けいこさんの映画レビュー・感想・評価

けいこ

けいこ

映画(741)
ドラマ(12)

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

3.5

ノーカット版からのこちらの鑑賞だったので、とても観やすくわかりやすかったので、編集ってすげーな😲と思いながらら観た。クソみたいなやつらだな、ジジイども。デブもキモかった😓

アクト・オブ・キリング オリジナル全長版(2012年製作の映画)

3.3

ノーカットなので見辛かった。
インドネシアでの大虐殺の実行犯たちが主役で、彼らが当時を再現しながら映画撮影するのを撮ったドキュメンタリー。
実行犯1人だけが最後に後悔し涙を流すが、酷いことをしたからと
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.2

ファイナルファンタジーをやったことがなくても問題なく楽しめた。
正体を隠しオンラインゲームを通して、疎遠になった父との交流を深める話。
けっこう笑えて、重すぎることなくホロっときて温かい気持ちになった
>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

3.7

奥さんのエリーがウザいこと💦気持ちわからんでもないけど😓
旦那のピートは、ウザいことをせず、いち早く子供たちの心を掴む。
ピートのお母さんの、
過去のことを忘れな、面倒を起こすんじゃない
という言葉が
>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

3.2

モルツのCMの音楽と、映画の内容が合わない気が…シリアスな割にポップすぎ😓
好き嫌いの問題なんだろうけど、モノクロ時代の映画はテンポが悪いと感じてしまう。

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

3.6

娘が死ぬまでの2時間を延々繰り返すループ物。どう娘を救うかと思っていたら、アイツもコイツも関わってきていて、そのあたりは新鮮だったが、後半、話を広げすぎた感はあった。
娘役の子どもが美少女だった。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.9

今更ながらベニチオ演技うますぎでしょ。

メキシコ人で、家族を麻薬カルテルに殺され、カルテル内の紛争を起こして復讐しようとするがアメリカに裏切られ…

前作と違い、女は絡んでこないからこその面白さ。
>>続きを読む

ペネロピ(2006年製作の映画)

3.7

色彩も鮮やかでストーリーも◎
祖父の過去の行いにより、魔女に呪いをかけられブタ鼻に産まれたペネロピ。
母親が呪いを解こうとペネロピの結婚相手を見つけようと奮闘するが、必死になるあまり、ペネロピの見た目
>>続きを読む

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇(2010年製作の映画)

3.7

ゆるーく観るのにとても良い。もっと他のシリーズあっても良さそうなくらい、水川あさみと竹野内豊の会話がとても自然で、クスッと笑えたし最後はジーンとした。
設定シュールすぎ😂

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

3.5

子供よ、どうか喋ってくれ…じゃないとバジュランギの迷惑になるじゃないか…
お約束通り、最後の最後にならないと話せない💦
歌も踊りも盛りだくさんで、長さを感じさせないが、バジュランギの、バカが強い正直さ
>>続きを読む

残酷で異常(2014年製作の映画)

3.1

エドガー自分勝手すぎるでしょ。人の気持ちとか事情を考えられないから奥さんを束縛したり、あっちの世界のオルガを連れてきちゃったり…
にしても、オルガが生還した理由もわからないし、その他の伏線回収もイマイ
>>続きを読む

将軍様、あなたのために映画を撮ります(2016年製作の映画)

3.2

アマプラにて興味本位で鑑賞。
申監督のインタビューでは監督の日本語がうますぎて、テープでの録音の声に誰が喋ってんの?となった。
拉致被害がどう拉致されどうなるかが、一部だけど知ることができた。
金一族
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.2

スタートレックを観ていたらもっと楽しめたのかも。
自閉症の女の子のロードムービー。
初めてのおつかい を見ているようなハラハラとイライラが同時にやってきて見ていられない(ー ー;)
姉には拒否され(
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.6

1で充分完結かと思ったけれど、こちらを観ると、2ありきなのね、っていう。
前作同様楽しめたけど、ちょっと詰め込みすぎた感もある。
ライアンの物語かと思いきや、やっぱりツリーのお話で、真犯人との対峙もち
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

ホラーは苦手なので避けていたが、なんとなーくで観てみた。
なにこれ面白い‼️😲
おどろおどろしい感じはなく、何度もサクサク死ぬ。死ぬたびにいい子になっていくビッチのツリー。
犯人判明からの…のサスペン
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.8

インクレディブルの特典映像。
短い映像だけど、すごく感動した。

子供(とくに男の子)を持つ母親は、こんな感じなんだろうな。子なしでよかったw

肉まんを可愛がる母親は、ペットの犬に対する自分そのもの
>>続きを読む

夜と霧(1955年製作の映画)

-

これはひどい。残酷すぎて本当に言葉が出なかったし、涙も溜息さえも出ず。
作品としては素晴らしいと思うが、星がつけられない…二度と観たくない。
けれど、これが現実にあったことなんだと実感。キツかった。

