Qooさんの映画レビュー・感想・評価

Qoo

Qoo

映画(91)
ドラマ(0)
  • 91Marks
  • 89Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.3

内容自体は、ありきたりかなと思ったけど、ダンスと曲めっちゃカッコ良い。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

どの曲も曲調心地よく歌詞も良かった。
ニューヨークの屋外で撮る風景も曲と合わさってステキ。
イヤフォンデートステキだなぁ、何も特徴のない景色も音楽があるだけで特別なものになる。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.1

音楽が好きで評価も良かったので観てみた。
音楽の歌詞がすごく良かった。繊細な気持ちを表現したバラードもあり、世の中に対する湧き出てくる感情を表現した歌や好きな人を思う歌など。。
少しでも勇気を出して一
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.0

サリエリの心理的描写がとても素晴らしかった。
どこまで事実か分からないけどその描写を通じて、天才モーツァルトの生涯を見れたことは貴重だった。改めてモーツァルトの音楽を聴きなおそうと思った。
モーツァル
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.6

リメンバーミー の意味が映画を通して、とても意味のある大事な言葉だと思った。
先祖様を敬い思い出し感謝する心、家族への愛、そして音楽の素晴らしさ、大事だと思った。
映像は本当に華やかで綺麗だった。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.3

話は思ってたのと違って少し困惑したけど、レディーガガの歌は良かった。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.0

あの名曲がこのメンバーの歌だったんだって改めてこの映画で知った。
ボヘミアンラプソディーを先に観ているから、グループ歌手の陥る問題の難しさなど被る部分が多かったなぁと思った。
栄光や名声を手に入れても
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

世界的に認められるには、血の滲む努力が必要なんだなと、伝わって来たけど、そこまでする必要があるのかと思ったぐらい。
主人公が他のものまで犠牲にして取り憑かれてる描写が辛かった。2つのことを追いかけるこ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

Queen の歌がどのように作られたとか、バンドの雰囲気が分かって、益々Queenの歌に興味を持った。
フレディマーキュリーの孤独感なども伝わってきて、バンドの結束力も泣けた…
最後の場面は圧巻…!!

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.5

ストーリーとしては大道。
決勝でのパフォーマンスと歌が映像で観れるのがテンション上がって良かった。2とラストは機会があれば観ようかな。
アナ・ケンドリック可愛い

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

成功すると、より大きな成功や名声を求めてしまう。
その成功を突き詰めてしまうと、大事な人たちをツールでしか見なくなってしまう。
成功や名声は大事だけど、それ以上に大事にしたいものを忘れずに。歌、魅せ方
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.0

主題歌は口ずさんでしまうぐらい良い曲。映像もさすがディズニー、とても綺麗だった。
話の内容はあまり理解出来なかったな…

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.7

前作のマンマミーア!は映画、劇団四季、ブロードウェイでも鑑賞しに行った。
やっぱりミュージカル映画は幸せになれる。テンション上がる!
しばらくサウドトラックで毎日のテンションを維持しようと思えた笑
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ズーッと観たかったプーさん映画。予告動画から癒されてた。
実写版でも裏切らないディズニーさすが。
何もしないことも大事。そのカバンは、大事なものよりも大事なのか…私も働きすぎだと思う毎日。この映画の名
>>続きを読む

図書館戦争 THE LAST MISSION(2015年製作の映画)

3.5

図書館戦争シリーズ、他のものを観ずに、この作品を最初に観た。
図書に限らず行き過ぎた規制は、このようになってしまうんだろうなと思った。
知ってる俳優陣がたくさん出てて面白かった。

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.5

ミニオンズ可愛い、癒された。

たまに理解できる日本語や英語、スペイン語とタイ語など面白かった。

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.0

やっと3作全てを観れた。
ギリシャの風景が素敵だなと思う一方で、今回の2人の長い会話では男女の考え方の違いを客観的に知ることが出来た。感情的であってもあんなに自分の考えを持って相手に伝えることが出来る
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

フランスパリの綺麗な情景の中で、2人の会話がすごく素敵だと思った。サンライズをたまたま8年前の機内で鑑賞してからの本日鑑賞。
前作の方が好きだけど、知的な2人の会話が引き込まれた。運命って何?結婚って
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.5

どんな話なのか全く知らずに鑑賞。
なぜ初対面で2人が惹かれあったのか、初めはよく分からなかったが、終盤で話の筋が通った。
マーニーの過去に涙、色彩が綺麗だった。

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.0

家族の絆って大事だなと思った。これから先、AIとかネットの力が大きくなっていくだろうけど、人間を、超えて欲しくないな…
ネット依存はしてないけど、直接の人の繋がりを大事にしようと感じた。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

どの役者の演技も自然体で話の中に引き込まれていった。
家族とは血の繋がりだけを言うのか。また善いことと悪いこと両方の側面をもつ家族の行動について考えさせられた。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.5

言葉って時に人を傷つけ、時に人に良い影響を与える。
発しなければ何も伝わらないけど、ちゃんと思っていることを正確に伝えるように言葉を使いたい。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

4.0

ブレイク・ライヴリーが美人すぎる。
老いていくことに、マイナスのことしか考えられなかったけど、
この映画で一緒に老いて行ける人がいる幸せってあるんだなと思った。

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

4.2

イタリアの綺麗な街並みが素敵だった。
素敵な言葉を使えること、見習いたい。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

所々にハリーポッター上で出て来たキーワードが出て来て面白かった。
続編に期待したい。
魔法動物もそれぞれキャラクターがあってユーモアのある映画だった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

歌、踊り、ピアノどれも余韻が残った。ミュージカル映画はやはり面白い。
2人は、2人のそれぞれの夢を叶えために絶対に出会うべき人だった。
今の自分があるのは、自分の努力だけじゃなく、支えてくれる人のおか
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.8

実話だとエンディングで知った。

自分のことで精一杯にならず、相手のことを考えれる暖かい人になりたいと思った。

ソルト(2010年製作の映画)

3.0

アンジーはかっこよかった。

ストーリーは、難しくて、結局ソルトは何者か何をしたいのか、よく分からなかった。

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.0

時代が昭和の東京オリンピック前の設定。
レトロな雰囲気が良かった。

ジブリのヒロインはいつも芯があって、女性らしい。

>|