Keitoesさんの映画レビュー・感想・評価

Keitoes

Keitoes

基本的に映画館で観たもの、試写会で観たものをレビュウ
相対評価ではなく、絶対評価で

映画(323)
ドラマ(0)

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

4.3

イザベル・コイシェ監督作品。

「死ぬまでにしたい10のこと」が大好きだったなぁ。
大好きだったこと、忘れていたけれど。

何となく救われないんだけど、謎の前向き感みたいなものがあって、人生は必ずしも
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.4

キムタクってカッコいいな!
シンプルにそう思う映画だった。

ホテルという舞台が何より素敵だし、キムタクのカッコいい刑事が観られるし、個人的に大満足!

こういう日本のエンターテイメント!って感じの映
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.4

スパイダーマンがたくさん出てくるから、スパイダーバース。

でも、本当は今まで体験したことのないような新しい宇宙に連れて行ってくれるから、スパイダーバースなのかも。

観た人は、口を揃えて言うかもしれ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

DC作品には、よく往年の名曲がすごくセンス良く使われているけれど、今回アクアマンでのその枠はシガー・ロスのSæglópurだった。

そして、それがまたしても秀逸な選曲で、えも言われぬ明るさの奥に隠さ
>>続きを読む

キックス(2016年製作の映画)

4.2

本作と『スパイダーマン:スパイダーバース』

こんな短期間に、エア・ジョーダンを最も美しく神秘的に描く映画が2本も公開されるなんて!

少年にとって、ギリギリ手が届くレベルで最高のお洒落であり自身を体
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

またラブコメ界に名作が生まれてしまいましたね案件。

設定や仕掛けが秀逸で、清潔感の無さとか嫌悪感とかを上手にオブラートに包んでいる、とても面白い作品だった。

太っていてルックスも良くない主人公が、
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.3

チャンピオンのスウェット、ディッキーズのチノパン、ニューエラのキャップみたいなスタンダード・オブ・スタンダードの王道ストーリー。

こんな魔法のアプリがあったらな!
いや、やっぱり無い方が人生楽しいか
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

-

“どんでん返し”の概念を初めて知ったのは『シックスセンス』だったかもしれない。

いつどこで観たかは記憶がないけれど、子供ながらにめちゃくちゃ面白くてびっくりする、という体験を映画で初めてしたのがこの
>>続きを読む

マイ・サンシャイン(2017年製作の映画)

4.0

個人的埋もれてたけど観たらめっちゃ良かった枠

批評家からしたら、とっちらかっいて、メッセージ性が定まっていない雑多な作品と言われそうだけれど

日常パートがあって、暴動パートがある流れ

作りは「1
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.1

よく覚えてないけれど、前作と同じくらいの面白さだったと思う。

物語の広げ方とか世界観が超素晴らしいんだけど、観終わった時の感情がなんとな〜く満点ではなくて、でも具体的に悪かった部分は特にない、みたい
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.9

もう公式のキャスト欄で発表されてるから、書いても大丈夫だよね?

もうこの映画は、佐藤健の10年ぶりの電王再演が全てではないだろうか!

上映当日まで、発表も試写会もせずにサプライズとして隠し通した東
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

少し前になにかのホラーを観たときに、恐怖の感覚が麻痺してあんまり怖いと感じる映画が無い、と書いたけれど

この映画、久しぶりにめちゃくちゃ怖かった!!

不気味さや、狂人的な人間の恐ろしさ、そしてどス
>>続きを読む

フロントランナー(2018年製作の映画)

3.0

なかなか難しい題材だったな〜色々な意味で…

という感じだった。

ヒュー・ジャックマンの名演は健在で、ファンの人はこれだけでも観る価値はあると思うけれど、共感が全くできない。

政治家なのか、不倫男
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.4

ドラゴンボールの映画、歴代TOP3に入るくらい面白かったのでは!?

ドラゴンボール大好きだけど、ギリギリGT世代くらいでリアルタイム読者ではないけれど、もう当たり前のように存在しているカルチャーだっ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.3

ぶっちゃけ前作をちゃんと観てません。
作業中にBG再生していたレベル。

あとロッキーも1しか観てません。

でも、超超面白かった!!
めっちゃ良かった!!

