Kohriさんの映画レビュー・感想・評価

Kohri

Kohri

無言フォロー失礼します。劇場観賞作品のみレビュー。端正な映画、熱い映画が好きです。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.3

まず確実に言えるのは前作『フォースの覚醒』よりも遥かに面白いということだ。言い方を変えれば、前作にガッカリした私のような人間でも楽しめる内容となっている。

人間の弱さ、葛藤、愛、勇気と言ったメッセー
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.6

前作『リアリティのダンス』で見られた滑稽的過激性は序盤のみとなっており、中盤以降は淡々とした叙情的な語り口。

ホドロフスキーが自分の為に撮ったような、自己満足的な仕上り。
一瞬、88歳という年齢に負
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.3

冒頭のシーンで「観る作品間違えた?!」「この音痴な歌なに?!」と思わせるが、『ル・アーヴルの靴みがき』で感動した人は本作品も観て良いと思う。

「難民」「熟年離婚」という重たいをテーマを軸にしがらも、
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.6

安定のファンタジーアニメと言ったところか。
舞台が日本であるため、神秘性を強く感じる語り口。

「実はこうでした」的なストーリー展開はいささか強引であった。。

三味線のメロディに合わせて舞う折り紙と
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

同監督の『(500)日のサマー』は大好きな作品なのだが、本作品も同じぐらい心に残った映画。

物語が美しい。
まず登場人物のキャラクター設定が素晴らしいこと。
大人の知性を持ちながら無邪気で子供らしい
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.1

役者の演技の上に多数の油絵を重ねた“動く油絵”作品。
参加した画家の数は125人、そして書き上げられた絵の枚数は62450枚ということに驚く。

多くの映画通たちから絶賛された本作品ですが、すみません
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.1

空気感と余韻がヤヴァイ映画。

ゴージャスなロケーションとインテリア、画面の色彩対比を強調したスタイリッシュな映像にまず目がいく。

複数の視点でストーリーが展開されていくのだが、豪華絢爛な都会と野暮
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.9

FacebookやTwitterが普及した現在、プライバシーというものを再度考察するべき段階に入っていると思う。公開する写真に他者が特定できるものはタブーとされていたりなど、気をつけるべきポイントは多>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

アメリカではホラー映画史上No1ヒットとのことであるが、感想は良く言えばホラー版『スタンド・バイ・ミー』。悪く言えば子供(小中高)向け映画。

非常にわかりやすい演出で、ハラハラドキドキのエンタメ作品
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

5.0

天才ではなく、鬼才を描いた作品。常人では到底成し遂げることが出来ない偉業に、ジェシカ・チャステイン扮するリズが挑む緊張感MAXの132分間。

この映画のラストでの大どんでん返しは勿論凄いが、同等に凄
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.1

前評判の良さからかなり期待して観たんだけど、うーん、オチはすぐにわかっちゃうし、仕掛けも弱い。

弱いと言うのは、ショボいと言う意味も含まれます。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

まさに『ブレードランナー』と『メッセージ』を掛け合わせたような作品であった。
壮大な近未来を舞台にしながらパーソナルな問題が主題であるところは、ヴィルヌーヴ監督自身の『メッセージ』と同じやり方。

>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.9

5時間がっつり付き合った。
菅田将暉はとにかく怒り狂い、ヤン・イクチュンはオドオドして生きるしかない。この映画は、そんな二人の「ブルース」だ。

全編にわたって生きづらさを抱えた人たちが交錯していく脚
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

金髪美女、銃、煙草、酒、レズビアンと言ったロックンロールな要素がたっぷりの濃厚アクション映画。
「ジョン・ウィック」や「キングスマン」の製作スタッフが携わっていることから、この二つに近い作りである。ア
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

4.6

今年度ベスト級です。
ミステリアスなスコアで始まり、甘美なスコアで終わるこの物語は、狂乱的であり、艶やかであり、そして尊い…。
光量を抑えたショットで紡がれていく映像はとても厳粛さを帯びており、ラスト
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.9

新宿という殺伐とした街を舞台に、孤独を抱えるものたちの紹介を描いたファーストシーケンスからしてかなり重たいテーマを扱っていることを示唆させる。しかし、ユースケ・サンタマリアやでんでんが登場してくること>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

心理戦中心であるが、所々で見られる過激さがヤバい。
男の生き様を描いた 、良くも悪くもない作品であったが、音楽の使い方が秀逸。

あと、たけしがかけているサングラスがカート・コバーンみたいでカッコよか
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

「黒人だから」、「女性だから」と言う理由で諦めなければならなかった時代を、前半はクールに、後半はエモーショナルに描かれている。
後半の波の激しい脚本が素晴らしく、障害物を乗り越えていく人間の心理描写
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

