KEIYAさんの映画レビュー・感想・評価

KEIYA

KEIYA

主に洋画新作タイトルのレビューを書いています。
気軽にフォローしてください。

映画(191)
ドラマ(0)

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.6

じわじわ系のホラー映画。怖い怪物や幽霊が脅かしてくるようなものではなく、トラウマになりそうな事件や映像が恐ろしい。狂ったような演技も含めて。最後のオチがイマイチ入ってこない結末だったのが残念。現実を見>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.9

歌のシーンはどれもいい。
特にライブシーンは迫力がある。
アリーやジャクソン、兄貴の絶妙な感情の動きがリアルでセリフがなくても共感してしまう。
最初から最後までジャクソンの最後の決断への伏線があり、納
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.2

説明的なシーンが多くて終始退屈。
最初の脱獄シーンはスリリングで期待が持てたのにその後はノロノロペースで話が進まない。
キャラクターもみんな単純なキャラクターばっかりで…。マルフォイみたいな悪役なんだ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

エミリーブラント不在でも良作。今作は地味だが、二人の名優と緊迫感ある展開と演出で終始没入。すでに3作目も進行してるようで待ちきれない。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

勧められて見てしまった。
最初は何が面白いのかと思ったけど、後半の回想がいい。
何より現場のあるあるに共感。
ミキサー役の不平ばかり言う奴いるー。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

ラストのウェンブリーのライブシーンは圧巻。自然と涙がでる。フレディがこの後死ぬと知っているからでもない気がする。単純に曲と熱唱と観客との一体感が良い。
絶頂でエンドロールに行くのも気持ちいい。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

自分も事件の捜査をしているかのような感覚を味わえる映画。
全編PCやスマホ画面で新鮮。
ラストは意外な結末で満足。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

オリジナルのスパイダーマンではなく、Lethal Protectorを元に描いてるので、舞台もサンフランシスコで、Venomの起源も全くスパイダーマンを通してない。
続編でスパイダーマンと絡んでどうに
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.2

前半は面白かったけど、後半から独創的すぎる展開であんまり入ってこなかった。
所々のオリジナリティ感あるシーンを切り取れば良い作品かも。
アンドリューに赤いTシャツに赤いパーカーも着せて、あまりストーリ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

VFXも違和感なく、質が高く、金のかかったサメ映画。
意外とキャラも個性あり、前半はステイサムいなくてもいいかもと思ってしまった。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.1

大人向けの映画ではありつつ、子供の頃から知ってるプーさんだった。
仕事を辞めたくなった。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.4

オリビアマンが好きになった。
登場人物や設定的には一番大衆的なプレデター。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.2

Dジョンソン頼りの映画。ホラー映画みたいに一瞬驚くシーンはあるけど、ドキドキハラハラのシーンはない。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.4

シリーズの中では地味だけど、主演の二人がいい。フレンチは、B級映画によくいる安っぽいキャラだと思ったけど、最後に本家と繋がる重要な役だった。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.7

アジア系しか出てこないハリウッド映画。新鮮。
ソノヤミズノが珍しくテンション高めキャラでまた好きになった。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

映像の特質をうまく利用した衝撃のモンスターパニック。
夫婦共演もリアル

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

途中まで普通のハリウッド映画だけど、最後にオーシャンズシリーズらしいひねりがあって安心した。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

シリーズ最高傑作。
トレーラーで使われていたアクションシーンがいくつか本編から削除されていたのが残念。
アクションが多すぎになってしまったのが理由らしい。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

緊張感と没入感がいい。
時間を忘れる展開。
主人公の女性捜査官が感情移入しやすい。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

奇形の子に同情するような映画ではなく、家族愛や友情などの"絆"とそれぞれの登場人物の葛藤を描いた良作。
とても前向きで感動できた。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

疑問に思う点はいくつかあるが良しとする。
ハリソンフォードのハンソロだと思わなければ良いのかもしれない。

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.8

ジェラルド・バトラー復活の兆し。
ちょいワルオヤジ警察 vs 銀行強盗集団。
双方の視点から描かれたストーリーと見応えあるアクション。

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.4

見え見えの展開だったがジェイソンベイトマンとレイチェルマクアダムスなので良しとする。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.2

金のかかったB級映画。
CGもまともだし、ドウェインジョンソンが主役だとそれなりに成立する。
ジェフリーディーンモーガンがThe Walking Deadのままででてきた。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

サイコー
音楽も美術もキャラクターもワクワクするような独創感。
ウェスアンダーソンが描く日本好き。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

普通の話なのになんとも言えない没入感。シアーシャローナンの演技がいい。
それを支える家族と友人のキャラクターも。
ティモシーシャラメには期待しない方がいい。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

映画ネタ満載。ライアンの自虐ネタも。
ドミノがいいね。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

親子もいいけど、ウィレムデフォー演じる管理人が中立の立場でありながら主人公たちを助けようとする人間味がいい。
度々登場するディズニーランドの伏線がフロリダらしい。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.4

期待してなかったが次の展開は気になった。
急に味方になって助けてくれた誘拐犯の心の動きをもう少し丁寧に描いてくれたら納得できた。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

もうちょっとサブキャラが見たかったかな。
大衆向けにうまく脚色されてる

>|