Koheiiさんの映画レビュー・感想・評価

Koheii

Koheii

レビューは大甘です。思い出レビュー多めです。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

4.5

19歳くらいの時見た時は音楽出来上がる感が心地良かったですが今見ると色々な思いが見れて結構詰め込んだったんだなぁと感じる作品です。

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

4.5

似てなさすぎてちょっと分かりにくいけど楽しく見れました。エンディングはまぁしょうがないねっていう感じです。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

4.0

マットデイモン老けたなぁっていう思いが強すぎて爆破シーンしか覚えていません。

バッドトリップ! 消えたNO.1セールスマンと史上最悪の代理出張(2011年製作の映画)

4.0

エド・ヘルムズが見たくなって見た映画です。面白そうなコメディコンセプトでしたが割と下ネタでした。空気感はまぁまぁ好きです。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.5

中1でギター弾き始めた頃に見た時はジャックブラックがふざけている割にギターが自分より上手くて悔しい思いをした作品です。内容はもちろん良いです。

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

4.0

Netflixオリジナルの定番の終わり方です。まぁまぁ無名な役者陣が割と良いです。

ニュースの天才(2003年製作の映画)

4.0

秀才じゃなくて秀才風は顔で分かるなぁと実感できる作品です。

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

4.0

なんで北欧の下ネタはエロくない意味不明さがあるんだろうと感じさせられる作品です。

ユーロトリップ(2004年製作の映画)

4.0

ロードトリップとどっちがどっちか分からなくなる作品です。 ヒロイン役の子のビッチ感のある感が良いです。

ロード・トリップ(2000年製作の映画)

4.0

ユーロトリップとどっちがどっちか分からなくなる作品です。エンディングは結構好きです。Simple planというバンドの I’m just a kidという曲のMVに出てくるサブキャラが出てきて おっ>>続きを読む

ウエスト・コースト(2016年製作の映画)

4.0

割と面白くてスラッと見れる作品です。なぜか西ヨーロッパ系(特にイギリスとフランス)のヤンキー/ヤンキーかぶれは日本のヤンキーと通ずるものがあります。アメリカには無いです。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

4.5

結構面白い作品です。死に方が汚いですがとりあえず叫ぶと面白いって感じです。レッドネック/ヒルビリーの面白い部分が出てます。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.5

面白い作品です。BGM選曲と使い所が心地よい作品です。The office を見た事ある人なら最初のスティーブカレル登場シーンで何か笑ってしまう作品です。

ヒットマン レクイエム(2012年製作の映画)

3.5

イギリスの若者もアメリカの若者もバカっぽいですがイギリスの方が何か鼻につくわぁって作品です。

40男のバージンロード(2009年製作の映画)

4.0

何気に面白い作品です。ゲイ作品ではないですがポールラッドとジェイソンスィーゲルの感じが心地よいです。邦題で損している作品ですその邦題すらパロディなので可哀想です。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.5

なんか全員デカい映画です。ヒルビリー感と主人公2人のかっこよさを楽しむ作品で内容もまぁまぁ面白いです。

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

4.0

懐かしい名作です。なかなかのサイコ感があって良いです。

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.6

とても面白いコメディ作品です。エマストーンを意識し始めたきっかけ作品です。

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

4.0

サイモンペッグとニックフロストコンビがついにアメリカに来る作品です。内容もなかなか良いコメディです。

イカとクジラ(2005年製作の映画)

4.0

ジェシーアイゼンバーグ作品を見漁っていた時に借りた作品です。メニュー画面でひたすら流れる歌が耳に残る映画でした。

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.5

主人公のマキシムの呼び方が可愛いです。なかなかのサイコパス映画でサブカルかぶれ学生の人生を微妙に狂わしそうな作品です。

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

4.4

実話ゲイ物語です。ジムキャリー出演によって心地よいポップさがでています。何気に何度でも見てる良い作品です。

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

4.0

ミカエルの奥さん役とジャンレノの娘役の可愛さを楽しむ作品です。内容もありきたりですが楽しく良いです。

マトリックス(1999年製作の映画)

4.0

若きキアヌリーヴスはパックンマックンのパックンに似ているなぁと感じさせられる作品です。

寝取られ男のラブ♂バカンス(2008年製作の映画)

5.0

邦題で損しているシリーズ上位です。ジェイソンシーゲルの中で一番好きな作品です。ジョナヒルやポールラッドなどサブキャラも面白いですし何気に良いストーリーです。

プレミアム・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.0

刑事がウザいですがジョセフのチャリが爽快な映画です。この後ドンジョンという映画を見ると おいっ! ってなります。

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

3.5

内容はジョセフがヤンキーでスカーレットヨハンソンが頭弱いっていう映画です。何故かジョセフが監督していて500日のサマーを見てファンになった人の士気下げそうですがジョセフが良いんやったら良いんちゃうって>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.5

ライトなサブカル大学生が好きそうと勝手に思っていましたが良い映画です。サブカル大学生をディスっている訳ではないですが良い映画です。

CUBE(1997年製作の映画)

4.0

金かかってなさすぎて面白くなってくるスリラー系映画です。大体エグザムとサークルも続けて見がちになる映画あるある作品です。

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.0

サイモンペッグとニックフロストが微笑ましい作品です。良いエンディングです。

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

4.0

センセーショナルな名作です。久しぶりに見ると若きキアヌはパックンマックンのパックン感が強いなぁと感じさせられる作品です。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.5

もう1時間半くらい経ったっしょって思ったら1時間10分くらいだったっていうくらい微妙にのめり込んでしまう良い映画です。エマストーンのビッチ感がいい感じです。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

割とプライベートも含めてキアヌリーヴスが好きなんですが内容は犬!ブチギレ!滅っ!って感じです。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.0

ファイトクラブ好きな監督が作ったらしいので色々ファイトクラブ感強いです。クラブシーンが多くゴリゴリの音楽が所々流れてドイツのドラッグシーン怖そうだなぁと思ってします。面白い映画です。

TIME/タイム(2011年製作の映画)

4.0

設定がまぁまぁ良いです。アマンダはやっぱりミーンガールの頃が一番可愛いなぁと改めて感じさせられる映画です。