けいこさんの映画レビュー・感想・評価

けいこ

けいこ

映画(416)
ドラマ(4)

最後の忠臣蔵(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

孫左衛門が討入り前夜に姿を消した理由が周知されてよかった。けど、最後、死ぬことはないでしょ。安田成美の美しすぎ、島原一の大夫の設定には納得。役所広司は宝クジのCMまんまなので、イマイチ物語に入り込めな>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

2.8

スコセッシ作品ががあまり好きではないけれど、窪塚がコントかっていうくらいに何度も掌返して違う意味で面白かったw
昔の人は、ほんとにこんなに英語を話せたのかなあ。すごいなあ。
五島の人も、あんなに英語が
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.2

ラマヌジャンがイギリスでの苦労をもっと描いたら感情移入できたかもしれない。
数学が好きならもっとワクワクして観れたかもしれない。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

4.8

まさに名作。
長いのに全然退屈しないうえに、デニーロ扮するヌードルスの人生をもっと知りたくなる。
大人になった初恋の相手のデボラ、かわいくなくなってる(ー ー;)
一介のギャングには連邦準備銀行は無理
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

-

ヨーロッパの映画は苦手なんだけど、まずヒトラーが犬を殺すシーンで、はぁ⁈ってなって、車の中で亡骸を使い運転手を茶化す。限界。
その前までも全く面白くないし、即終了した。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

ジンジは不潔なだけでクズではない。他3人は、どクズ。クズ男に耐性のある身としては、トワコの感覚がわからなくもない。
トワコがジンジのこと好きになれば幸せなのに。最後、切ないなあ。

ギリシャに消えた嘘(2014年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

地味なサスペンス。期待しすぎた。
チェスターものすげえいいやつになって死んだ。
胸糞で終わるのかと思いきや、めっちゃスッキリ終わった。

震える舌(1980年製作の映画)

2.3

マサコ、かわいくなさすぎてびっくり…。
渡瀬恒彦が破傷風菌に語りかけるシーンはおもしろすぎたw
昔はすごいなあ、病院でタバコ吸ってるよ(^^;)

セカンドベスト/父を探す旅(1994年製作の映画)

3.2

地味だけどなかなか見応えのある映画だった。
孤児院で育った少年を、孤独な郵便局員が引き取る話し。
お互いに過去にトラウマがあり、どこか分かり合える部分があったのかな。
最後にいきなり登場したパパン含め
>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.2

真相がわかるまではわりとワクワクできた。
ていうか、事故にあったとはいえ、忘れすぎでしょ(^^;)思い出すことといえば妻とのキャッキャシーンばかり。色ボケすぎるでしょ(^^;)
ジーナ、あんなに運転う
>>続きを読む

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

3.2

こんな無計画で勢いだけで突っ走るリーダーいやだ(ー ー;)ショーンペンのくされギャング役は合ってた。
昔の警察って、こんなにメチャクチャなことやってたのか…こわー
それにしても、奥さんのプロデュース能
>>続きを読む

幸せになるための5秒間(2014年製作の映画)

3.2

普通に楽しめた。けど、ジェスの無神経さにイライラ、共感も同情もできない。最初からJJとのフラグはたってたよねw
全体てきには、登場人物も少なく、わかりやすいストーリーで丸く収まるのもわかっていたので軽
>>続きを読む

ファルコーネ マフィア大捜査線(2000年製作の映画)

3.8

マフィア撲滅に尽力した検事たちの実話。
ファルコーネの公明正大且つ、紳士ぶりは素晴らしい。
40年前のシチリアはこんなに治安が悪かったんだとびっくり。
ストーリーに派手さはないが、ダレるところも無駄も
>>続きを読む

列車に乗った男(2002年製作の映画)

2.8

いぶし銀という言葉が出てくるような渋い映画。
正反対の二人が交わることで、最後は安定と自由の立場が入れ替わるのかな。

80デイズ(2004年製作の映画)

-

ど田舎の中国の農村の子供が英語話せたり、ジャッキー父が英語読めたり、いきなり恋が芽生えたり、ツッコミどろこはあったがアドベンチャーとして普通に楽しめた。大団円で終わるところも○

リバティーン(2004年製作の映画)

2.8

金と才能があっても、唯一愛した女に捨てられる、壮大な厨二病の話だった。
当時のイギリス、こんなに汚かったの?
画面から汚臭が漂ってきそうだった。

ステイ(2005年製作の映画)

