けいこさんの映画レビュー・感想・評価

けいこ

けいこ

朝が来る(2020年製作の映画)

3.5

この撮影は大変だったと、永作が徹子の部屋で言っていた。
何日間もこの部屋で、アラタと子役と3人で過ごし、いつカメラが回っているかもわからない状況だったらしい。
だからこその、自然な表情や動作が撮れたん
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

2.8

コメディーだけれど、全然面白くないという😅キャストが豪華なだけに、すごく惜しい💦

ビルの屋上でのリリーさんの言葉がすごく響いたというか、数年前に急死した親を思い出し、何とも言えない気持ちになった。
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

3.0

シャーリーズ・セロンがただただ美人✨
内容はイマイチ😅

別に笑えるわけでもなければ、主人公が変わるとか、いい話でもないし、シャーリーズがずーっと本当に嫌な女で終わってしまった。

しかも、犬🐶への扱
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

4.0

個人的には面白いと思った。確実に、ヘタなコメディーよりも面白い🤣

主演の2人、見た目はいいのに…声😅

試しにアニメを見てみた。
これは人気出るハズだわ🤔

確かにアニメのほうが面白かったけど、それ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.5

人物以外の映像が物凄く綺麗で、練獄さんと上弦3との戦闘シーン😲✨
泣くという評判に、うーん…と思っていましたが、練獄さんのいい人加減に涙が…😢

でも、千と千尋の興行成績と比べるのはまたちょっと違うか
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

3.6

戦争の悲惨さを淡々と描いた作品。
監督の実体験を元にした映画なのね💡

チャーリー・シーンが若くてかわいい。
実際に現地で野宿をしたり延々歩いたりと作中通りの行動をしながら撮影したと、特典映像で言って
>>続きを読む

推定無罪(1990年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラ感はないけれど、最後の最後で真犯人が判明。

大事な夫が容疑者になったらそりゃ苦しむでしょうよ😅
想像しただけでわかるでしょ😅

元愛人の部下がとんでもないビッチで、それに未練とかラスティて
>>続きを読む

スライディング・ドア(1997年製作の映画)

3.6

なんていう夢のある映画✨
そう感じたのは、選択してきたA以外ならどんな人生になっていたのかと思うことが多々あるからか😅

地下鉄に乗れたパターンAと、乗れなかったパターンBが交互に展開するが、ヘアスタ
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.6

メンツが本当に豪華✨
あの当時、現場はこんなことになっていたんだ…💦

首相の菅がポンコツすぎて笑えた🤣
菅だけじゃなく周りも🤣さすが民主党🤣
んで、この悪意ある描き方🤣

あれだけの人々が命がけで動
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

2.8

面白くなりそうでならない😅


ゲイの根暗のにーちゃんが騙されたってことだよね?
感想、で?だけだった😅

『犬鳴村』恐怖回避ばーじょん 劇場版(2020年製作の映画)

3.5

ホラー苦手&なんとなく目に付いた
で鑑賞。

通常盤を笑いに変えようとしているので、ヘタなコメディーよりも全然マシ😂
終盤の、
スタッフさん、足元まで映っちゃってるよ
はちょっとウケた😂

ちなみに
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.7

普段なら、この尺長なら倍速で観たところだけれど、 セリフが極端に少ないとのことで普通に鑑賞。

うーん、長い…😅
が、この状況ならば早々に死んだほうがまだマシだというシーンばかりでキツい…
軍人を悪者
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.6

重油まみれのペリカンを思い出すけれど、今考えると、そこまで昔じゃなかったんだなあ…

親会社の幹部は、遅れている重油採掘の損失を取り戻し利益を上げろとせっつく。
対して現場は、安全第一だと主張をするが
>>続きを読む

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

3.6

話もよくできていたし、展開も悪くはないけれど、派手さに欠けたのが残念💔

たぶん見どころのひとつだと思うけれど、ジャストなタイミングでのターンや落下物をキャッチしたり、終盤でのレストランの厨房のシーン
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

凶悪犯ジェリコの逃亡中の犯罪ひとつひとつに狂気を感じたくらいの意味のわからなさ…これギャグなの?🤣途中から笑えてきたよ🤣

ミサイルオチは、いつの間に…でおぉー👏となったけれど、ラストはわかりきってい
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.5

ロス市警のドキュメンタリー風作品。

過酷さも危険さも200パーセント伝ってきたけれど、時々切り替わる、誰目線?みたいな視点が気になって😅

Black&White/ブラック&ホワイト(2012年製作の映画)

3.6

CIAの最強コンビが1人の女性を巡って争うアクションコメディー。

自分なら顔も含め、トムハ演じるタック派だな💡

お互いに部下を巻き込んでの取り合いも、タックのその後の展開も良かったけれど、クリス・
>>続きを読む

ブラック・ボックス(2020年製作の映画)

3.4

事故で記憶を失った男のSFスリラー。

アパートに行ったあたりでやっと、もしかして…とはなったけれど、こんなの本当に可能なら恐ろしい((((;゚Д゚)))))))
脳科学の分野ではどこまで進んでいるん
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.4

