骨折り損さんの映画レビュー・感想・評価

骨折り損

骨折り損

映画は錯覚!

レンタネコ(2011年製作の映画)

3.0

笑えるしほのぼのするけど二時間見るには退屈。

花とアリス(2004年製作の映画)

3.8

心の機微ですねぇ機微。
んで君はどうなの?......君?!?
なんでどいつもこいつもお互いのこと君君言い合うの?気になって仕方がなかった。誰か教えてくれ。この違和感以外は男目線でも十分に共感できたし
>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.6

痛々しかった。
ボルトでガチガチにされたヘッドギアが物に当たって痛がってるのとか見てられなかった。この痛そう感はマイルズテラーの凄さでもあるし物語の肝でもあると思った。すげえ痛そうって純粋に信じられた
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

4.1

ヤバイキモイエグイコワスギルキチガイヘンタイエロイアタマオカシイテンサイイタイクルシイアットウテキキョウキバカドタマブチヌカレタハンパナイスサマジイメチャクチャカオスサイキョウ。

コレハモハヤハンザ
>>続きを読む

トニー滝谷(2004年製作の映画)

3.7

すぐには感想が出てこなかった。
なんだかわからないが妙に落ち込んでしまった。ただ嫌な切なさではなかった気がする。懐かしい匂いを嗅いで昔を思い出したようないい切なさ。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.6

人は二度死ぬ。
心臓が止まった時、そして忘れられた時。
人が亡くなって悲しいのはまだその人のことを覚えているから。その人が人の心の中で二度目の人生を歩き出した証。死ぬのは一回でもとても辛いからもう一回
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.2

なんだろうな、全然怖くなかった。
ホラー映画ってやっぱり時間が経つとどうしてもその当時は怖くても後から見返すと安っぽい表現とか思えて怖くなくなるのかな。怖いシーンの大げさな音楽の煽りとかもなんだかダサ
>>続きを読む

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

-

クソみたいな映画じゃなくてクソの映画。
白黒の理由がクソだったらマジでしょうもなさすぎてクソのクソ。
物語の抑揚がなくて友達が作業ゲーやってるのをひたすら見てる感じ。グロいというよりキモいの方がしっく
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.6

ちょっと上手くいきすぎじゃね?
陰キャが童貞卒業するんだからとてつもない道のりを期待してたら特に理由もなくよっしゃヤろかってモテ女の方から来るってギャルゲーかな。こんな簡単にいくんだったらもっと早めに
>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ笑った!
ご飯うまそう!はい最高!
こんなにも全部のボケが自分のツボの映画も珍しい。笑えるところが多いから見終わるまであんまり気付かなかったけどけっこう深刻な話やテーマも含んでいた。それを
>>続きを読む

Outsourced(原題)(2006年製作の映画)

3.5

アメリカ人、外国行ったらすぐ現地の女性とセックスするのやめい。
しょうもないけどマジでこの映画の感想これに尽きる。白人男性が主役で外国が舞台のハリウッド映画はごまんとあるけどどれもこれも不必要に現地の
>>続きを読む

歌声にのった少年(2015年製作の映画)

3.8

環境なんかで諦めるな、本当に欲しいものは絶対に手に入れるんだ。
なんだか今同じ地球で歌とか映画とか日本で何不自由なく育った子どもたちと同じような夢を追いかけている人たちがこんなにも違う環境で頑張ってい
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.7

寄生獣かな?
当たり前のように頭半分の死体とかさらっと出してきて、1しか見てない自分は映画を見ながら耐性をつけるのに必死だった。シリーズものだしやっぱり展開は分かっていても手に汗握るし緊張感を煽るのが
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

3.8

たけしおじさん無茶苦茶過ぎ。
理不尽なことばかり言うクソオヤジなんだけど、なんかたまに言葉遣いが優しくて好きになってしまう。あれずるいだろ。とりあえず、子役は最後まで可愛いとは思えなかったのがやっぱり
>>続きを読む

TAKESHIS’(2005年製作の映画)

3.5

売れる気全くないだろこれ。
清々しいほど好きなことやってて最高!
客?知らねえよ、バキューン!!
たけしってカッコいいななんか。
謎のデブやラーメン屋の頑固オヤジ、ピエロ...はいもう理解することをや
>>続きを読む

女豹(1985年製作の映画)

3.7

重っ.....面白っ......。
エロ目的で見ていると気づいたらガン萎えしています、お気をつけください。
人間って面白ぇ作品ですねこれは。リュークにオススメしたいです。
新進気鋭の監督たちがエロとい
>>続きを読む

タイム・アバンチュール 絶頂5秒前(1986年製作の映画)

