Kentdubwiseさんの映画レビュー・感想・評価

Kentdubwise

Kentdubwise

映画(722)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.0

うーん。。。タイトルとしては知られていたので視聴したけど、青臭すぎて何とも。
「僕らの七日間戦争」を今観てみた感じのなんかかゆい感じというか。

これ、自主制作映画かっていうぐらいお金かかってないよね
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.5

正直、あんまり期待していなかったんだけど、意外と面白かったw

カトリーヌ・ドヌーブが樹木希林で、ジュリエット・ビノシュが夏川結衣で、イーサン・ホークが阿部寛で、、、と日本でやっていたものを海外の俳優
>>続きを読む

巨星ジーグフェルド(1936年製作の映画)

3.4

なかなか骨太な映画で第1回からオスカー作品賞を順に観てきて、初めてしっかりとフラットに楽しむことが出来た。

ジークフェルドという人が魅力的だなーと思っていたら、やっぱり実在した人だったんだなーと納得
>>続きを読む

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

2.4

有名作品なので観ておかなきゃなーと思い、視聴。

正直、これが芸術なのかもしれないけど、僕には良さが分からなかった。

エロさって色々な生活とか色々な要素の中にあるから魅力的だと思うんだけど、この作品
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

3.4

前作が面白かったので視聴。

これも悪くないんだけど、基本的には前作と手法が同じなので、やっぱり前作のインパクトは越えられなかった。

他人と違った目線を持ってる監督だと思うので、次作に期待!

ミーン・ストリート(1973年製作の映画)

3.6

スコセッシ×デ・ニーロコンビの数少ない観てなかった作品。

出来事だけを書き出したら大した事は行われてないんだけど、しっかり物語があって、魅力的なキャラクターたちもいてちゃんと楽しめる!こんな若い頃か
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

3.5

視聴2回目。

初めて観た時になかなか衝撃的な内容で、若干笑いつつも名作と呼ばれるのも納得の作品だった。

今回もそれは変わらずで、今回はディレクターズカットだから前回よりも作品としてまろやかな感じに
>>続きを読む

凱里ブルース(2015年製作の映画)

4.0

今、アジアで注目の監督としてあげられていたので視聴。

基本的に映像が美しくて、それを観ているだけでも楽しめるんだけど、中盤からの長回しになってからはさらにぐぐっと引き込まれて、最後まで楽しめた!
>>続きを読む

乱れる(1964年製作の映画)

3.8

有名な監督だというのは知っていたものの、初めての成瀬巳喜男作品!

いやー、すごく美しい映画だった。特に大きな展開があるわけではないんだけど、テンポも良く、シンプルだけどしっかり登場人物の気持ちを描い
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.6

視聴2回目。

有名な作品なのになんとなくシュワちゃんのマッチョものでしょと思って観たら、めちゃくちゃ面白くて、ターミネーターどんだけ追っかけてくんだよって楽しんだんだけど、今回も同様に楽しめた!
>>続きを読む

イヤー・オブ・ザ・ホース(1997年製作の映画)

2.8

うーん。ニール・ヤングには全然興味ないけど、ジム・ジャームッシュ監督作品なので視聴。

やっぱり、ニール・ヤングの音楽に興味がないから、そんなに楽しめなかったかな。

これでジム・ジャームッシュ監督作
>>続きを読む

カヴァルケード(1933年製作の映画)

2.8

記念すべき第6回オスカー作品賞作品!

正直な所、第1回から順番にオスカー作品賞を観て来てるけど、一番面白くなかったかなぁ。当時の出来事が描かれているから、それはわかるんだけど、登場人物たちのドラマが
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.6

視聴2回目!
前回はThe Skatalitesが劇中で使われてってことで観て、それなりに面白かったなーという印象だったんだけど、ここ最近、ジム・ジャームッシュ作品を色々観て、今回は楽しみに視聴。
>>続きを読む

バートン・フィンク(1991年製作の映画)

3.4

コーエン兄弟も制覇しようかなと思って、名前をよく聞くこの作品を視聴。

やっぱり、この頃から彼らの"テイスト"が全開で、深読みしたくなるタネを巻きまくってるから、これは人気出るよね!終盤にわかる"ネタ
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.0

PUNKとかROCKとか大好きなんだけど、Iggy PopとかThe Stoogesって意外と通ってなくて、曲も「NO FUN」ぐらいしか知らなかったんだけど、ジム・ジャームッシュが監督だってことで視>>続きを読む

人間の証明(1977年製作の映画)

3.0

松本人志が構成作家の高須さんとやっていたラジオ「放送室」のエンディングテーマがこの映画のテーマ曲だったので、いつか観たいなーと思いつつ、やっと観られた。

映画の内容的にはよくある、あんまり好きじゃな
>>続きを読む

戦艦バウンティ号の叛乱(1935年製作の映画)

3.0

第8回オスカー作品賞作品!

