KEIYAさんの映画レビュー・感想・評価

KEIYA

KEIYA

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.9

SFコメディのはずが、途中から映画のジャンルがサイコスリラーに変わり違和感。
キャラクターの言動や行動も異常に変わってしまい不自然感が否めない。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

前二作と違って世界観を割り切っていてストレスがなかった。
ハルクやロキはもちろん他のキャラクターも存在感ありつつソーが中心に進むアドベンチャー。
そして、狂気のスタン・リー。
ユーモアとSFのエッセン
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

ホラー映画にスタンドバイミー的な一夏の青春要素を加えた映画。
子供たちが主役の映画だけど、描写がえぐい。
ピエロはあまり怖くなく、ピエロが見せる幻想が怖い。
普通のホラーは怖かっただけで終わるが、青春
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.7

可もなく不可もなく。
ザ トムクルーズ映画
主演はトムクルーズで、監督はダグリーマンだが、銃撃戦や肉弾戦などのアクションシーンは全くない。
Netflixの『ナルコス』を2シーズン観て、登場人物や時
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

映像芸術×ブロックバスター
どのシーンもライティングがかっこよかった。
前作のようなカルト臭が取り払われて誰でもストレスなく見やすい印象。
ハリソンさんの出番はもっと増やして欲しかった。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

期待してたほどではなかったけど、最初から最後まで飽きなかった。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

画は計算されてて、アクションもかっこよく撮れてるにテンポとストーリーがモヤモヤストレス。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

4.0

本国での評価も高くて、本家の死霊館シリーズも面白いから期待してみたが、それ以上の恐ろしさだった。
良作。

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

2.8

脚本が酷い
原作から悪い意味で脚色される。
頭脳戦のはずがスプラッター映画になってるし。
アダムウィンガードのダークさは好きだが。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

かなりコミカルで青春なストーリーにアベンジャーズが踏み込んでくる
ゼンデイヤがほとんど影のまま終わる

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.2

冒険感とホラーが足りない
前のハムナプトラシリーズの方が面白かった。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

NYでみた
アメコミヒーロー映画というよりアドベンチャー感が強い。
途中まで良かったが、ラスボスとの対決はマンオブスティールと変わりないCGと合成祭り。
エンドロール後の続編・関連作品の映像はなし。
>>続きを読む

>|