3.2

途中で予想したオチとは全然違ったが、実のところは…の解釈が難解。
考察読んでなるほどーと思ったけど、考察読まずになるほどと思いたかった。

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

2.8

子どもの小生意気さに終始 イライラ。これ系の話だめだ、好きじゃない。
トミーリージョーンズ若っ‼︎

JSA(2000年製作の映画)

3.7

どこの美人⁈と思ったらイ・ヨンエ。
本当にあれが起こったとしたら、イ・ビョンホンは北の小屋で即射殺だろうけど、そこはまあ…。
誰も救われない。ラストの写真は悲しすぎる。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.0

冒頭含め、アートの部分はサッパリだったが、色彩はキレイだった。さすがデザイナー。スーザン、エドワードを目の前で裏切って捨てたくせに、どのツラ下げてエドワードに連絡したのか理解に苦しむ。オチもフワッとし>>続きを読む

カジノ(1995年製作の映画)

3.3

シャロンストーン美人すぎのクズ役すぎ。デニーロは安定のデニーロ。昔のラスベガスはメチャクチャだったんだなあ。こわっ((((;゚Д゚)))))))

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

2.3

イーサン・ホークの魅力がわからない。シワシワの渡部篤郎に見えてしょーがなかった。音楽も興味なしプラス見た目がイヤなので、どうもハマらなかった。
恋人、貧乏クジひいたな。かわいそう。

フェイク シティ ある男のルール(2008年製作の映画)

2.3

全部うまくいきすぎるありがちな展開に眠くなった。キアヌ、こういう暑苦しい役合わないなあ。恋人に言う「僕に触るものは〜」のくっさいセリフ、いつの時代だよw
あー、時間の無駄だった。

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

4.2

9.11ノンフィクションということで、セリフのみの映画。すごい緊迫感で、息つく暇もないあっという間の2時間。リアルで観入ってしまった。
4機もハイジャックされてたのね。
犯行前、ピンチの時、「神がどー
>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

3.0

ハッピーエンドで終わるのはわかっていたけど、ハラハラした。
ていうか、サミュエルLジャクソンがハゲてない‼︎
そこが一番印象的w
無線を利用したオチがよかった。

セブン(1995年製作の映画)

3.2

2回目の鑑賞。
なので初見時の衝撃はなかったが、普通に楽しめた。
最後は犯人の勝ち。
犯人にたどり着くまでもう少し引っ張ってほしかった気もする。
ケビンスペイシーは悪役から善人まで幅広く演じられるオー
>>続きを読む

評決のとき(1996年製作の映画)

3.5

裁判を傍聴したことはないけれど、最終弁論てあんなに自由な感じ?
人種差別、レイプという重いテーマだったので見ごたえがあった。
飼い犬マックス生きててよかった。
ミッキーマウスのタトゥーを入れた人は何者
>>続きを読む

ソウルガールズ(2012年製作の映画)

3.5

あまり期待値が高くなかったためなのか、なかなか楽しめた。欲を言えば、もっと大成功してほしかったが、みんなのねーちゃん役の、可愛げのないゲイルの恋がうまくいってニヤニヤw
サクセスストーリーは安心して観
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.7

シリア=内戦程度の知識でも、とてもわかりやすくつくられていた。
子供が産まれたのに、明るい未来に向かえる状況ではない。
死のリスクを冒してまで顔出しした勇気に感服。
目を背けたくなるシーンは満載だけれ
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

2.3

アメリカのコメディにありがちな、どうでもいい台詞を言い続けるシーンに途中ウンザリ。
予想通り、最後は大団円で終わる。
一番面白かったのは、最後のNG。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.5

ここまで下品なデニーロに感動w
ジェイソンを後ろからゴルフクラブでおちょくるシーンは笑った。
ツッコミどろこは満載だけれど、割とテンポも良く楽しめた。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.2

主人公の、病気のお姉が元々浮腫んでいるような顔でリアリティあり。
両親訴えた経緯の真相が、すごくかわいそう。
お姉の人生もかわいそすぎた。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.4

アランドロン美男子‼︎
観ててハラハラして疲れたw
最後の終わり方が何とも言えない。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

2.8

もっとサスペンス要素が強いと思ったら、ロマンスメインだったので期待外れ。
ブラピ、こんなにカッコ悪かったっけ…( ̄▽ ̄;)
最後のオチは妥当かな。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.2

展開もオチも読めたけれど、飽きずに見れた。理解力のない私でさえ解りやすいお話だった。
健康は買えずとも、金さえあれば何でもできる。
金さえあればなあ…

ボーイズ・ライフ(1993年製作の映画)

3.0

デニーロとデカプリオの共演なので鑑賞。二人とも、どんな役でもハマるな。
最後に実話だと知った。それにしても、毒親大変。

>|