スポーツものとして王道のカタルシスもちゃ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ良いじゃん、めっちゃくちゃ!
観終わったあとの、この感覚。
三日間くらい続く心地良いやつ。

すごく豪華で、だけどささやかで、2時間たっぷり楽しむことができた。

1962年が舞台で、バデ
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.2

これが原作も前作もない作品だったら、手放しで喜べたかもしれない。

普通に面白い良い映画だった。

でも、リスベットがリスベットたる所以に重きを置いてないのでは?と思ってしまったのが正直な感想。

>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.3

人を疑うことが、大人なのか
人を信じることが、大人なのか

その答えを疑っている時点で、自分はこの映画の登場人物と同じように行動してしまうかもしれない。

分からないから、面白いのか
隠しているから、
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

2.7

1作目を観た時、6割くらい爆睡。

2作目は観ていない。

今回の最終作、入場者特典欲しさに鑑賞。


寝はしなかったが、何だろうなぁこれ。

ゴジラってたまに宗教的な要素とかが入ることはあるけれど、
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.0

見所は、「マイプレシャスリスト」にも主演していたベル・パウリーちゃんのチャキチャキした演技。
エル・ファニングも勿論良い。

あの有名な「フランケンシュタイン」の話がどうやって生まれたか?という映画。
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.7

トム・ハーディの「オン・ザ・ハイウェイ」みたいな作りの映画

基本的に主人公がオペレーション室で電話をかけてるシーンだけで成り立ってる

それだけなのに、なかなか引き込まれるし眠くはならない。
だから
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.3

ポッタリアンじゃないから、いけなかったのかな?
楽しいけど、大満足!ではなかった

ホグワーツに社会人入学して、勉強してから見直さなきゃ!

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.0

世にも奇妙な物語風。
それ以上でも、以下でもない。

ただ個人的にそっくりだと思っている千葉雄大と成田凌の共演が見られて、すごく良かった。
それも天使と悪魔、表裏一体のような関係性で。

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

4.3

元々はペプシの「公園にいるおじいちゃんが、試しに参加したバスケでめちゃくちゃすごいプレーをしたらどうする?」というモニタリングみたいなドッキリCMから生まれたアンクル爺さん。

それを丸々一本の映画に
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.8

ヴィバ・ドゥニ・ヴィルヌーヴ

エミリー・ブラントの魅力を再確認する映画

サスペリア(2018年製作の映画)

3.9

「#サスペリア / #suspiria 」を観てきました。

みんな大好き#君の名前で僕を呼んで のルカ・グァダニーノ監督の新作。
主演はフィフティ・シェイズ三部作のダコタジョンソン。
レディオヘッド
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

IMAX版を鑑賞。

昨日、知人にこの映画のプレミアに誘われたんだけど、断ってしまった。そのくらいの期待感だった。

だけど観てみると、とてもとてもとても素晴らしかった!
時間を巻き戻せるなら、知人に
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.6

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが1時間半くっちゃべってる映画。

登場人物は2人だけで、残りは全員モブで台詞もない。

なのに面白い、飽きない、興味深い。

2人ともクセが強くて偏屈な役で、ハリ
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.5

波瑠の波瑠による波瑠のための映画

波瑠好きだから最高!

たった0.05ミリ〜

くらいの薄い映画だけど、それが良い時だってある

飛び切り笑顔の明るい橋本愛を見られたのが久しぶりで、すごく嬉しい!
>>続きを読む

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(2018年製作の映画)

3.9

トルネードだ!

シャークだ!

シャークネード!!!


今まで自分がシリーズのうち、どれを観てどれを観ていないかすら分からないけど、
もう訳わかんないけど、

ありがとうシャークネード!

今まで
>>続きを読む

ブラ物語(2018年製作の映画)

4.0

なんというタイトル!

最初はタイトルのせいで観るか迷ったけれど、パス・ヴェガとドニ・ラヴァンが出ていると知って観てみた。

アゼルバイジャンのバクーという村で鉄道の運転士をやっているおじさんが主人公
>>続きを読む

いい意味で小悪魔(2018年製作の映画)

3.1

貞操観念って何だろう?ってたまに映画を観ていると分からなくなる事がある。

でも、この映画はそれを逆手に取ったような作品だった。

カナダを舞台に、それもバイト先は大型おもちゃ屋というキラキラティーン
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.8

物心ついた時に、初めてめちゃくちゃハマったシリーズ。

小学校入学したてくらい?の頃に、金曜ロードショーか何かで2をやっていて、録画して貰って何回も何回も繰り返し観た。

今回、東京国際映画祭のおかげ
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

4.5

「エルヴィス(プレスリー)は帰った」という“絶望”を意味する諺みたいな言い回しがある事を初めて知った。


もう、全てが良かった。
パリの景色も主人公のキャラクターもアマンダの演技も、淡々と進むストー
>>続きを読む

三人の夫(2018年製作の映画)

3.4

こんな時代に、よくこんな映画を世に出せたなってのが率直な感想。すごい。
だからジャンルがSFファンタジーにカテゴライズされているのか。

性欲が止まらない、病気の女の人。それを取り巻く3人の男。
紆余
>>続きを読む

>|