Kohriさんの映画レビュー・感想・評価

Kohri

Kohri

完成度の高い作品が好き。でも、完璧過ぎるのは苦手。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

心理戦中心であるが、所々で見られる過激さがヤバい。
男の生き様を描いた 、良くも悪くもない作品であったが、音楽の使い方が秀逸。

あと、たけしがかけているサングラスがカート・コバーンみたいでカッコよか
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

「黒人だから」、「女性だから」と言う理由で諦めなければならなかった時代を、前半はクールに、後半はエモーショナルに描かれている。
後半の波の激しい脚本が素晴らしく、障害物を乗り越えていく人間の心理描写
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

人は、最愛のペットを失い、そのあとに新しいペットを飼う際に「あの子の生まれ変わりかも」と思うことがある。
本作品は、そんな人間のロマンティックな心情をフォーカスした美しい作品である。

ベイリーは
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.4

この物語は単なる猫の可愛さをフューチャーしたほのぼの映画なんかではない。
過酷な人生のなかで希望を見出すことを丹念に描いたヒューマンドラマだ。

冒頭の主人公のアコギ弾き語りによる軽やかな音楽とは裏腹
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

少数派民族の人生遍歴を108分で表現すると圧縮された印象を抱くが、良い作品であった。

主人公エレの独特な体型と顔だちはサーミ人の気質なのか、他のスウェーデン人の女性と並ぶと歴然とした違いがわかる。
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.0

バランスの悪いB級作品。

黒沢清は前作『クリーピー』での洗脳注射にも違和感がありましたが、今作はもうお手上げ。

ストーリー展開の支離滅裂さが目立つ。
ブラックコメディとして観ても、かなり弱い
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

詩を書くことをテーマにした詩的な作品。それは恐ろしいほどにシンプルで、美しい作品であった。

田舎町でバスの運転手として生計を立てる男が、何気ない日常のなかで詩をつづる一週間が描かれた本作品。
そこに
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

ダークトーンで埋もれた世界にゆったりとしたカメラワーク。広瀬すずの引きずる脚など、かなり陰鬱で是枝監督の異色作な印象を受けるが、「子供」が大きな鍵となっているのは紛れもない是枝作品であることを認識する>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

かなりシンプルなプロットであるが、時間軸をシャッフルさせたうえで迫力のある映像で覆いつくした本作品は、「何が起きているかわからないが、とにかく凄い」という感想を抱く。これは『インセプション』や『インタ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

爽快感溢れるスタイリッシュなファーストシーンが本作品を象徴している。
長回しカットや都会を俯瞰するショットなど、同じ手法を繰り返すシンプルな構成であるが、ロックやソウルのビートに乗せたリズミカルなカッ
>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.1

重たい。
こんなことが実際に起きていたと考えると、憤りを覚える。

ラストで虐待被害にあっていた子供たちの現状が説明されているが、これもまた考えさせられる。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

サスペンスとして華麗な幕開けで始まる本作品は、特に前半がそうなのだが、まったく先が読めないのが凄い。
どことなく中盤から話の展開は読めても、ラストでこうくるとは。

ストーリーは「ミスリード」して
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.9

96分とは思えないほどの重厚感。

説明を大幅に省略し、壮大な音楽をフィーチャーしたリリカルな演出が光る。
亡命から連想する「走る」という単語が無垢な子供たちによって別の意味をもたらしているのが凄い。
>>続きを読む

君はひとりじゃない(2015年製作の映画)

4.8

家族の死から父と娘が再生していく過程を独自の視点で描く家族ドラマ。

おお、ラストでこう来るとは。一本取られました。
劇中の台詞で「ブラジルでは霊媒が医療で活躍している」という説明があり、本作品はまさ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

ジョン・リー・ハンコック監督。

マクドナルド・コーポレーションの創業者、レイ・クロックの伝記ドラマ。

ポスターのコピーに「英雄か。怪物か。」と書かれているが、そのとおり英雄であり怪物であった人物の
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.1

凄過ぎて言葉を失った笑 CGがもっと綺麗だったらより完璧だっと思う。 ジェイク・ギレンホールは裏切らない。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

2.6

ギャヴィン・オコナー監督。

「表の顔は会計士、裏の顔は凄腕の殺し屋」

興味をそそるコピーであるが、実際には主人公が自閉症であることが一番の見所となっている。
つまり、自閉症者の成長諶なのだが、詰め
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

入江悠監督。

時効を迎えた連続殺人事件の犯人が現れたことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。

評判が良いので鑑賞。
前半の所謂”邦画感”(『予告氾』の駄目な部分が前面に出た様な)があまりにもダ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.6

