骨折り損さんの映画レビュー・感想・評価

骨折り損

骨折り損

映画は錯覚!

映画(611)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

ポーランド戦みたいな印象。

W杯日本対ポーランド戦のボール回しが話題になったけど、あの時点ではベルギー戦によって評価が変わるなーと個人的には思っていた。

この映画もそれと似た感じで、次ありきで話が
>>続きを読む

母という名の女(2017年製作の映画)

4.1

見入ってしまった。

印象的な長回しが多く、自然と画面の中に吸い込まれていくような感覚を覚えた。
含みを持たせるようなカメラワークとでも言うべきか、こちらの想像力を掻き立てられる演出が好みだった。

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.8

面白かった。
娯楽としてとても見やすかった。
笑いも多くて飽きずに楽しめたが、個人的には音楽の使い方が少し下手な印象を受けた。
見る前はしっくりこなかったタイトルが、鑑賞後はとてもおしゃれだと思えたの
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.7

いや怖くね?

みんな幸せ最高だよねー!って最後終わるけど、いやちょっと待って素直に祝福できないんだけど。
誘拐おじさんの洗脳ビデオで育った子どもがその続編を映画化して家族愛いいよねーってそんな都合よ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

深夜のテレ東かな。

最初、撮り方がけっこうテレビっぽくてほのぼのと見てたけど途中から変わった演出が面白くて意外と見応えがあった。

松岡茉優は可愛いし演技上手い。
いい意味でも悪い意味でも特段、他に
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

殺人の追憶を思い出した。

淡々と進行する話の中で、台詞一つ一つが意味深に刺さってきた。

事件の真相究明ばかりが気になっていると、それを嘲笑うかのようにもっと大きなテーマを考えさせてくる。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

コロッケ食べる?
これを散々予告で見てたせいで本編で見た時に笑ってしまった。

これだけ映画を見る前に前情報盛りだくさんで挑んだというのは最近では珍しい。

そしてそれはやはり映画を正当に評価する上で
>>続きを読む

楢山節考(1983年製作の映画)

3.6

正直けっこう思ってたのと違った。

姨捨山という題材だからおばあちゃんとその息子との関係がメインの話だと思っていたが、村がかなり大事な要素になっていた。

その村にある差別や貧困、しきたりなど色々なも
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.4

柳楽優弥の動物みたいな暴力になぜか笑ってしまった。
あまりにも突発的で、訳の分からないケンカを見てグロいとかよりも常に笑いが勝っていた。

関西弁の下手な俳優がちょくちょく居て、本筋とは関係のないとこ
>>続きを読む

うなぎ(1997年製作の映画)

4.0

うなぎにそんな深い意味が。

タイトルって大事だな。
その映画の見方を決めるくらい影響力があるかもしれない。

浮気され、妻を殺し、そしてまた生きる為に男は苦悩する。彼の気持ちは理解できるはずもないが
>>続きを読む

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

3.5

「風強いな」

野田洋次郎の第一声であっ上手ってなった。初めてこの人の演技を見たが、聴いていて心地の良いテンポで台詞を喋ってくれる。この人のおかげですぐに映画に入り込めた。

でも杉咲花はちょっと。
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.4

断片的な映像は長く記憶に残るだろうが、映画の内容はエンドロール中にもうすでに思い出せない。

やっぱり変なことをたくさんしてくる。
これでもかと変なことを喜々とした表情で盛り込んでくる。
でもホーリー
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

3.7

開いた口が塞がらない。

変とは聞いていた。ただ予想をはるかに超えた変だった。ここまで好きなことむちゃくちゃできるのかすげえなと衝撃の赴くままに最初はかなり見入っていた。

人物を紹介するくだりもそれ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

どんどこどんどこどんどこ...ハッ!!

全編に渡って流れる太鼓の音がかなりイケてる。黒澤明が大好きだと言う監督だから音楽は彼の作品をかなり意識している。そのまま同じものまである。でも侍映画で聞く太鼓
>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

4.1

脚本の妙。

とにかく話が面白い。
探偵が殺人事件を解決する、それだけでどんでん返しやトリック含めて話のハードルがぐっと上がってしまう。なのにそのハードルをしっかり超えてくるあたりすごいとしか言いよう
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

いいんだけど、よくないわ。

近未来的なタブレット端末にレトロな服装と雑誌。
時代の特定できない世界観はかなり好きだった。
その曖昧な世界観が不安感を煽るのにかなり効果的だったと思う。
ズームを多用す
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.7

チャップリンってなぜこんなに愛嬌があるのだろう。
動き1つ1つが可愛くて、どんな話でも彼のことを応援してしまう。
自動食事機でとうもろこしが顔面で回転するくだりがくど過ぎてかなり笑った。
あと笑いの中
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

