Ketchupさんの映画レビュー・感想・評価

Ketchup

Ketchup

映画(41)
ドラマ(0)
  • 41Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.6

非常に作り込まれた世界観とビジュアルデザイン。プチサバイバル、プチSF、プチホラー、って感じ。現象には意思はなくて、好奇心と影響力の持つ爆発的な力を表しているような。模倣して自分のものにして昇華させる>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.9

原作読んだことなかったけど、ザ池井戸潤、というような物語。高橋一生の銀行内での活躍、メーカー現場の物語も見てみたかったけど限られた時間の映画だと厳しいか。ディーン藤岡が最初は悪役かと思いきや味方側とは>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

パーク崩壊→人間世界に恐竜、というのは前回作と同じ流れ。次もあるのかな。チャイニーズ系科学者がまだ生きてそうだし。マグマから逃げようと海に落ちていく恐竜達や港に取り残される一頭が可哀想に思う切ないシー>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.1

ただひたすら勝つ!という爽快な映画。地震起こすとか突飛な作戦じゃなくて割と身近な?手口でおぉーと思った(もちろん現実離れしてるけど)。見ていてすごい気持ちよかったし綺麗で、最後の締め(オチ?)も良かっ>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.1

正直スターウォーズ感は感じないけど、ハンやチューイ、ミレニアムファルコンの生い立ちが見れる映画としてよかった。派手な戦いがない分おとなしいストーリーだが、そこを懐かしさや次への期待感でカバーしている。>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.6

デジタル化が進んで、トリックとかアナログな仕掛けがなくなっているのが若干寂しい。見応えという点では、どうなるんだろうというわくわく感は少なかったが、躍動感はよく伝わった。この人が犯人!えー!?という驚>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

ほっこり系映画で気に入った。タイムトラベルできる主人公の物語で、あれ?と思う事もあるけどあくまで単軸世界の設定という事で、パラレルワールドとか気にせずに見るが吉。過去で重大なミスを犯してそれを取り戻す>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.3

魔法の電話番号で呼び出されたのは、妖精のようなナニー。ファンタジー的に考えるなら、マーロから少しずつエネルギーをもらいながら具現化した存在で、マーロの望み・「こうしなきゃ!当たり前を頑張らなきゃ!」を>>続きを読む

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

3.6

格闘技にもっと興味を持ってもらいたい!というコンセプトで作られたような映画。実際に見ていて、観に行くのも面白そうだなと思わされた。頑張ってるサトエリの演技が多め、ヘタレ瑛太の演技が少なめ、メインは格闘>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.3

少し前にアンビリバボーでやってた事件に似てる内容だけに、何故だか身近に感じてしまった。部屋の中のシーンの撮り方も広く感じる主観的で良かったし、子役の子の演技がとても良かった。環境の力が与える幼い無垢な>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.1

標準語という壁があったにせよ、知念君の演技だけ他の皆んなに追いついていない印象。一方で登場人物や世界観もコンパクトで分かりやすいし、変な伏線も出してなくて良い。テンポも良くサクサク進む感じも観やすか>>続きを読む

Gringo(原題)(2018年製作の映画)

3.4

あまり期待せず観たけれど意外と見所がたくさん。主人公が良い味出してる演技で、最初から最後まで飽きずに見れた。シーンの雰囲気や移り変わりのテンポも気に入った。アメリカの悪いヤツ、メキシコのマフィア、おど>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

2.8

小ネタ満載で、青春学園ものというよりは演出も含めてコメディとして見てて、楽しかった。どうせならもう少しだけぶっ飛んでくれると振り切れて潔し。色んな土屋太鳳が見れる、学園祭はシュールでお気に入り。登場人>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

歴史的背景を深掘りせず、謎解きアクションに絞って描ききったのは良かったと思う。ただ、日本人として見ると、卑弥呼という神秘的な名前だけ使って他はピラミッド探検、という感じが否めなかった。中国の孤島とかな>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.8

アジア票を狙ったロボットアクション映画だが、それなりに楽しめた。ストーリーの流れがシンプルで展開が読める内容だった。ので、もう一声、捻りが欲しかったところ。戦いに関しては次につながる経験を得られるもの>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

会話のテンポとか、場面の切り替えとか、とても独特な間で展開していてなんだか見入ってしまった。日本を舞台にしてるんだけど、異国アート感。限られた範囲の世界観なのでスッと入ってきた。言葉少なげだけど、犬た>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.3

ここで終わるんかい!と思った。あんな感じで終わるのであればサノスさんの過去とか葛藤とかが次で盛り込まれて欲しいかな。サノスさんに関してはもっとキャラデザインよくしてほしいな〜紫のゴツいおっさん、だと悪>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