米林宏昌監督。

魔法の花を見つけた少女の冒険譚。

ホウキ、黒ネコといった魔法使いを連想させる記号は感情移入しやすいものがあるが、いかんせん脚本が微妙すぎる。
冒頭の20分以降は眠気を耐えるのに必死
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.4

チャド・スタエルスキ監督。

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが世界中の殺し屋に狙われる話。

前作を超えた。
マイケル・マンの『コラテラル』とマシュー・ヴォーンの『キングスマン』の影響を受けた今作は、最
>>続きを読む

愛・アマチュア(1994年製作の映画)

3.8

ハル・ハートリー監督。

尼さんからポルノ小説家に転職した女性と記憶喪失の男の恋愛模様を描いた作品。

冒頭のシーンがトリアーの「ニンフォマニアック」に似ているなぁ~って思っていたら、セリフでも「ニン
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.7

ニコラス・ウィンディング・レフン監督。

美貌と若さを兼ね備えた少女が嫉妬が渦巻くファッションモデル業界に飲まれる模様が描かれる。




<以下、ネタバレあり>



前半は処女の性の解放を描き、後
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.6

メル・ギブソン監督作品。

反暴力主義者の主人公と対比するかのように戦闘シーンを過酷に描いているが、いかんせん長過ぎで過剰。このバランスの悪さは、レスキュー専門の主人公の役回りの地味さを描くことへの
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

4.4

イングマール・ベルイマン監督作品。

キリスト教徒の無垢な娘を襲う悲劇や、父親の手によってなされる制裁とその後を描き出す。





<以下、ネタバレあり>




ベルイマン作品のなかでは『野いちご
>>続きを読む

トゥ・ザ・ワンダー(2012年製作の映画)

1.4

テレンス・マリック監督作品。

まず驚いたのは、映像が前作『ツリー・オブ・ライフ』と酷似していることだ。
カット数多めの流れる様なカメラワーク。
マジックアワー。
逆光。
無機質な都市と神秘的な自然と
>>続きを読む

4ヶ月、3週と2日(2007年製作の映画)

4.0

2007年カンヌ国際映画祭最高賞。クリスティアン・ムンジウ監督。

ルームメイトの違法中絶を手助けする女子大生の1日を描く。

各国の映画祭で高評価を得た本作は、まさに絵に書いたようなカンヌ的作品であ
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.5

トム・ハーディが一人車で電話をしながら人生を奮闘するワンシチュエーションサスペンス。
主人公が一晩限りの浮気で相手を妊娠させたことにより、家庭と仕事の両方で思い悩む姿が描かれていく。
画面にはハーディ
>>続きを読む

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

3.5

ペドロ・アルモドバル監督作品。
音信不通となっていた娘に会いたいという気持ちを抱き始めた母親の物語。

アルモドバルは『オール・アバウト・マイ・マザー』(‘99)以降の作品はすべて観ているが、前半の色
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

2017年公開。マイク・ミルズ監督。

パンクロックが衰退しつつある80年代目前を舞台に、時代が移り変わること、人生が変容していくことを描いた作品。

建造物やカーテンなどで、日中の外部の光を抑えて見
>>続きを読む

三つ数えろ(1946年製作の映画)

5.0

ハワード・ホークス監督。
ある探偵は、富豪の退役将軍から依頼を受ける。調査を始めると間もなく事態は思わぬ方向へ向かうことに…的な話。

プロットが複雑で有名な作品。
それは登場人物の多さ、早い台詞読み
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

4.2

監督はフランソワ・オゾン。
文才を秘めている生徒と彼に指導する国語教師が、思わぬ事態を引き起こしていくさまを描いた作品。

秀逸な脚本と言われているので鑑賞。
「予想がつかない」と言うものではなく、「
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.8

河瀬直美監督作品。

弱視のカメラマンと、視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する女性が心を通わせていくさまを描いた作品。

全編にわたり逆光の中ハンディカメラによる焦点の定まらないクローズアップ、
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.5

ケン・ローチ監督作品。

病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとする姿を描く。

※ ※ ※
重たい作品だ。
しかもかなり観やすい形として仕上げ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

バリー・ジェンキンズ監督作品。

マイノリティの成長諶であるが、社会派作品であると同時に、滋味深い人間ドラマであった。

黒人、ドラッグ、LGBT、シングルマザー、ネグレスト、いじめなどをテーマに、リ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.6

2017年公開。M・ナイト・シャマラン監督。

女子高校生たちを連れ去った男が、23もの人格を持つ解離性同一性障害者だったという衝撃的な物語。

B級映画の神髄に触れたような気分だ。
何しろ、23の人
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

2017年公開。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。

球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を描いた作品。

冒頭のテレンス・マリックの『ツリー・オブ・ライフ』を連想させるノス
>>続きを読む

>|