Kefuさんの映画レビュー・感想・評価

Kefu

Kefu

基本は雑食!何でも見ます!特にSF好き!ホラーは苦手ですがジャンルの幅広げて良作品漁り中!パッケージが恐い物は点数つけずに下げてます…

映画(402)
ドラマ(25)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.3

戦いがこれから始まる感じですね。
続きが早く見たい!

登場人物が着ているコートがとても形が綺麗で見入ってしまいました…
ニュートとクイニーのコートが欲しい。

↓コメントにネタバレ感想です。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.5

ナイスなバディコンビの誕生を見せていただいた感。

どうしても1は自己紹介的になるので
次回作は初っ端から“俺たち”で暴れてくれる事を期待!

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

こんなに故人を偲んで泣いた映画は初めてでした。
クイーンの足跡を辿りライブに酔いしれる映画でした。映画館で見れて良かった。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.6

始まって速攻胸糞悪い(文字通り)
しかし久々に声出して泣きながら映画見ました。
マル暴刑事の人生が描かれてました。

原作者が女性の方だとは知らなかったです。熱量が凄かった。

役所広司と松坂桃李の演
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

実際に描かれた油絵がアニメーションになっているので映像の見応えが本当に凄かったです。
ストーリーはゴッホの死因を探るサスペンス仕立てになっていました。
ゴッホが生前に描いていた人々が出てくるのも良かっ
>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.8

クマのプーさん誕生の裏に有った
家族の物語。
空気感が思ったより重かった。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

設定が面白そうで鑑賞。
期待していたストーリーとは違いましたが…

此方も子供の頃から好きだった事を
生業にしている人間なので、
主人公の「ブリグスビー・ベア」を好きな気持ちに共感しました。

これが
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.3

家で見る時はだいたい他の事をしながら見るので吹き替えなんだけども、
画面を見て無い時に頭に浮かぶのは設楽さんの顔。
バナナマンの2人は吹き替え上手なんだけど、設楽さんの声質が独特だからか?

ソーセー
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.3

ガイ・リッチー節が凄い!
カッコいい見せ場が次々にやってくるので目が離せませんでした。忙しない!

だけどストーリーはアーサー王伝説とは違う物になっていたので、速攻モルドレットが出て来て頭が混乱したま
>>続きを読む

にがくてあまい(2016年製作の映画)

3.3

美味しそうな野菜料理がイッパイ出て来ます!
林遣都君が料理してくれます!
お腹が空く!カレーが食べたい!

だけど、原作でのマキは ヤンキー上がりで根性の有るバリキャリなイメージだったけれど、96分に
>>続きを読む

ラスト・ウィッチ・ハンター(2015年製作の映画)

3.9

ハロウィンだから『魔女狩り一筋800年』物を見ました。

不死身の魔女ハンターの方が若い魔女より魔法について詳しいっていう設定が面白かったし、アクション多めでアメコミ映画のノリで見れました。

設定は
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.1

パリの風景は最高だし
著名人がわんさか出て来る。
この時代のパリは凄い人達が沢山居て本当に贅沢だな~私も会話したい!羨ましい!

婚約者とその友達との空気が苦しいけども、タイムスリップ後が対照的で、一
>>続きを読む

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

3.6

え、かいじゅうたち放置で帰っちゃうの!?
何だか、ストーリーがとても中途半端に感じました。
かいじゅうたちが抱えてる問題や関係を改善して欲しかったなぁ。
造形や雰囲気は素晴らしいので、もったいなく感じ
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.3

誘拐され監禁中の母親が納屋で産み、生まれて5年間納屋が全ての世界だった男の子のお話し。
重い内容ですが5歳児の目線で進むので、そんなに重苦しく無く見れます。
彼の不安や心の成長が丁寧に描かれた素敵な作
>>続きを読む

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

3.9

串刺しヴラド公がいかにして誕生したかのダークファンタジー物語。格好良かった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.4

主人公のご両親も、彼女になりそうだった女の子も、イタリアの空気も優しくて!良い作品でした。

周りが理解有る人達ばかりなので、恋の弊害があまり無く、丁寧に描かれた2人の恋愛をじっくり堪能出来る作品。
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.8

ファンタジーな雰囲気のヒューマンドラマかと思ったらミステリーだった。
ストーリーが加速する終盤までは、少し不思議な雰囲気でゆっくり進んで行きます。
加速し出してからは引き込まれました!ラストは泣いた。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.7

この作品をビディーしたら
第九を聞くと『時計じかけのオレンジ』を思い出すようになってしまった…。
撮り方や衣装、ドルーグ達が喋る言葉が斬新で、世界観が独特。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

4.0

ダーク ファンタジーなミュージカル。
設定はアンデルセンの人魚姫だけれど、場所はお城じゃ無く、ストリップクラブ。相手は王子様では無く、バンドマン。それがリアル。
終始、退廃的でアングラな空気感。
↑好
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

マーマレードに何か入っていたのかな?と思うほどの意識改革と、刑務所が迅速にガーリーに変化していく様を見てニヤニヤしてしまった。
インテリアが可愛い。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.4

ハートフルでワンダフル!
犬の転生物語なので、犬の一生での楽しい場面もお別れシーンも複数回やって来ます。犬が可愛くて癒され、泣いて、また癒される。良き映画でした。

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(2016年製作の映画)

4.4

ヒューマンドラマだけど、
タイカ・ワイティティ監督が独特の笑える要素を入れてくれている。
曲も良かった。バースデーソングが耳から離れない。

オーメン(1976年製作の映画)

3.8

ダミアンの成長の記録。
ダミアンが何処まで伸し上がれるか!?
今後、見て行きたいと思います。

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄(2015年製作の映画)

4.0

思っていたよりも面白かった。
ニコラス・ケイジが画面を面白くしているけども、そこが良い。

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

3.7

10月なので悪魔物見ました。
神父達がもっと活躍している所が見たかった…

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.9

痛快コメディーだけれど、サスペンス有り、友情有り、伏線もしっかり回収して行きます。
笑い過ぎで中断しつつ映画を見たのは始めてかも。
盛り上がりのシーンは情報量が多すぎる。
定期的に見たい映画。

ザ・セル(2000年製作の映画)

4.3

精神世界の描写が禍々しくキッチュで素晴らしかった。

>|