keitoesさんの映画レビュー・感想・評価

keitoes

keitoes

映画(416)
ドラマ(0)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

「ワンカット」部分だけが取り上げられて、SNSの感想もそればかりな現状はあんまり好きではない
そういう枕詞ありきになっちゃう作品は、映画自体ではなくプロモーションの為の作品みたいに思えてくるからだ
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.7

逃亡中の犯罪者と、施設から逃げ出したダウン症の青年のロードムービー

設定だけ見ると、色々邪推してしまいそうな話だけれど、そういうの全部抜きにしても、本当に素晴らしい映画だった

これはまるで、純朴な
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.0

エンドゲーム以降、久しぶりに見た動くロバート・ダウニーJr.

声の出演もめちゃくちゃ豪華で(ここでもトムホと共演!)、とにかくハードルが上がってるせいか、映画自体はそこそこだった…

超無難に、スペ
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

4.5

超良かった

4DXでも無いのに、本当に空の旅を体験したような気分

乗ったことないしよく知らないけれど、ディズニーシーのソアリンを体験しちゃった気分

フェリシティ・ジョーンズって本当に素晴らしい女
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.2

本当に“wave”のように心地良く、drifterな気持ちになれる素敵な映画

ストーリーは結構悲惨な部分もあるし共感するようなところはないけれど、それでも何か心地いい

深夜にボーッとしながらずーっ
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.2

失われた存在しないはずの村、犬鳴村
そこに纏わる怖い話

犬鳴トンネルというのは実在する神霊スポットらしく、そこに触れるのはタブー!だけど映画化!というのが売りポイントのよう

でも心霊スポットに自ら
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

4.4

簡単に言うと、大規模な牧場を始めて、そこで起きる様々な困難を乗り越えながら、色々なことを体験していく、という話

でも、これは実話でドキュメンタリー作品

こんなに次から次へと、ひとつ問題を解決する度
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

ウェス・アンダーソン作品みたいにおしゃれでキュートで、「ムーンライズ・キングダム」ぽさがあった!

でも、ストーリーももっとシンプルに分かりやすかったし、キャストもみんなイキイキして楽しそうだった!
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.9

中学生の頃に間違ってブラクラを踏んでグロ画像を見てしまった時の衝撃みたいなものを思い出した

比喩でもなんでもなく、そのくらいグロいシーンがあるってことなんだけど

ジワジワと、自分は間違った場所に来
>>続きを読む

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション(2019年製作の映画)

3.0

「ジオウ」は久しぶりに一年を通してリアルタイムでドラマを観たライダー

だから燃え尽きていたんだけれど、それでも割と楽しめた

めっちゃ楽しい!って程ではなかったけれど

逆にいうとゼロワンは初見
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.5

グレタ・ガーウィグ×シアーシャ・ローナンの「レディ・バード」コンビが贈る最新作

でも個人的には、グレタは監督ではなく俳優としての彼女の方が好きだ

前作も今作も、本当に素敵だし素晴らしい映画なのは間
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

あっぱれだなぁ〜
純粋にめちゃくちゃ面白いなぁ〜

といった感じ

予測できる部分と予測できない部分があって、次の展開はどっちだ?ってなるのが、すごくバランス良く構成されている

半地下家族側の気持ち
>>続きを読む

転がるビー玉(2019年製作の映画)

3.5

「これってエモいでしょ?」の要素をふんだんに詰め込んで、狙いに狙っている映画

でもそれが悪くなくて、まんまとベタな“誰もが思い描く東京での生活”を良いなぁって思ってしまった!

NYLON JAPA
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.5

これは、3人のビューティーを観るビデオだと言っても過言ではない

ストーリーはちょっと退屈
前作までのファンならば嬉しい要素はあるかもしれない

因みに本作はリブートではなく、今までのシリーズと同じ世
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.0


こういう良かれと思ってやったことが、完全に裏目に出て、なぜだか本人含めてみんなを不幸せにしてしまう人っているよね

でも彼は英雄で、テロを未然に防いで、多くの人の命を救った

それは素直すぎる性格と
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.1

ほんの少しだけ、ひずみが生じる

けれどそれは、悪意を持っていた結果では全くなくて、誰しもが生きるうえで自然と生み出してしまっている、本当に些細なもの

例えば、はじめは自販機の横にあるゴミ箱にペット
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.1

2019年締めの映画

今までの「男はつらいよ」シリーズをちゃんと観たことは一度も無かったけれど、本当に楽しめた!

