AkihikoKoさんの映画レビュー・感想・評価

AkihikoKo

AkihikoKo

映画(26)
ドラマ(0)

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

-

ジョージクルーニーってかっこいいんだ
信念を持って仕事する人

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

-

体の美しさ
アーティストとしての強さを見た作品
体鍛えなくては
体を鍛えるのは心を鍛えること

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

南瓜とマヨネーズ
冷蔵庫の中でも居場所の違う二つの食材はたまに美味しいサラダになる
近すぎても遠すぎでもない二つの関係はある程度の距離がないと成り立たない
たいがの歌は本当の意味を知らないとただの猫の
>>続きを読む

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

-

ここまでど直球なハッピーエンドも珍しい
オンザミルキーロードとは対照的
出てくる動物の調教をどうしてるかが気になってしまった

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

-

まさかの展開すぎる
白猫黒猫を見た後だったのであまりの作りの違いにコテンパん
旧ユーゴスラビア出身の監督にしか描けない映画
内戦と国勢軍の描き方
戦争への皮肉がひしひし感じる
戦争ってなんだ、愛は戦争
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

生きろ生きろ生きろ
全ての生き物に対する肯定感
蝿は蝶になれない
色使い、魅せかた、ど真ん中でアートでした

お嬢さん(2016年製作の映画)

-

ただのエロ映画ではない
エロだが美しい
女性の美しさがギラギラ輝いてる
女性は美しい生き物だと思う
肌のツヤ感
ストーリーも二転三転していって長い時間だが全くそれを感じさせないストーリー展開
キムテリ
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

-

トムウェイツの演技
途中で出てくる黒人のポン引きのセットアップハットがめちゃくちゃかっこいい
それぞれに芯を持った生きかたをすればそれが物語になる

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

ドラッグ、女、金、騙しを悪いように描いてないあたりがこの映画
イギリスの階級制度を裏側に描きつつ、金をかけずに魅せる演出がよい
ユアンマクレガーの白のコンバース にスキニー、小豆色のアディダス、さらっ
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

-

パラシュートのシンメトリーが綺麗だった
暗闇の中でのアンナの横がお
眉上の軽い前髪
リズの白くて細い腕
フランス映画の色の使い方
壁の赤、トイレの赤い線、真っ赤なベッド
真っ赤なカーディガン
真っ青な
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

-

もどかしいったらありゃしない
大人になってからだとまた感じることが違くて良かった
名言ありまくり

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

前作に引き続きトラッドなキングスマンがやりたい放題
スーツの着こなしがかっこいい
ドラッグという社会的な問題をベースに上げつつも撃ちまくる切りまくる殴りまくる
前作よりマシーン感が強いのがちと気になっ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

-

同性愛差別、知的障害にフォーカスした映画
私たちは性的な生き物だ
男も女も関係なく人を愛する権利がある
異性だって同性だってそれを否定する権利はないと思う
レズは美しい、ゲイは汚いなんて嘘だ
この映画
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

-

修一さんと英子さんの生きるということに地道でまっすぐな姿勢が印象的
言葉、行動の一つ一つが丁寧で愛があってこんな人になったのは色々経験して来た2人だからだろう
自給自足する気もみたらし団子を家で作る気
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

-

アンソニーホプキンスのレクター博士が最強
まるで自分と話してるかのようなカメラワーク
洗脳されそう
精神科医というものは怖い
一瞬の洞察力とハッタリとマインドコントロール
見習いたい
顔の皮を剥いで
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

ストリートギャング的な主人公バグジーが古き良き英国紳士的なスパイになり上がってくストーリー
ハリーポッター的な何もないところから成り上がってく感じは見てて自分が強くなった気がするあの感じ
ワンピース的
>>続きを読む