KEIYAさんの映画レビュー・感想・評価

KEIYA

KEIYA

20代。主に洋画新作タイトルのレビューを書いています。気軽にフォローしてください。Filmarksのオフィシャルサポーターです。

映画(249)
ドラマ(0)

The Art of Racing in the Rain(原題)(2019年製作の映画)

3.6

レーサーの主人公に飼われる事になったゴールデンレトリバーが、彼の成長と家族を見守りながら人生を共にしていくヒューマンドラマ。小説『エンゾ レーサーになりたかった犬とある家族の物語』の映画化。

主人公
>>続きを読む

Scary Stories to Tell in the Dark(原題)(2019年製作の映画)

3.2

ギレルモ・デル・トロ製作/脚本のティーンエイジャーを主人公にしたホラー映画。呪われた本が奇怪なモンスターを解き放ち、子供達が次々に襲われていくと言う物語。

時代背景と登場人物から、どこか”Stran
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.7

ワイルドスピードのホブスとショウをフィーチャーしたスピンオフ作品。ジェイソン・ステイサム演じるショウの妹が悪の組織から追われる身となり、ショウとドウェイン・ジョンソン演じるホブスがタッグを組み彼女を救>>続きを読む

The Art of Self-Defense(原題)(2019年製作の映画)

3.7

ジェシー・アイゼンバーグ演じる冴えない会社員がある夜、窃盗団に襲われ、それを機に空手道場に通い始めるが、その道場の師匠と出会った事でさらに人生が悪い方向に進んでいくブラックコメディ。

まず、主演のジ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

ディカプリオ演じる落ち目の俳優リックとブラピ演じるリックの親友でスタントマンのクリフのハリウッドでの生き様を描いたタランティーノ最新作。誰もが知っている現代の2大スターW主演で60年代のハリウッドをユ>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

ジャングルブックに続き、ジョン・ファブローがフルCGで映画化したライオンキング。

CGのレベルは文句の付け所が無いほどの素晴らしい仕上がりで実写と区別がつかない。動物から昆虫、植物まで、相当なリサー
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

売れないミュージシャンがある日、交通事故から目を覚ますと世界中から”ビートルズ”の存在が消えており、”誰も知らない名曲”をカバーしてスターになっていくダニー・ボイル監督のファンタジー。

とにかくビー
>>続きを読む

クロール ―凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.6

ハリケーンの影響で洪水となった街で逃げられなくなった親子が自宅でワニと対峙するサバイバルホラー。
ワニやサメ、巨大な蛇などと闘うよくあるB級モンスターパニックとは異なり、このジャンルにしてはVFXや俳
>>続きを読む

Midsommar(原題)(2019年製作の映画)

3.8

『ヘレディタリー 継承』に続き、アリ・アスター監督が手掛けた衝撃作。スウェーデンの夏至祭を訪れたアメリカの若者グループが現地で衝撃的な儀式と遊戯を目の当たりにする狂ったホラー。

『ヘレディタリー』と
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

アベンジャーズ エンドゲーム後のスパイダーマンを描くMCUスパイダーマン第2弾にして、MCUフェイズ3の最後の作品。

前半は、青春物語と前作以上に個性的なキャラクターの登場でスパイダーマンが出てこな
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.7

“死霊館ユニバース”のアナベル シリーズ第三弾。本家『死霊館』と『アナベル』の融合作品。死霊館のウォーレン夫妻が留守の間に死霊館に保管されていたアナベルのケースが開いてしまい、アナベルの力によって死霊>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.6

スターウォーズのルークことマーク・ハミルがチャッキーの声を務めたチャイルドプレイ リブート作品。
今作のチャッキーは、悪人の魂が人形に乗り移るスピリチュアルなものとは異なり、Aiや遠隔操作を駆使したテ
>>続きを読む

いつかはマイ・ベイビー(2019年製作の映画)

3.5

幼馴染のアジア系アメリカ人カップルがティーンエイジャーの頃に喧嘩別れし、大人になって住む世界が異なる二人が再会するNetflixのロマンス映画。

ロマンス要素だけでなく、コメディや失った家族のヒュー
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

ウッディたちの新たな持主であるボニーが作ったお気に入りのおもちゃフォーキーが逃げ出してしまい、彼をボニーの下へ返すためにウッディやバズたちが奮闘するトイストーリー第四弾。

今回は、お馴染みのウッディ
>>続きを読む

The Dead Don't Die(原題)(2019年製作の映画)

3.2

今年のカンヌ映画祭オープニング作品で、豪華キャストが出演したコメディゾンビホラー。
かなりスローペースでテンポは悪く、若干ストレスだったが、アダムドライバーやビル・マーレイ等のセリフの言い回しやタイミ
>>続きを読む

マーダー・ミステリー(2018年製作の映画)

3.5

結婚15年目にしてハネムーンへ旅立った夫婦が豪華客船で殺人事件に巻き込まれ、容疑をかけられつつも、犯人を捜し求める”オリエント急行殺人事件”風のコメディ。
ジェニファー・アニストンとアダム・サンドラー
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.3