夢破れて腐った息子が殺人事件の容疑者になる。
マスコミに囲まれ世間に叩かれ、嫌がらせを受ける容疑家族。そこへ、もう1人被害者がいるという話が入ってくる。
父、母、妹、それぞれが『望み』を抱えたまま話が
>>続きを読む

終戦のエンペラー(2012年製作の映画)

3.2

豪華なキャスト陣✨なのに、天皇陛下の戦争責任を回避させた凄さが伝わってこない😅
陛下の人格者ぶりや、マッカーサーの心情の変化なんかももう少し描いてもよかったような…💦

トスカーナの幸せレシピ(2018年製作の映画)

3.2

アスペルガー症候群のグイドの、絶対味覚?発覚まではなかなか面白くなりそうだったけれど…
そこからが盛り上がりに欠けたというか、中途半端になってしまったという印象。

これ系は散々出尽くしていて、最近だ
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.7

バイオレンスも、三池崇史も好きではないけれど、これは割と好きだった。
シリアスな中に、コメディーか⁈っていうセリフもシーンもあったり、割と抜きどろこも多く💡
そして、ベッキーのイカれ具合も良かった😙
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.2

うーん…ホラーにしては怖くもないし、ストーリーも中途半端でラストもイマイチ😅
まず、家の中であんな蛾が飛んでたら😱ってならないの?
このストーリーまんまなら、MAMAを可視化しないほうがよかった気がす
>>続きを読む

希望の灯り(2018年製作の映画)

4.0

音楽のタイミングも曲調もすごく絶妙で、淡々と描かれる飽きそうな展開でも飽きない。
無口なクリスティアンを応援したり、時には同情したり…
が、しかし、いくら彼女を好きでも不法浸入はダメでしょ😅
家にコッ
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

3.4

少し前に鑑賞。前後に似たような映画を観ていたので、正直ジェイミー・フォックスが出ていたことしか記憶にない😅

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.3

初めから終わりまで事件を描きサクサク進むが、もう少しテッド・バンディの生い立ちや心理に寄り添ってもよかった気がする…😅

事実を(恋人に振られ成り上がり、その恋人をまた捨てたり)をもう少し丁寧に描いて
>>続きを読む

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

3.1

下品な女 絹子を、小池栄子が演じるが、なぜ下品さを変なダミ声で表現したのか…いつもの小池栄子の演技でいってほしかった💦
内容云々よりも、そこが一番残念だった
😅

かわいい濱田岳がいきなり成金になって
>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.3

イギリス人の蛮行を描いた作品。

レイプされ、旦那・子供を殺されたライルランド人の女性が、復讐の鬼と化…👹
しきれない😅
標的1で終わってしまう😅

案内役のアボリジニ青年を通し、心情が変化していった
>>続きを読む

グリンゴ 最強の悪運男(2018年製作の映画)

3.4

友達にも妻にも裏切られた不器用な男、ハロルドのドタバタコメディ。

狂言誘拐を企てるが、勤めている製薬会社の不正に巻き込まれ、本当に命を狙われるハメに…

何も考えずに、サラッと見られる👀
カーチェイ
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.2

シャーリーズ・セロンがただただ美人。
あんな国務長官いたら、何かにつけてニュースになるんだろうな😍

無職のジャーナリストと超エリート長官が恋に落ちる、という話だけれど、シャーリーズ演じるシャーロット
>>続きを読む

ナンシー(2018年製作の映画)

3.0

嘘つきメンヘラ女の話。
ずーっと不穏な空気で暗いまま話が進んでいく。

が、ペットの猫のポールがずーっとサンルームに居させられたり、そればっか気になって😅

実の母親かもしれない人に子供の頃の話や育て
>>続きを読む

君のためなら千回でも(2007年製作の映画)

3.3

主人公アミールの父親が人格者すぎたし、アミールは大人になってもやっぱりヘタレという印象しかうけなかった。
対して、召使いの息子のハッサンは不憫すぎて…😢

ハッサン生きてて、の罪滅ぼしじゃダメだった
>>続きを読む

アンストッパブル(2019年製作の映画)

3.5

子供を亡くし、心が壊れてしまった女性のお話。

息子の友達の妹が、亡くなった子供にそっくりだと、ストーキングがどんどんエスカレートしていく。
ラストは意外な結末だったけれど、なんの伏線もないから、意外
>>続きを読む

だれもが愛しいチャンピオン(2018年製作の映画)

4.4

1000レビュー目なので、間違いない作品を。
泣かせる系かと思ったら、演出なんかはかなりコミカルで、オカンの毒舌、障がい者たちとのコミュニケーションなど、笑えるところも多々あった😂

主人公マルコの妻
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.2

そんなにおっきい声で話したら犯人に聞こえるじゃん、とか、そういう場面が多すぎた😅
これはきっと、小説のほうが全然面白いんだろうな🙄

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

とりあえず2回観てみた。
一度目は前情報なしで。二度目は流れを知っている上で考察見てから。

頭が弱いので、展開が変わるたびに止めて状況整理ながら😅
何回止めたかわからない😂
しまいには、考えすぎて気
>>続きを読む

>|