3.6

エクスタシーでタイムスリップ!?
設定が最高すぎて見てみた。
結果、ワロタ。
とりあえずエロいところはちゃんとエロくて良いし、アホなことを真面目にやってるのもけっこう笑えて楽しめた。陳腐な作りだなーと
>>続きを読む

笑の大学(2004年製作の映画)

3.2

小さい頃に見た記憶だけある。
ワンシチュエーションってほぼ必ず「なのに飽きない」って言葉とワンセットだけどこれは小学生の頃の僕には順当に飽きがきてた印象。

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.1

音楽がひたすら良いっ...!!
映画の最中、作品の、登場人物の見方を常に久石譲の音楽が観ている人にそっと教えてくれていた。そんな暖かくて、純粋な音色が耳にとても優しかった。
サクセスストーリーでもなけ
>>続きを読む

殺しの烙印(1967年製作の映画)

2.8

完全にハマらなかった。
ここまでハマらない映画も珍しい。
エロいシーンでさえ全くエロいと感じられなかった。序盤は訳がわからないながらもハードボイルドな雰囲気がいいかもと多少興味を保てたが、古い日本映画
>>続きを読む

うつせみ(2004年製作の映画)

4.2

艶かしい...こんな言葉初めて自然に出てきたわ。
冒頭からなんだか気になる、エロい、うん?なんだこの感じは?!あっ!えっ!かっこいい、、、はい忠実に言葉に変換した結果がこれです。これ以上上手くは表せま
>>続きを読む

Detour(原題)(2017年製作の映画)

3.7

ピクサーの短編でこんなようなの見た。
でも実写でミシェルゴンドリーが好き勝手やるからこその面白さがあって楽しめた。物を擬人化するの好きよねこの人。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

興味深いんだけどなんだかなー。
宇宙人が地球にやってくる!?って設定で戦争じゃぁああじゃなくて言語学者が言語を使ってコミュニケーションを図るって点はすごく面白い。様々な妄想が膨らむし、普遍的なメッセー
>>続きを読む

書を捨てよ町へ出よう(1971年製作の映画)

4.3

凄まじいエネルギー量。
受け止めきれない、ぶっ飛ばされた。
映画の始まり方でもう心を鷲掴みにされてしまった。正直、よくわからないしぐちゃぐちゃでカオスだけどそのカオスがなぜか不思議と心地よくなってくる
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.7

多分、人間って結局アホなんだな。
いじめは良くないとか言っても自分がいじめられなきゃ気持ちはわからないし貧乏かわいそうとか言う金持ちも一文無しにならなきゃ完全には理解できないだろうし。究極、自分が経験
>>続きを読む

ユゴ 大統領有故(2005年製作の映画)

3.5

事件を追う映画であって、人を追う映画ではない。これをちゃんと心得て観るとまた違うんだろうと思った。というのも、冒頭から色んな人が次々と出てくるけどどの人も結局そこまで深掘りされないので人の感情に重きを>>続きを読む

ザ・インタビュー(原題)(2014年製作の映画)

3.7

綺麗にまとまってて面白かった。
ジェームズフランコがボケでセスローゲンがツッコミの漫才スタイルは見やすくて良い。だけどその場の思いつきっぽいフランコの小ボケが頭悪過ぎてフランコなんでそんなこともわから
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.1

いや何これ。
完全にジェシーアイゼンバーグ目当てで見たけど、全てにおいてアメリカが過ぎる。
冒頭はなんだかスタイリッシュでかっこよかったのでちょっとワクワクして引きこまれた。...と思ったらあれよあれ
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.6

ヒーローの眼をしていては欲しいものは手に入らない。
欲しくて欲しくてたまらないものがある。手に入れなければ死ねないかもしれない。そんな恐怖と戦いながら毎日生きてる奴が本当に欲しかったものを掴む時って必
>>続きを読む

砂の女(1964年製作の映画)

2.8

正直、退屈。
2時間半も見れるほど面白いものではなかった。この映像はあれの比喩だとかこの構図はこういう心理を表現してるとかまあ色々あるんだろうよ、どうせすごい人だし。でも、はっきり言って映画に集中でき
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.9

旨味が後から来る感じ、大人の味。
観終わった直後はあまり面白いと思わなかった。そのあと徐々に徐々にこの映画の悲しみとやりきれなさが自分の中で膨らんでいってとても深みを感じた。こんなにも鑑賞後の感想の振
>>続きを読む

青春残酷物語(1960年製作の映画)

3.6

昔の日本人性欲強過ぎだろ。
女性を見かけたらヤるかぶん殴るかってヤバイな、どっかのフェミニストに怒られろ。いやーそれにしても感情の起伏がわからん行動が続く...。でも個人的には、若者の恋愛をテーマにし
>>続きを読む

>|