マイティ・ソーの俳優コンビでキャストを一新したMen in Blackシリーズ最新作。
やはりウィル・スミス×トミー・リー・ジョーンズ コンビでないとどこかMIB感がない。
今回は印象に残る悪役クリー
>>続きを読む

Ma(原題)(2019年製作の映画)

3.1

高校時代のトラウマを抱えたおばちゃんが、地元の高校生たちを自宅の地下室に招き、一緒にパーティーを始めたが、やがてクレイジーなおばちゃんだということに高校生たちが気づくスリラーもの。
「スプリット」や「
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.3

FOXのX-Menシリーズ最終作。X-Men3でも描かれたジーンがダークフェニックスとして覚醒し、その暴走を止めるX-Menの最後の活躍が描かれる。
脚本がかなりひどいできだった。ストーリーの展開や設
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

エルトン・ジョンの自伝映画。監督は「ボヘミアンラプソディ」をブライアン・シンガー監督から引き継いだデクスター・フレッチャー。

エルトン・ジョンが抱えるセクシャリティ、ドラッグ、アルコール依存、家族や
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

ハリウッド版ゴジラの続編で、ゴジラVSキングギドラの頂上決戦が描かれる。今作は日本のオリジナルキャラクターの権利をクリアし、キングギドラをはじめ、モスラやラドン等がハリウッド版で初登場。

渡辺謙は前
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

ウィル・スミスがジーニー役を演じるアラジンの実写映画化。
誰もが一度は聞いたことのあるあの名曲とダンス、アクションとジーニーをはじめとするユーモアに満ち溢れたキャラクターたちがこの映画を最高のエンター
>>続きを読む

BrightBurn(原題)(2019年製作の映画)

3.3

“もしもスーパーマンが子供時代に道を踏み外したら”というコンセプトのホラー映画。
スーパーマンと同じように、宇宙から落ちてきた赤ちゃんが田舎の夫婦に拾われ、養子として成長していくのだが、スーパーマンと
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.9

ジョン・ウィック シリーズ第三弾。前作でルールを破り世界中のアサシンに追われる身となったジョン・ウィックの逃走劇。
このシリーズの大きな見所であるスピーディなガンファイトは、ほぼ全ての弾丸が敵に命中し
>>続きを読む

Long Shot(原題)(2019年製作の映画)

3.6

セスローゲン演じる仕事を辞めたジャーナリストが、かつて自分のベビーシッターだったシャーリーズセロン演じる美人国務長官と再会するロマンスコメディ。
なんといってもセスローゲンのユーモアのセンスとシャーリ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

ピカチュウが、行方不明になったマスターとその息子と共に事件の真相を探る旅に出る話。
予告のできがかなり良かったせいか、期待以上のものではなかった。
登場する各ポケモンは、原作ゲームのキャラクターイメー
>>続きを読む

Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile(原題)(2019年製作の映画)

3.7

30人以上の女性を殺害した実在のイケメン シリアルキラー テッド・バンディの逮捕から裁判、処刑までを描いたNetflix映画。
話自体はかなり興味深く、悍ましい真実。
ザックエフロンの容姿は本人に似て
>>続きを読む

ラスト・サマー ~この夏の先に~(2019年製作の映画)

2.9

それぞれの一夏の恋愛物語をオムニバス形式で描いたNetflix映画。
正直、KJアパのストーリー以外は、かなりつまらなく、なんのひねりもない。それぞれのストーリーもクロスオーバーしないので、ただ4〜5
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

3.6

ドナルドグローヴァーことチャイルディッシュガンビーノの曲をフィーチャーしたクライム映画。
あのヒット曲がストーリーとマッチした時は興奮した。

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.3

ジェームズ・ワン監督の”死霊館 ユニバース”最新作。
今回の悪霊はドラマ”Supernatural”にも登場したメキシコの幽霊。いきなり現れて大きい音を立てて脅かすタイプのホラーで、驚いてしまうんだけ
>>続きを読む

Pet Sematary(原題)(2019年製作の映画)

3.2

死者が動物の墓場から蘇るというスティーブンキング原作のホラー。
トレーラーが好印象だったが、本編は微妙だった。特に母親の子供の頃のトラウマが何回も回想されるが、何回も見せられると全く怖くない。ラスト1
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.5

14歳の子供が”Shazam!”と叫ぶとマッチョな大人のスーパーヒーローになるという異色のDCヒーローもの。
前評判が良かったので期待していたがそれほどでもなかった。笑える面白いシーンの90%以上がト
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.9

“ゲットアウト” ジョーダン・ピール監督の二作目。
クリーピーな仕上がりだが、笑いを誘うシーンが多々あり、また、スプラッターのようなグロテスクなシーンはなく、一線は超えておらず、エンターテインメント性
>>続きを読む

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

3.5

南米で麻薬取締作戦に従事している主人公が旧友を集めて、麻薬犯罪組織のボスから金を盗むミリタリーアクション。”盗む”よりも”持ち帰る”のが困難というのが本作の特徴。
キャストは申し分ない豪華俳優陣で、陸
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.3

MCU史上最低のできかもしれない。
渡された筋書き通りに撮って繋げただけという印象で、この作品、世界観ならではの独特の武器や効果音やカメラアングル、VFXなどにユニークな工夫がほとんどなかった。
また
>>続きを読む

>|