Kmcflyさんの映画レビュー・感想・評価

Kmcfly

Kmcfly

うさぎドロップ(2011年製作の映画)

-

「親になると強くなるって思ってたけど、臆病になるんですね」

14歳の栞(2021年製作の映画)

5.0

14歳の頃「10年後どうしていたいか」訊かれてもわからなかったし、24歳のときに10年前どうしてたなんてあんまり覚えていないし。つまり今が尊いよな。

浮雲(1955年製作の映画)

-

花のいのちはみじかくて
苦しきことのみ多かりき

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影(2020年製作の映画)

-

テニスの元世界1位アンディ・マレーがこれを見てSNSを辞めたとSNSで見たので見た。見終わった後、オススメ動画が出てくるのが一番の皮肉だと思った。

海獣の子供(2018年製作の映画)

5.0

星が死ぬときの音と、人が産まれるときの音を聞いた。

と書いたら恰好つけ過ぎだけど、潮の流れに身を任せるように見るといい映画。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

-

人生の大半を服役していた主人公。共感できないはずなのに、終わる頃には好きになってた。

溢れる理不尽への対処法はやり過ごすこと。まさにすばらしき世界ですね。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

-

花束はもらった瞬間がピークで、そこから少しずつ少しずつ枯れていく。

でも、もらったときの花の綺麗さや香り、うれしかった気持ちは忘れないから、それでいいのか。

いいのか?

いいのか。

ズートピア(2016年製作の映画)

-

人はなれるものになるんじゃなくて、なりたいものになる。

という木皿泉さんのセリフを思い出した。

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

-

新年1本目。
死に方がアホでした。
ただ、どんな人生も肯定してくれる映画。

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.0

松竹のヒューマンドラマ割と好き。こういう企画がなくなりませんように。シナリオに伸びしろがあるはず…!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

5.0

困難な状況での迅速で的確な指示と、部下を庇いつつ自ら責任を負って仕事をまっとうする煉獄さんは理想の上司第1位です。

(2020年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

「糸」をBGMに小松菜奈が号泣しながらカツ丼を食べる問題作です。

恋愛モノは二人が簡単に結ばれないよう壁を作るのが鉄則。本作は小松菜奈の毒親と斎藤工というライバルが障害になるけど、母が死に斎藤工は勝
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

5.0

テネット?
ああ見た見た。超面白かったよねー。やっぱノーランすげーわ。

(だいぶ前半で置いてかれたなんて言えない)

家族ゲーム(1983年製作の映画)

5.0

最初から最後まで奇妙。

落ちこぼれの弟に家庭教師がついて、浮きこぼれて努力しなくなった兄と立場が逆転していくうさぎと亀のような話かと思ったけど、そういうことでもないし…。

豆乳を飲む父親の、授乳す
>>続きを読む

>|