メロンの件とかマドンナが毎回いるだとかさくらの存在とか、そのくらいの知識しかなかっ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.7

昨年のクリスマスに試写会で鑑賞
スカイウォーカーの夜明けを観た次の日に



アンチとまではいかないけれどThe Last Jediを観てからはライアン・ジョンソン監督が好きではなかった

みんなが大
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.9

いつか落ち着いたら、ちゃんと書くから暫定的な感想

よくこんな感じで纏められたな、さぞ苦労しただろうな

とりあえず及第点、だけど痒いところには手が届いていないんだよ、って感じ

やっぱりEP8はトリ
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

4.2

エミリア・クラーク大好きマンとして大満足!

ラブコメ実は大好きマンとしても大満足!

主人公はあんまり共感できないなぁって思っていたけらど、最終的にはストンと納得できるようなストーリー

一応、仕掛
>>続きを読む

ジーザス・イズ・キング(2019年製作の映画)

3.3

これ映画なのか?と聞かれたら、よく分からないと答える

ただグランドシネマサンシャインのでっかいIMAXシアターでこれを観ることは、かなり珍しい体験になったことは間違いない

カニエ・ウエストらが30
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.0

原作ちゃんと読んだことも観たこともないんだけど、とっても楽しめた!

フレンチポップで、アクションもロマンスもコメディもお色気も全部てんこ盛り!

観る前は、何でフランス人がやるんだろう?って疑問に思
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.3

破茶滅茶過ぎて、目が離せなかった
ホラーじゃなくて悪のスーパーマンみたいな設定

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.4

超名作だった
映画館で観ることができて本当に良かった

アダムの隠れ神経質感とスカヨハのヒステリック加減、とてもリアルで引き込まれっぱなし

性差を超えてどちらの立場にも感情移入できる、素晴らしい作品
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.0

観たら大好きなんだけど、その時以外はそんなに情熱を持てないアナ雪

今回の2も、全然期待せずに観てみたら
めちゃくちゃ良かった!

前作のこと忘れすぎてたから、ちゃんと復習して観直したい
そうしたら、
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.5

銭湯×松本穂香

もう字面だけで名作だ

がんばれ松本で、意識高すぎ高杉くんのクラスメイトの松本さん

そんな松本穂香が演じるのは、目的もなく上京し、居候先の知り合いの銭湯で手伝いをしながら生きていく
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.2

すみっこぐらしのアプリゲーム3年くらいやってるけれど
この映画は優しい世界すぎて、眠りの世界にちょっと誘われた

キューブリックに愛された男(2016年製作の映画)

3.6

どうってことないドキュメンタリーなのに、とにかく飽きない!目が離せない!の魅力満載だった!

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.0

違う!違うんだよ!

面白い映画なのは間違いないけれど、僕たちが好きだった前作は、あの「ジュブナイル感」があったからなんだよ!

あと前作と副題同じなのが、個人的にイヤだ

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.4

ジェシー・アイゼンバーグって凄いんだなぁって改めて思い知らされた

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.9

いや、意外と良かったよ
二回観ても面白かったー
Mackenzie Davisの魅力の破壊力

ストーリーを見るものだけど、設定を気にし過ぎちゃダメなんだ
ツッコまない観方を覚えたら、映画はもっと楽し
>>続きを読む

ばるぼら(2019年製作の映画)

3.9

手塚治虫の問題作を映画化。二階堂ふみ演じる“ばるぼら”の妖艶さと、稲垣吾郎の本当にいそうな作家感が凄かった。
セクシーだし、とても素晴らしい映画だった

それにしても
稲垣吾郎の作家感が凄すぎる
作家
>>続きを読む

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~(2018年製作の映画)

2.9

死霊館ユニバースでも同じ年にラ・ヨローナが作られたけれど、これは完全単独作

こっちの方が、より中南米感が合ってリアルなおどろおどろしさがあった

主演のマリア・メルセデス・コロイさんは生で見るよりス
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.2

観たのに登録してなかったようなので、遡り投稿

ユニバース館ゼロ

バグノルド家の夏休み(2019年製作の映画)

3.9

映画祭っぽくない作品だけど、とても楽しめた
ミニシアター系オブミニシアター系といった感じ
タイトルを変えれば、少しくらい話題を拐う映画なりそう

思春期の悩みや家族との関係は、世界共通言語!

ディスコ(2019年製作の映画)

2.5

斬新で興味深かったけれど、途中で飽きそうになった
「約束の地のかなた」の移民問題と同じで、宗教物は感情移入が難しい

後から考えれば、#ミッドサマー と同じでテーマを扱っているのに、この差よ!

>>続きを読む

>|