Takさんの映画レビュー・感想・評価

Tak

Tak

映画(992)
ドラマ(3)

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

2.0

長い長い3時間でした。
タイトルだけで「ニューシネマパラダイス」とか「オリヲン座からの招待状」的なものをイメージしていたのですが、全く違いました。
三人の若者が映画の世界に入り込み、さまざまな時代の戦
>>続きを読む

FLU 運命の36時間(2013年製作の映画)

3.2

アマプラのあらすじに騙された!
感染者がゾンビ化云々とありましたが、ゾンビの要素は一切ありません。

スエ演じる女医の身勝手、自己中心的な行動にイラッとしてラストの感動が半減。

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.8

なにこれ!?面白い!
少し古い作品なのにどうして今まで知らなかったんだろう。

ストーリーの展開、キャストもいいですね。
「鍵泥棒のメソッド」の.....。あー!納得です。
存在感の薄いムロツヨシとい
>>続きを読む

グレン・ミラー物語(1954年製作の映画)

3.7

音楽に詳しいわけではありませんが、どれも耳にしたことのある曲ばかり。
「ムーンライトセレナーデ」「茶色の小瓶」「ペンシルベニア6500」「インザムード」...etc

伝記としてはあっさり流した感じで
>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

2.9

外の世界を知りたい藩主の娘。
極貧の生活から抜け出したい下級武士。
長年潜伏している公儀の隠密。等々いくつものエピソードを盛り込もうとして、それぞれが中途半端、薄っぺらになってしまった印象。
ラストの
>>続きを読む

ダークハウス(2015年製作の映画)

3.0

う〜ん、全く怖くない。
ストーリーもエンディングもありきたり。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.8

反抗期で口もきかず、態度の悪い娘。
腹に据えかねた母親は、娘が態度を改めるまで、毎日のお弁当で嫌がらせする事を思いつく。
高校生には似合わない可愛いキャラ弁、海苔で描いたお笑い芸人の似顔絵、お小言のメ
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.7

「泣いちゃうのかなぁ」などと思いつつ鑑賞。....まんまと泣かされました。

幼い娘を遺して妻に先立たれた健一(山田孝之)親族の申し出を断り、自分の手で娘を育てようと決意する。

自分が同じ立場だった
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.5

フィルマでの評価が高かったので駆け込みで観てみたのですが....ウ〜ン、私には向かない。

四姉妹のワチャワチャ、ベタベタ感には馴染めませんでした。

20歳よ、もう一度(2015年製作の映画)

3.6

韓国版、日本版に続いての本作。
ストーリーは、ほぼ々々韓国版と同じです。
おばあちゃんが愛してやまない歌手がオーヤンフィーフィーで、最初に披露する歌も聴き覚えのある曲だったので親近感はありましたね。
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.6

「ロングショット」では知的で美しかったシャーリーズ・セロン
本作では強く逞しい姿を見せてくれます。
若手の女優キキ・レインとの肉弾戦も頑張ってます。

不死という特徴を生かした戦い方にもう一捻り欲しか
>>続きを読む

グレイハウンド(2020年製作の映画)

4.3

いやーこれは面白かった!大きなスクリーンで観たかった。

1942年北大西洋上、イギリスへ物資を運ぶ商船団。
商船団を護衛する駆逐艦「グレイハウンド」とUボートの息詰まる攻防戦。

姿を見せないUボー
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.0

うーん。納得いかない。腑に落ちない。
社会批判や風刺が盛り込まれているようですが、映画を単純に気分転換、気晴らしとして見たいだけの私には合わないようです。
「ゲット・アウト」は楽しめたのですが....
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.6

担任をしている生徒に幼い我が子を殺された教師の復讐劇。

我が子の身に起こった事。その報復のために自分がした事を、無表情に淡々と語って聞かせる松たか子が怖い。名演。

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

3.5

主人公の顔がちょっと苦手。特に目。
派手なアクションは有りませんが、ストーリーは楽しめました。
1時間40分とコンパクトなのもGOOD!

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.6

ただただ竹内結子の美しさと、癒される声を堪能する2時間でした。

中村獅童?居ましたっけ?

