、やっぱり制作中止は心痛むところはあるなぁ…。少しタイミングが早過
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

音楽ノリノリアクション映画フェチには至高の一本。

ある意味ミュージカルっぽい「音楽優先」の世界観のおかげで、音楽とマッチしたアクションシーンが最高にアガる。銃声とかを何気に音楽と合わせてくるのもメチ
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.3

母親が一番嫌いなスリラー映画。

色々語れるところはあったけど、
ラストシーンで全て持ってかれる。

こんな映画作っちゃダメだよ。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ちゃんと面白かった。
よく手の込んだ韓国ゾンビ映画。

まずゾンビがハイクオリティ。
動きが良い意味でキモ怖い!

そして程良いテンポと話の密度。
最後まで飽きさせない展開。これ何気に大事。

ヒュー
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.6

ただただ良い話。
そして猫がずっと可愛い(重要)。
たまにはこういう映画もいいよね。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.2

書き忘れてた。
当日映画館で鑑賞。

人を人種や性別や外見で決めつけてはいけない!こうあるべきだと勝手な価値観を押し付けてはいけない!そして「女の子だって強いんだ!」的なプリキュア系のニュアンスも感じ
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.8

いまだに年3回は観てる映画。

大体字幕版を観るけど、
これは吹替版が好きだったりする。

このクセになる世界観は何度見ても飽きない。ティム・バートンの作る映画ってなんでこんなに「ティム・バートン感」
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

コンプライアンスで溢れるこの時代にこんな映画が流せるだけでもうスゴい。

少しずつ堕ちていく人間模様、怒りと憎しみが爆発したラストには背筋が凍った。

現実で何もなければいいけど。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

終始「何だコレ」の変な映画。
変な映画好きはきっと楽しめる。
自分は結構好き。

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

4.0

ライミ版が好きすぎて、どうも観る気が起きなかったこのシリーズ。ついに観た。

なんだ面白いじゃないか!

全体的にテンポが良く、構成がスッキリしてて観やすかったし、VFXもデザインも設定も良かった。そ
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

中学生のときに音楽の授業で観た以来の鑑賞。フルで観たのは初めて。

ヒュー・ジャックマンの歌声も魅力的だし、終盤の「民衆の歌」も鳥肌立ったけど、なによりアン・ハサウェイの歌う「夢破れて」に心震えた。
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

アジア映画だなぁって感じの映画。
大変胸糞悪い映画でした。

でもなぜか面白かった。ハマった。
なんでこんなに引き込まれるのか分かんないけど引き込まれた。

たぶん二度と見ることはないだろうけど脳裏に
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.5

面白かった。
最近観たアニメ映画で一番良かった。

世間に求められる現代の日本アニメの魅力を詰め込んだ、ある意味「完成形」とも言える映画だと思う。

脚本や演出、キャラクターの愛嬌やアイコン性など、徹
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

映画としては面白かった。
でも納得できてない自分もいる。

「人生は一本道ではない」。
製作陣のメッセージはすぐ分かった。
フォーキーも、ボーも、ギャビーギャビーも、新たな人生の選択をした。

でもウ
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.7

タランティーノ作品まだ2本しか観てないけどやっぱり好きな作風だなぁ。

変なアクションとホラーばっかり観てる自分でも、引き込まれるような3時間の会話劇。こんな長くて複雑なプロットをここまで観やすく映画
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

2.7

少し過大評価し過ぎでは?って映画。

確かにちゃんとコメディしてて面白かったし、ゾンビ映画としても(ゾンビのキャラとかエゲツない破壊演出とか)まぁまぁ良かったけどここまで評価が良い理由が正直謎。

>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.5

アクションとVFXは邦画トップクラス。
銃撃戦も肉弾戦も幽霊戦も(?)スピード感あって、これに関しては結構良かった。自殺リセットも新鮮。

ただそれ以外のところが良くない。
邦画の良くないところが出て
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.8

相当な鬱映画だけど、思春期の少年少女の負の感情が生々しく表現された凄い映画。

当然やってる事は倫理的に間違ってるけど、承認欲求とか弱者の社会への抵抗とか、その根本の感情はどれも自分も持ったことがある
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

3.5

MCUスパイダーマン2作品の監督の処女作。IT同様、ジョン・ゲイシーをモデルにした怪物ピエロ映画。

恐怖演出がベタだが上手かった。
設定面白いし、グロさもいい感じ。

ただ伏線っぽかったのに回収され
>>続きを読む

>|