七村さんの映画レビュー・感想・評価

七村

七村

2018.09.16~
昔見たものから現在見たものまでの記録。
評価は鑑賞後の独断と偏見と自分の趣好で。たまに全部書き直したりしてます。
ジャンルは幅広くこだわらず。ホラー、スプラッターだけは苦手。

仕事とか忙しくなると途端に観る回数が減ります。が、観たいものは増え続けるので悶々としてます…。

映画(175)
ドラマ(34)

大洗にも星はふるなり(2009年製作の映画)

1.6

雰囲気とか配役としては、明烏と酷似してる。監督同じだしな。
男達のなかに女少数というのも同じ。そういうのが好きなのかな…。
でもどこぞの舞台でやっていそうな感じなのがほんとに。同じ劇団がやっていそう。
>>続きを読む

ファイナル・プロジェクト(1996年製作の映画)

3.5

クソ古い作品。
見てられない。アクションとかマジ物で雪山を単身重そうなカバン持って滑るとかバカげてる。死にそう。なんで生きてるのジャッキー…。
ジャッキーやっぱり損な役回りだな。巻き込まれていきなんと
>>続きを読む

[リミット](2010年製作の映画)

3.5

箱に入れて埋められたとは。私なら耐えられない。狭いところで体を動かせないとは。恐ろしい。
炎とか携帯の光しかないから目がチカチカした。完全に1人だけで進行する。主に電話してる。電話だけでも時間の経過が
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

4.0

普通に面白かった。
吉沢亮の振り切った演技いいわ…ボーリングの玉を健気に集めて嬉しそうに引きずる所なんて噴き出してしまった…
橋本環奈もかわいいし変な顔するし目がキラキラしてるしかわいいかよ…俺がいく
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.2

録画を視聴。
肉食と草食、動物だけの世の中で皆言語が共通なら重要なこと。
学歴やら成績やらが優秀だからといってすぐに見栄えのある仕事任されると思うなよ…とうさちゃんみていて思う。
うさちゃんがメディア
>>続きを読む

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.5

録画視聴。
白雪姫の話を土台に、白雪姫が盗賊の小人たちに混ざり、王子や女王と戦い、最後は王子と王様を取り戻す話。
この王子は女王しかり王女しかり、女に振り回され過ぎていて笑える。家来はいつ戻ってきたん
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後まで見ると、蘇りの石はなんで機能したんだろうとか、パトローナムの牝鹿がリリーとスネイプが一緒だったのが奇妙じゃないならリリーは少なからずスネイプを愛していたのかとか、諸々あるけど1番は子供の名前そ>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.5

地上波にて。
ハリポタは全巻持っていて読んでもいるけど、ダンブルドア死後は終始絶望感に襲われる。
死の秘宝ではハリーの仲間がどんどん殺されていく。そしてハリーよりもロンの方が主人公向きではとか毎度思う
>>続きを読む

夫婦フーフー日記(2015年製作の映画)

3.3

これがフィクションだったら、なんとでも言えるんだろうけどなぁ。
一組の夫婦のはなし。
本当にあった話だからこそ見ていて辛いし、夫婦になる前までが長いのに夫婦になってからがあっという間で、とか考えるだけ
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.8

スポ根かと思いきや恋愛要素多めだった。
たまこも萩原も元彼元妻にやさしいというか、たまこはなぜ江島の顎をやらなかったのか。ぶん殴ってやれよ。萩原はすこし自業自得かもしれないけれど、元妻のあの言いようは
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

2.1

録画視聴。
最初からナオキのオヤジがくるまでが面白みがあまりなかったけど、そこからは楽しめた。
最初からずっと少人数劇を見ているような気分だった。ずっと同じ室内でほとんど同じメンツでふざけている。
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.0

録画を鑑賞
謝罪のスケールが徐々にでかくなる
南部の息子のエリートが最もいい子だよ
終始ふざけてるとしか思えないけど謝罪に悩む人は見たらいいと思う
黒島が怒った船木の一件、悪気がないのわかるけどしこり
>>続きを読む

ホワイトアウト(2000年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

溜め録りのを鑑賞。

織田裕二(富樫)がひたすら単独で行動をとり、超人的な体力と気力となにかでテロリストを殺していく。ただのダムの運転員のはずなのにすげえ。

遭難者を庇って死んだ親友吉岡のこともあっ
>>続きを読む

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.7

溜めていた録画を見た。
豆から急速に成長する木がリアルだった。成長するにしても倒れるにしても、でかいから大規模な被害になる。巨人よりも存在感ある
ガンチュアから降りて一段落ついたのに、すぐに遠のいたは
>>続きを読む

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.8

なかなか面白かった。
教習所が非公認で存在するというのも驚きだが、そこに通い始めたのが元同級生に轢かれたことからというのもまた衝撃。
清高は轢かれても怪我しても精神的には大したダメージを受けていなかっ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.9

仲間を集めて強盗、派手なアクションシーンとかはないけれど展開が早いから息を止めて見てしまった。
問題が起こっても負傷しても、計画は変更してでも実行。止めよう、とか言い始める奴がいないのが良かった。
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.7

ダニエル役がとても中性的でかわいい。
周りになんやかんや言われてる2人が出会って仲良くなる過程がいい。
テオがダニエルの個展でひとり芝居を長々とするのが楽しい。
2人が本当に自作の家付きの車(?)で旅
>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

4.5

内容としてはとてもよかった。登場キャラをめいっぱい出してくれて、田沼と名取さんも活躍していた

いちばんだったのはニャンコ先生。いやーー小さい先生が戯れていたり団子重ねになってたりぴょこぴょこしている
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.9

制作側は信長の死ぬ間際に、聞いてみたかったのかもしれない。これで本当にいいのか、とか。
あと信長が人々(部下)と戯れる様子もあったけど、むず痒い気持ちになってしまった。
ホテルから繋がる設定だけどほん
>>続きを読む

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-(2014年製作の映画)

3.4

原作を読んだことないけど鑑賞
忍びが云々とかよりも恋愛が殆どだった
でも面白かった

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

3.8

今見ると、排他されるたぬき達がたぬき達なりに頑張ったんだなってわかる

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年製作の映画)

3.8

アニメの総復習ができる。その後の彼らが見れる。
彼らがめんまと共に過ごしたあの日々を、短時間でなぞれるのは良い。
アニメは完成度高い。話が深い。やっぱ複数人での友情はめんどくさいし難しいけれど、倍楽し
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

4.0

主人公が素直で良い。
なんであんなに小さいのにバロンは格好いいと思えるんだろうね。ムタさんはかわいい。

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.3

戦争、というものを知らなくてもこれを見ると体験しない方がいいこともあると思ってしまう。戦時下を生き抜くことがどれほどの事か。辛いけど生と死の恐怖を身近に感じる名作。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.8

竹取物語、どんな形で見ても切ない。この映画はより切なく見える。
かぐや姫本人が望まなくても勝手に居場所を用意されて自由がない。息苦しそうだった。
とりあえず帝には嫌悪感しかない。お爺さんも欲に目が眩ん
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

2.8

特に盛り上がりもなく終わった
救出をミュアーがひとりでやり遂げたことは面白かった
ミュアーの独壇場

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.5

色々な技術を用いて制作されたんだろうなぁとは思うけど、単純にストーリーと全体的な流れが好みではなかった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

ミュージカル映画
短いけど全てが凝縮されてる感が凄い
バーナムとフィリップの、バーでの一幕が個人的に一番好き
どの曲も歌声も魅力的で頭から離れない。CDを買ったので車の中で流しつつ長々とドライブしたい