毛と毛の間の空気さんの映画レビュー・感想・評価

毛と毛の間の空気

毛と毛の間の空気

過去の映画は観直したものだけ追加。

映画(422)
ドラマ(4)

HERO(2015年製作の映画)

2.6

キムタク演技がつらくなく観れる最近の作品はHEROだけ。ギリギリ感はあるけど。
ある時期から演技が受け付けなくなって来たけど、HEROだけは少し大丈夫。

雨宮とは継続なの?

栗生さんと同じ道を行き
>>続きを読む

タイムシャッフル(2014年製作の映画)

3.3

だからバカな男は嫌いなんだよ。
と思いきや、
結局性別関係なく自己愛強めのバカは周りを巻き込む。
という結果に落ち着く映画。

自分が生きてるフィールドの中からしか、
選択肢が出来ないのが人間なのかな
>>続きを読む

ルパン三世 イタリアン・ゲーム(2015年製作の映画)

2.5

初めてルパンをちゃんと見ました。
スルスルと進み、アクもなく、
ぼんやり楽しめました。

ヒロイン役の七色遣いに突っ込みながらも
絵は可愛くて綺麗。
私が持つルパン3世のイメージとはだいぶ違うものでし
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.2

スノーデンが綱渡り。
冒頭は大昔のマイケルジャクソンを思い出す。brack and white

アメリカ人はパリが大好き。

ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012年製作の映画)

3.2

過ちはやり直せない。
自分の選んだ道を生きていくしかない。
良い物語だったと思います。

言葉が印象的な作品。
ブラッドリークーパーは、毎度泣きの演技が美しい。いやはや、凄い後悔してるんだけどどうしょ
>>続きを読む

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

3.0

当時久々の活動に喜んだら束の間、
あっという間に天国へ行ってしまったスーパースターに涙しました。
この映画ももちろん映画館へ。

人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

3.5

丁寧に丁寧に綴られた物語といった印象。
ところどころの余韻でグッとなにか心の奥の方を動かすような語彙力がなくうまく表現できない感じ。
当然時間が飛ぶのでちょっとびっくりする部分はありましたが、それ以上
>>続きを読む

ブーメラン(1992年製作の映画)

2.7

ハルベリーが若くて輪郭も丸くて可愛い。

映画だからねー、うまくまとまり遊び人だったエディマーフィーは真面目に人を愛することを学びました。
な感じ。ハルベリーと、エディマーフィーじゃ無かったら最後まで
>>続きを読む

デイブは宇宙船(2008年製作の映画)

2.8

もっと昔の作品かと思ったら。
小さいエディがエディの形した宇宙船に乗って地球にやって来るお話。
面白かった!
平和です!

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.0

20年以上前になるのかな?
当時話題になっていて観たい観たいと思いながらスッカリ忘れていたものをプライムで発見。
ミスターノーバディ的な感じなのかしらと思ったら、全く違った。
怖い、、
ある意味もうホ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

友人数人に強く勧められていたのでとうとう鑑賞。映画館で観なかった事を強く後悔!
ショーパートの素晴らしさ、完成度、何度も鳥肌が立ちました。ララランドより個人的にはコチラが好み。

ヒュージャックマンの
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.7

大昔に観た記憶のみ。今回観直しても思い出さないほどに吹っ飛んでました。
主人公が酷すぎて驚き、
雪の白さと静けさの紐付けが強固すぎてさらに驚く。
淡々と進むストーリーも、
キンとする程の静けさを感じる
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ブルー(2005年製作の映画)

2.9

何となく観た作品でしたが、
始まった途端に、ポールウォーカーではないか!
なんだよジェシカアルバも!
ってことで、頭からつまんなくても2人を鑑賞する方向で充分満足出来るなと期待薄でスタート。

結果、
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.1

何回観ても忘れちゃって、
観ながらまた思い出す。
面白いのでそれでも何回も楽しめてます。
今回もながら見でもしようかしらとスタートしたけど結局ガン見。

叔母さん役の人の髪型がかわいい。
とか思ってた
>>続きを読む

HERO(2007年製作の映画)

-

昔地上波で観たけど、ほぼ忘れちゃってて本日又テレビで視聴中。
キムタク映画はheroしか見たことないけど、
確か面白かったはず。

いつからあんなキムタク節が鼻に付くようになっちゃったんだろーなー。
>>続きを読む

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

2.9

もしかしてー、、あれ?でも違う?
で、やっぱそこかー
展開も早いし、飽きずに楽しめました。
ただ犯人役、目が怖い。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.0

何度見てもなんども見ちゃうジブリ映画の1つ。
原作漫画の2巻までを映画にしていて、残り7巻までのストーリーを知らなくても、
完結感は感じない終わり方。

世界観、色遣い、全てに、理由なく感動し涙でき
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.0

ブームが去って、冷静に色々と批評されることが多いようですが、上映当時映画館で観た時の感動は今も覚えてます。
映像の綺麗さ、ダイナミックさ。
ディズニーを初めて映画館で観た作品でしたが本当に行って良かっ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

2.8

ブラッドリークーパーとレディガガだから良かった映画。脚本的にとかよりも、歌をテレビで観るより映画館で観た方がいいよって感じる作品。
なのでIMAX。

ブラッドリークーパーとガガの演技が本当に良くて世
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.0

ずっと気になりつつ、評価も高いし、面白いんだろうなぁ、、で、ただただジャケ写があんまり好きじゃ無いって理由だけで観てなかった作品。

ブラッドリークーパーが見たいという感情だけで、ジャケ写嫌いの壁を乗
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.9

原作知らず。
ただひっそりと、罪悪感と運命への苛立ちを抱えて暮らしていただけなのに。
振りかざされる正義感に追い詰められていく。

漫画が原作のものは、たまに観なくて良かったかなーと失礼ながら思うので
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

-

ピーターグリーンと、クリスチャンベイルが似てる。顔。この系統の顔の人って本当に不思議な役とか悪役が似合う。もう数人同じ顔に見える俳優がいるのに名前が出せないのが残念。

ミルク・マネー(1994年製作の映画)

3.0

良い映画。
まだ子供の男の子達が街に女の人の裸を見るためにお金を握って自転車で小さいお出かけ。その先で売春婦と運命の出会い。

パパのお嫁さんに!と願う息子の気持ちが真っ直ぐでチャーミング。
売春婦演
>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.1

どんな風に見れば良いのか、
終えた後の重さったらなかった。

主人公が音声を送る気持ちになったのは、
真実を隠した罪悪感なのか、
過去へのノスタルジーなのか。

ケイトウィンスレッドの演技にどんどん引
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.7

烏丸ギンジと桐島がかぶる。と思ったら、原作同じ人だったんですね。

ある意味ホラーであるストーリーとは思うけれども、ありがちであり、多分必要な感情なんだろうと思う。
個人的にこの感情が欠落している側な
>>続きを読む

>|