ジョージとの絆が深くてほっこり。これからも森とかで無事で穏やかに過ごしてほしい。
ゴリラと爬虫類が戦うのはキンコングと同じ構図だったので他の動物でも良かったかも。ゴリラだけ道具で戦えるってのは良かった
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

ワクワクする映画。近しい事が実現できそうな時代だけに、出来たら楽しそうだなぁと思いながら見ていた。映像ももちろんのこと、音楽がけっこう気分を乗せてくれた。
楽しむことを仕事にしてさらに楽しんで、純粋に
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.0

内容が濃くなくて、何も考えずにあっさり見れる楽しい映画。相変わらずベラーズの修学旅行を見れてる感じ、仲良くて楽しそう。歌はやっぱり楽しんだもん勝ち!

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

感想が難しい。一見するとああいったキャラクターを出すとチープになりそうだが、真面目なミステリアスな感じにまとめられてる。ツッコミ所は満載だが主役の人の演技とシーンの見せ方に魅せられる。日本映画だと生物>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

2時間の映画としてはちょうど良いボリューム。メインの戦いが他国で、とかに展開されたら、内容が薄くなるかなと思ったけどワカンダ内での良いまとまり。アフリカの文化も感じたけど程々に抑えてあって、視聴者を意>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.7

ホグノブの犬感が良くて結構好き。クレイアニメはピングーとかしか見た記憶ないけど、すごいクオリティ。液体の描写がリアルで、躍動感もすごいし、表情も豊か。ストーリーは良くあるサクセス逆転ストーリーだけど、>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.3

序盤は坂口健太郎の気持ちで見てるけど、途中からは綾瀬はるかの気持ちに移入して、感動した。儚い。数十年共に過ごした夫を無くす綾瀬はるかの気持ちを考えると胸が痛む。ずっと触れられないなんて。最後は自分を脚>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

葛藤しながらも上手く立ち回り、踊らされ踊る人生を描いた映画。
主人公の気持ちを色々と考えてしまう。誰につくのかは臨機応変にコロっと変える事が大事、誰も信用しないんじゃなくて7:3くらいで信用する。自分
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.6

ファンタジー。高畑充希が良い感じ。黄泉の国に行った時の印象は若干リメンバーミー感。それぞれのキャラクターが味があって良い感じ、気に入った。鎌倉あるあるとかも散りばめてほしい。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.3

モリーさんの怒涛の人生の物語を映画にしたもの。ポーカーメインじゃない。ポーカーは彼女の人生の大きな1ピース。人間関係、金銭関係、依存心、ギャンブルの境界線危うさ、なんかを教訓的に教えられるような内容。>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

個人的にメリル・ストリープは歌う女優のイメージだったけど、こういう真面目系作品もすごく合ってる気がする。告発した人にもう少しスポットが当たって葛藤とか決意とか深く描かれると良かったかも。当時の時代が感>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.4

メイズはキッカケであって、今や迷路もなければゾンビとの戦いもメインではない。主人公達がいろんな場面で走って足で稼ぐ映画。シリーズとしての「メイズランナー3」というよりは、メイズランナーという1つの物語>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.9

やはりマークハミルさんが言ってたように、あれはルークではない気がする。ストーリーも、1つのエピソードとしてもっと盛り上げどころを作って欲しかった。映画としては、ローグワンの方が好き。レイアおばちゃんの>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.8

個人的には、今まで見たSF映画の中で一番。物理学とか分からないけど、実際こんな感じなのかなって妄想してしまう。映像もきれい。ワクワクして驚いて儚いストーリー。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.8

色んな人に踊らされた人生、敢えて踊りまくった人生。終わり方が儚い感じがする。カッコいいトムクルーズが演じる事で、突っ走る爽快感がでてる。飛行機の操縦が似合うトムクルーズ。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

全体を通して見てて楽しくなる映画。最後のライブは圧巻。ハリネズミカッコ良い。サントラで家で復習もまた楽しい。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.4

面白かったし、スッキリ見れた。意気投合していく感じが素敵。お爺さんも少年の気持ちを取り戻していくよう。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.8

気に入ってDVD地上波含めて4回くらい見た。サントラを聴きながら料理すると気分上がる。ストーリーの進んでいくリズムと、耳に残る音楽、調理の描写と、親子の心温まる内容が良し。人にも勧めたくなる映画。

セッション(2014年製作の映画)

4.1

こういう映画が高評価されるのかぁ〜と勉強になった。映画の内容なのに、それぞれの出来事がリアルで、「演じてる感」をあまり感じなかった。主人公を本気で可哀そうもっと力抜いて頑張れと思ったし教官を本気で憎た>>続きを読む

>|