実際にあった話を元にしてるという事で、どんな形でラストを迎えるの最後まで楽しく観られた。
この時代になるともう合成とかが使われていて、映像の技術が進化していっているという
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.4

公開時に気になっていたのでNetflixで視聴。

かなりショッキングな内容で、自分に余裕がないとかなりダークな方向に持ってかれるのでこれから観る人は気をつけてw

こーゆー作風って嫌いじゃないので、
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.4

古谷実作品が大好きでこの作品も大好きな作品だったのであんまり期待し過ぎない様にして視聴。

結果からいうとそれなりにサイコサスペンスとして面白く出来ていた。森田剛もイメージを気にせず頑張っていたし、濱
>>続きを読む

ゴースト・ドッグ(1999年製作の映画)

3.6

大好きなジム・ジャームッシュ作品なので視聴。

やっぱり、基本的にこの監督の作品のムードというかトーンが好きなので、まず観ていて面白いし、最後まで楽しく観られたんだけど、細かいところに散りばめた仕掛け
>>続きを読む

ミラーズ・クロッシング(1990年製作の映画)

3.5

いつもひねりを加えてくるコーエン兄弟にしては正統派でストレートな作品だった。

ストーリー自体の構成は裏切りも作ったり、ハマって欲しいところにハマってる良い構成でありつつ、ガブリエル・バーンの役の男と
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.4

名作として前々からタイトルは認識していたけど、なかなか機会がなくて今回は初見!

いやー、結構正統派なサスペンス作品だったけど、何と言ってもジャック・ニコルソンの顔だよねw
若い時は特にギラギラ感が
>>続きを読む

グランド・ホテル(1932年製作の映画)

3.4

第5回オスカー作品賞!

これまでの1〜4回の作品賞は今観るとそんなに楽しめるものではなかったけど、この作品は最後までどういう風に話が進んでいくのかが見えず、最後まで楽しめた!いろんな作品の元ネタにな
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

いやー!面白かった!!
大好きなジム・ジャームッシュ作品!!

まず、ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、トム・ウェイツ、イギー・ポップ、スティーブ・ブシェーミ、ダニー・グローバー、、、etc…
なん
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.2

クリント・イーストウッドはハズレのない本当に素晴らしい監督!
これまで観てきてつまらなかったなーという作品ってなかったんじゃないかな。
実在の出来事を描いている作品が多いからというのもあるかもだけど、
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.2

A24作品ということでチョイス。

捉えどころがなくて、不思議な作品だった。
デビット・リンチ的なとんがった不思議なテイストでなく、ホラーなのかコメディなのか、一体何を描きたいのかがいまいちよく分から
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

あんまり観たいものがないんだけど、たまにはということで最近の邦画をチョイス。

これ、最初の段階で”仕掛け”に気づいてしまったので、あとは流れを追うだけになってしまったので、あまり楽しめなかった。
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.3

なんだか捉え所のない不思議な作品だった。

面白くないということじゃなくて、普通、映画を観てるとその作品が進む道というか、ゴールに向かう感じが見えてそこに向かった物語を楽しんでいくものなんだけど、この
>>続きを読む

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

3.0

BLACK PINK自体は一般の人と同じぐらいの知識でかっこいいなーと思ってるぐらいの感じで視聴。

うーん、、、一言でいうと薄いかなぁ。ここ最近の情熱大陸ぐらいの濃度なので、不満ではないけど、もっと
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.8

視聴2回目かな。

テンポが良くて、かわいい主人公、オシャレな服、圧巻の演技力のボス、愛らしい脇役たち、そして主人公の成長。誰もが楽しめるエンターテインメントのお手本みたいな作品。

面白いのは前に観
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

4.4

久々に観た北野武監督デビュー作。

改めてこの時のたけしの色気がすごい!男も惚れるっていうのがよく分かる。独特の空気感を持っていて、圧倒的なオーラを放っていて異質。

とにかく歩いたり走ったりするシー
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

5.0

遅ればせながらやっと観られた!

いやー、泣いた。。もう大号泣!泣きポイントがたくさんあって、半分ぐらい泣いてた気がするw 一番大きな泣きポイントん時は声出して泣きそうになるのを堪えるのに必死だったw
>>続きを読む

シマロン(1931年製作の映画)

3.4

第4回オスカー作品賞!

やっぱり、ハリウッド映画はこの時代からハリウッド映画だったんだね!

冒頭のすごい人数で馬に乗り走るシーンの迫力は今観てもすごい!地鳴りがこっちにまで響いてくる様!

男の人
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.3

観ててイタかった〜w

でもそのイタさがかわいくて、特にニキビの感じとかかわいかった♪

同じ内容を邦画でやると、すごくチープになっちゃうと思うんだけど、なんでなんだろーね。

西部戦線異状なし(1930年製作の映画)

3.3

第三回オスカー作品賞!

痛烈なアンチ戦争映画!
有名なタイトルだから聞いたことあったけど、こんな内容だったんだね。

今観ても爆発とか戦闘シーンなんかの迫力はすごい!むしろCGがない時代だから本当に
>>続きを読む

リミッツ・オブ・コントロール(2009年製作の映画)

3.3

大好きなジム・ジャームッシュ作品という事で視聴。

ロードムービーというかこの作品は主人公の人の”顔”に尽きる!いい役者さん見つけたなぁ〜。喋らなくても彼の顔だけでずっと観てられる!

途中でちょっと
>>続きを読む

>|