人は、最愛のペットを失い、そのあとに新しいペットを飼う際に「あの子の生まれ変わりかも」と思うことがある。
本作品は、そんな人間のロマンティックな心情をフォーカスした美しい作品である。

ベイリーは
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.4

この物語は単なる猫の可愛さをフューチャーしたほのぼの映画なんかではない。
過酷な人生のなかで希望を見出すことを丹念に描いたヒューマンドラマだ。

冒頭の主人公のアコギ弾き語りによる軽やかな音楽とは裏腹
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

少数派民族の人生遍歴を108分で表現すると圧縮された印象を抱くが、良い作品であった。

主人公エレの独特な体型と顔だちはサーミ人の気質なのか、他のスウェーデン人の女性と並ぶと歴然とした違いがわかる。
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.0

バランスの悪いB級作品。

黒沢清は前作『クリーピー』での洗脳注射にも違和感がありましたが、今作はもうお手上げ。

ストーリー展開の支離滅裂さが目立つ。
ブラックコメディとして観ても、かなり弱い
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

詩を書くことをテーマにした詩的な作品。それは恐ろしいほどにシンプルで、美しい作品であった。

田舎町でバスの運転手として生計を立てる男が、何気ない日常のなかで詩をつづる一週間が描かれた本作品。
そこに
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

ダークトーンで埋もれた世界にゆったりとしたカメラワーク。広瀬すずの引きずる脚など、かなり陰鬱で是枝監督の異色作な印象を受けるが、「子供」が大きな鍵となっているのは紛れもない是枝作品であることを認識する>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

かなりシンプルなプロットであるが、時間軸をシャッフルさせたうえで迫力のある映像で覆いつくした本作品は、「何が起きているかわからないが、とにかく凄い」という感想を抱く。これは『インセプション』や『インタ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

爽快感溢れるスタイリッシュなファーストシーンが本作品を象徴している。
長回しカットや都会を俯瞰するショットなど、同じ手法を繰り返すシンプルな構成であるが、ロックやソウルのビートに乗せたリズミカルなカッ
>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.1

重たい。
こんなことが実際に起きていたと考えると、憤りを覚える。

ラストで虐待被害にあっていた子供たちの現状が説明されているが、これもまた考えさせられる。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

サスペンスとして華麗な幕開けで始まる本作品は、特に前半がそうなのだが、まったく先が読めないのが凄い。
どことなく中盤から話の展開は読めても、ラストでこうくるとは。

ストーリーは「ミスリード」して
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.9

96分とは思えないほどの重厚感。

説明を大幅に省略し、壮大な音楽をフィーチャーしたリリカルな演出が光る。
亡命から連想する「走る」という単語が無垢な子供たちによって別の意味をもたらしているのが凄い。
>>続きを読む

君はひとりじゃない(2015年製作の映画)

4.8

家族の死から父と娘が再生していく過程を独自の視点で描く家族ドラマ。

おお、ラストでこう来るとは。一本取られました。
劇中の台詞で「ブラジルでは霊媒が医療で活躍している」という説明があり、本作品はまさ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

ジョン・リー・ハンコック監督。

マクドナルド・コーポレーションの創業者、レイ・クロックの伝記ドラマ。

ポスターのコピーに「英雄か。怪物か。」と書かれているが、そのとおり英雄であり怪物であった人物の
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.1

凄過ぎて言葉を失った笑 CGがもっと綺麗だったらより完璧だっと思う。 ジェイク・ギレンホールは裏切らない。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

2.6

ギャヴィン・オコナー監督。

「表の顔は会計士、裏の顔は凄腕の殺し屋」

興味をそそるコピーであるが、実際には主人公が自閉症であることが一番の見所となっている。
つまり、自閉症者の成長諶なのだが、詰め
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

入江悠監督。

時効を迎えた連続殺人事件の犯人が現れたことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。

評判が良いので鑑賞。
前半の所謂”邦画感”(『予告氾』の駄目な部分が前面に出た様な)があまりにもダ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.6

米林宏昌監督。

魔法の花を見つけた少女の冒険譚。

ホウキ、黒ネコといった魔法使いを連想させる記号は感情移入しやすいものがあるが、いかんせん脚本が微妙すぎる。
冒頭の20分以降は眠気を耐えるのに必死
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.4

チャド・スタエルスキ監督。

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが世界中の殺し屋に狙われる話。

前作を超えた。
マイケル・マンの『コラテラル』とマシュー・ヴォーンの『キングスマン』の影響を受けた今作は、最
>>続きを読む

>|