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.7

ふんわりほっこりする映画。
幸せなんて人それぞれだし、探すものでもない。
いろんな経験をして感受性を養えば小さなことでも幸せを感じるんだろうけど、その為にはお金💰が必要で…
やっぱ金かな🙄
ノートに書
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.6

ノオミのパキッとしたメイクと服装がカッコイイ。
一人七役なので誰が誰かわからなくなるけれど、それでも充分楽しめる内容だった。
マンデイ…😭

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

なかなか切り込んだ内容で、見応え充分、盛り沢山。佐川さんだと思われる田中哲司、わっるい顔してエゲツない脅しするなー😓さすがパワハラ官僚と名指しされてることだけのことはあるw
現政党が実権握るなら、誰が
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.5

うーん…こういう人、実際にたくさんいるんだろうなあ。
規則だ規律だと言い、なかなか行政手続きが進まない。逆ギレするダニエルの気持ちもわからんでもないが、役所なんてこんなもんだよね。
最初の問診で嘘つい
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.3

うーん…悪くはないんだけど、有村架純扮するカズのパートでのタイムトラベルの矛盾が気になった。
あと、カズのキャラがウザイのと、有村架純のエラが…(ー ー;)
最近の涙腺の緩さを忘れさせるくらい可もなく
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.7

誘拐された女性を救え‼︎って、ハル・ベリーの「ザ・コール」と何が違うのと思いながら鑑賞。途中まではあの映画と同じような展開。が、60分あたりからの急展開からの真相判明 ('ロ'('ロ'('ロ'('ロ'>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.3

これはたぶん原作読んだら面白かったんだろうなという作品。
東野圭吾の小説は個人的には好きだし楽しめるが…
ミステリーの割に伏線回収もやりきれてないし、期待していたのも相まってイマイチ感が残ってしまった
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

3.2

不思議な映画。何が言いたいんだろ…
よくわからなかったが、俳優陣の演技は良かった。
エロいねーちゃん出てきたと思ったら、コンコルドのCM(静岡県民しかわからない😓)の人だった。
完のあとのストーリーは
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.2

テルコのように、自分を犠牲にしてまで人を好きになりすぎてしまった過去を思い出して胸が痛かった。
テルコぉー気持ちわかるぜ😂
もしつきあってもうまくいかないことも、別れたら地獄なことも…😂
もうテルコの
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.7

ベニチオ・デル・トロと、ブラピはやっぱ似てるよね?
ロックストック〜のようなドタバタで、とにかく綺麗に収まる。
パイキーこわ😰
豚の死体処理法、孤狼の血でもやってたなー…これ、足がつかない定番なの?

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.7

とにかく明るいラブコメ。
浜辺美波の顔芸がすごい😄
竹内涼真みたいな先生にあんなんされたら当然好きになるわww
10年以上ボンババボンしてないので、幼馴染の新川優愛に嫉妬するシーンとかものすごく懐かし
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.7

中盤くらいでなんとなーくオチに気づいてしまった😰
ネタバレするので多くは言わないが、もっとうまく〇〇〇してー😢
伏線回収はお見事👏
にしても、主人公…ゲッッス‼︎😱

お盆の弟(2015年製作の映画)

3.6

ゆる〜く観るのにちょうどいい。
渋川清彦ハマり役。にーちゃん演じる三石研が楽団の若い団員の言葉に、イラついたりニヤついたりかわいかった😁
お見合いの席での反応も☺️
群馬の高崎住みなら、面白さ倍増した
>>続きを読む

海難1890(2015年製作の映画)

3.4

今の日本人は、この当時の日本人のように優しくはないと思う。
綺麗に描きすぎかな😅
自国民を捨てる日本…他の国の人らはびっくりしたんだろうなあ。
前にテレビで観たけれど、テヘランの日本大使とトルコの首相
>>続きを読む

殺人ゲームへの招待(1985年製作の映画)

3.4

エンディングが3つ用意をれているとのことで、興味本位で。
サスペンスコメディで、わかりやすいボケとその周りの反応で、クスッとした。
推理はドタバタしてウザかったけど😅
本当の結末を最後に観たけれど、や
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

愛の始まりと愛の終わりを交互に展開していくので落差が激しすぎるプラス、
ディーンのやるせなさや縋ってしまう気持ちもわかるし、シンディの情はあるけどウンザリした気持ちもわかるしで、病院での言い合いのシー
>>続きを読む

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

3.5

集団心理恐ろしい((((;゚Д゚)))))))
ただ、ドイツだから余計にそういうことになってしまったのかもしれない。
集団を作り、平等に扱われるというのは、カースト下位ほど気が大きくなってしまうんじゃ
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.3

ヘレディタリー=遺伝的ならば、全部幻?蛙の子は蛙なの?
外国人との感覚の違いか、怖くないっていうか…
オチ以外は面白かったと思う。

一人っ子の国(2019年製作の映画)

3.6

一人っ子政策のドキュメンタリー。
二人目の子を殺したり、女の子を捨てたり養子に出したり…中国怖っ((((;゚Д゚)))))))日本に生まれてよかった(;▽;)

>|