4.5

ラスト10分、画面の向こう側に連れていかれた。

戦争という不条理な出来事に、映画監督として何ができるか。何が伝えられるか。
その悲痛な魂の叫びは時を超えてしっかりと胸に響いた。

もはや目を覆い、耳
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.0

情がある限り、人を心から信用することはできないってとても皮肉なことだ。

哀愁漂う画の綺麗さ。
飽きさせないユニークなカットの繋げ方。
観る者の心を掌握する計算された構成。

この映画の感想でなかなか
>>続きを読む

チャップリンの移民(1917年製作の映画)

3.7

しゃっくり男のリズムに合わせて目をひん剥くチャップリンに爆笑した。

100年前にもうすでに「お会計は私が、いや私が」のくだりが存在していたことに驚いた。そして今ではお決まりの結局払わんのかいのボケま
>>続きを読む

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.1

ビッグになりたい、マジでそう思った。

女寝取られて銃持ってカチこむ男を、逆にショットガンで迎え撃つなんておっかねえ。けど、怖いもの知らずのその態度がなんともカッコいい。

売れたらダサくてもいいんじ
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.0

二人の人間が会話をしている。
台詞は一言一句わからない。
ただ話している風景が見える。
それでも何分も飽きずにストレスなく見れる。それどころか会話の内容を想像できる。
恐ろしく器用なことが80年も前に
>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

3.8

日本の活気を感じ取れぇい!

コミカルに動き回る着物を着た人々に元気をもらう、そしてニンマリする。

素直に笑えるところが多くて見やすい。
登場人物全員が常に全力で生きている姿が見せる清々しい笑いは生
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.9

二の腕パァアンパァッアンおじさん。

いやーまじでパンパンだな。
パンパン過ぎて、平手打ちするシーンが何故かめちゃくちゃ笑える。
普通の人ならただの暴力シーンなのにここまで二の腕太いと笑える不思議。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

骨太...っ!!

むせ返るような暑い画づらに汗を浮かべながら、怒鳴り散らす役所広司に酔いしれる。

いやーおっさんたちみんなカッコよくて良かったーと席を立ったら劇場の95%がおっさんだったので、松坂
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.3

おっぱいを見せたい映画なの?

最初から最後までひたすら主役の谷間見せつけ衣装のファッションショー。
もう胸から顔へのカメラワークとかいやらしすぎて、なんなん?ってなってしまった。

まあおっぱいしか
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

3.9

十人だ。

三船敏郎かっこよすぎ...。

今作はオープニングのテンポの速さで一気に話に引き込まれた。

用心棒よりも目的や人間関係がシンプルな分、序盤からわかりやすく話を追うことができた。

お笑い
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

3.6

うん侍カッコいい。
正直言うと、あんまり話自体に後半まであまり興味が持てなくて入り込むことはなかった。
ただ、三船敏郎がいい人だということが明らかになったあたりからぐっとこの人のカッコよさの虜になって
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.2

なぜだろう、言葉にできない。
面白かった。
考えさせられた。
だけどそれを具体的に書くことを躊躇わせる重さが確かにこの作品にはある。
多分、まだこの映画を消化しきれていないのだろう。
いつかまたまとま
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.7

お目当ての新宿上空追いかけっこには大満足!

メイキングを見て面白そうだと思い見に行ったが、迫力という点では期待通りの出来でとても楽しめた。
最後の戦闘シーンはまさに見たかったものを見せてくれたという
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.2

「おじさんが作ってます」という印象を至る所に感じた。

映画なんておじさんが作っているものばかりなのに何故かこの作品は、その拭いきれないおじさんのセンスが悪い意味で常について回った。

高校生や大学生
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.1

血が繋がってるってめんどくせえ。

大嫌いな人、大好きな人、色んな人がそれぞれの人生にはいる。
でも血が繋がってる人だけは好きか嫌いかだけでは片付けられない。
たとえ大嫌いでも家族は一生その人の人生に
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

ロックっすねぇ姉さん。

頭のネジ400本くらい飛んでるお母さんにフィギュア漬けの日々を強制された事で出来上がったトーニャという人格。

彼女もまた審査員に喧嘩を売りDV男と殺し合うようなお母さん顔負
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.8

ソンガンホの表情力を改めて思い知る。
このおじさん、やっぱり只者じゃない。
物語は一人のタクシー運転手のリアクションを介して観客に伝えられる為、この人の演技の説得力がかなり重要な要素である今作。

>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.6

女性差別がどんくらいネタなのか分からなくて、そこが気になった。
あと旦那が浮気を黙認しているのがいい人なのかなんなのか、スタンスがあまり理解できず最早怖かった。
最近流行りのちょっと古い感じの質感の映
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.5

意外とあっさりしてる、というのが率直な感想だった。

名作だと散々刷り込まれた後に映画を見るのって、純粋に映画を楽しめないのかもしれないと思った。
もっと熱くなると思ったが、個人的にそこまでハマりはし
>>続きを読む

>|