kazukiさんの映画レビュー・感想・評価

kazuki

kazuki

映画(263)
ドラマ(2)

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.4

モラトリアムな青春時代の様々な葛藤や失敗を乗り越えて大人になってく主人公やその友達の姿に感動した!
個人的にはパトリック役のエズラ・ミラーがかっこ良くて優しくて最高だった。
エマ・ワトソンもハリーポッ
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

あまりにも自分の生活とかけ離れすぎてて共感はできなかったけど、アングラな世界が面白かった。
友達が基本クズばっかでしんどい。笑

雪の華(2018年製作の映画)

3.1

登坂くんの演技と読める展開。浅いストーリーという感じでした。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.2

自分がすきなタイプの映画。みんなで力を合わせて何かを成し遂げる系。最後のライブは泣けた!ロックンロール最高!

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.4

これまでのシリーズとはまた違った生き方を考えさせられる話だった。
いろんな世界を見て決めた決断と仲間の信頼にグッときた。
最初の『きみはともだち』と共に過去を遡るシーンが個人的に好きだった。

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

印象的なラストにこの映画の価値があるなと思う。個人的にはあまり入り込めなかったし、政治のことはよくわからんがめちゃくちゃ政府を批判してる映画できもちよかった。

メメント(2000年製作の映画)

4.0

他にはない展開の仕方で好きな雰囲気のサスペンス映画だった。主人公がかっけえ。実際考察しすぎると穴が多そうだけどエンターテイメントとしてはめっちゃ面白い。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.7

面白かったけど、話がチープな感じ。
でてる役者は良かった!

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

雰囲気は良かったけど、思春期のレディバードにいらいらしてしまった。笑

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.1

主演の2人とバンドメンバーが良かった。
すきなかんじの邦画。哀しい気持ちになる映画。

キングダム(2019年製作の映画)

3.9

長澤まさみと吉沢亮が良かった。
原作読んでるが、ふつうに面白い。
よく再現されてる。

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.9

ところどころ謎な部分が多かったが、渋くて引き込まれる映画だった。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.3

日本版を先に観た。
日本版が忠実に原作を再現してるのがわかった。ヘンリーかっこよかった。
大好きな話。
ビーチボーイズ聴きたくなる。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7

千葉県育ち、現埼玉県民からすると分かりまくるネタがありまくって笑えた!
ただ、くだらなすぎるのと後半のオチが微妙でもう一回観ようとは思えなかった。

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)

4.2

シュールな笑いが最高。満島ひかりありきの映画だと思う。オチがどうなるかと思ったが、好きだった。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

気楽に見れてすぐ終わってクスッと笑える映画。菅田将暉も池松壮亮も中条あやみも
好きだわ〜。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

めちゃめちゃかっこよかった。
ピエール瀧が出てた。

>|