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.0

とにかく沢山の人が死にます。簡単に死にます。ハンザキ並みにしぶといキャラもいますが...。
得物は刃物がメイン。包丁と斧、時々動物の骨、当然大量の血糊。
警察は笑うほどポンコツ。
重く救いがない展開。
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.0

フィルマでの評価が良かったので期待していたのですが....残念!私には合わなかったようです。
山崎賢人の演技が薄っぺらに見えてしまって。
戦の最中に台詞が多くて、間延びして感じました。
そうそう!長澤
>>続きを読む

レッドカーペット(2014年製作の映画)

3.5

ポルノ映画の監督と、過去に子役で名を馳せた売れない女優のラブコメ。
ポルノの撮影シーンはそれほどエロくなくクスッと笑える程度。うん!それでいいと思う。
気まずくもならず楽しく観れました。

U-571(2000年製作の映画)

3.5

突っ込みどころ、都合が良すぎる点などは有りますが、潜水艦物独特の緊張感はやっぱオモロイ。

監視者たち(2013年製作の映画)

3.7

韓国警察特殊犯罪課
チームワークと忍耐力で犯罪グループのリーダーを特定、追い詰めて行く。
ディスプレイ上の犯人と捜査員の光点が近づくシーンは緊張感がある。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

きっかけは「やっちゃダメ!」と言われたことをやっちゃうおバカな清掃員。
主役は冴えない高校生の男の子三人組、プラスグラマーなお姉さん。
グロあり、お色気あり、気楽に楽しめるゾンビ映画。
ホームセンター
>>続きを読む

ジェーン(2014年製作の映画)

3.3

馬に跨り土ぼこりにまみれ、銃を撃つ。
新たなナタリー・ポートマンを見ることができました。

ハッピーログイン(2016年製作の映画)

3.6

脚本家と若手の俳優。
小料理屋の主人とベテランCA。
障害を抱えた作曲家と駆け出しプロデューサー。
3組それぞれの形のラブストーリー。
重くなく、気楽に見れていい気分転換になりました。

シークレット・ミッション(2013年製作の映画)

3.8

南に潜伏する北朝鮮の工作員。

安いコメディかと思えば....。
貯金通帳を見せられて泣くとは思わなかった。

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

3.8

犯罪者グループに育てられた少年。

韓国映画らしいと言えば、らしい映画。
生々しい傷口、大量の血糊、予想の斜め上を行く救いがない展開。
度々思うけどこの手の韓国映画を見るときは体力(耐力)が必要。
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

4.0

事前の情報一切なし。劇場でチケットを衝動買い。これが当たりでした。

最初のミッションの件りは「ニキータ」みたいだなと思ったら、なんだ!リュックベッソンじゃないですか。ナットク。
アクションは派手では
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

ムビチケ買って2ヶ月半、待ちに待ってこれか〜!?
出演陣が豪華だったので期待していたのですが...。
ストーリーというストーリーもなく、ただ淡々と時間が過ぎるだけ。
主役二人の抑揚のない演技も私にとっ
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.7

悪い奴はとことん悪く描く。
分かりやすい勧善懲悪のストーリーですね。
女性刑事ミス・ボンの前蹴りが冴え渡ってました。

フライボーイズ(2006年製作の映画)

3.7

第一次大戦中アメリカ参戦前、志願して仏軍パイロットとして活躍した若者たちの物語。実話ベース

ライト兄弟が初飛行に成功してわずか15年後。
主役の戦闘機は布張りの複葉機、又は三枚翼。
これまで見てきた
>>続きを読む

コードネーム:ジャッカル(2012年製作の映画)

1.0

フィルマを始めて約3年
初めて最後まで見ていない映画をあげます。

コメディのつもりなのでしょうが、これがまったく、ひとっっっも笑えない!
しかも、出てくるキャラクターがいちいちうざったい!イライラさ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.3

17才の一途な想いに翻弄される45才の中年男。

大泉洋も小松菜奈も嫌いではないのですが。
う〜ん 全く心に響かなかった。
私の心は乾いてしまったのか?

最近の陸上のスタートは「位置について。ヨーイ
>>続きを読む

頭上の敵機(1949年製作の映画)

3.4

第二次大戦中、爆撃機の基地を舞台にしたヒューマンドラマ。
任務遂行のためには冷徹になる必要があるが、部下を思いやる気持ちとの狭間で苦悩する指揮官。

戦闘シーンは実際の記録映像とのこと。
片翼を失い、
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

登校初日、オギーを見送る両親の気持ちを考えると胸が締め付けられる。

どうしても避けられないいじめ問題、分かってはいても見るのは辛い。

孤独を感じつつも、優しくオギーを見守るお姉ちゃん。褒めてあげた
>>続きを読む

アウト&アウト(2018年製作の映画)

3.6

お前を残して死なない。約束する。
約束が守れなかったらどうする?
その時は、俺は死んでるから勘弁してくれ。

描かれた世界観、笑わない遠藤憲一さん、大人びた物言いの白鳥玉季ちゃん、良かったです。
要潤
>>続きを読む

青い塩(2011年製作の映画)

3.4

ソン・ガンホだったら間違い無いかなと思い見てみましたがビミョーでした。

登場人物と複数の組織の相関関係がいまいち分かりにくかったです。
アクションとバイオレンスシーンも韓国映画の割にはおとなしめに感
>>続きを読む

>|