Kuritaさんの映画レビュー・感想・評価

Kurita

Kurita

なんとなくはじめましたが、映画好きな人たちの趣味やオススメが知れて、楽しんでます。

映画(446)
ドラマ(0)

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.2

超大傑作。
身勝手すぎる話なのに、なぜかtofubeatsの主題歌に涙が流れてしまいます。

分かり合えない決定的なものに対して、映画を使って肉薄しようとする、美しく無謀な挑戦。

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.9

体調不良で休みがちでも、一度ステージに上がれば、周りを魅了して引きつけてしまう。
そんな平手さん本人をそのまま原作から引き出してきたかのような、当たり役でした。

作劇の中に現実が溶け込んできて境界が
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.6

原作をほぼ再現しても、映画は漫画にはならないし、漫画でのリアリティと映画のそれは違う、ということを見せつけられた後に流れる小沢健二の主題歌を聴いて、

これは小沢さんと二階堂ふみさんからの岡崎京子さん
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

予告編で"キングコングの続編か?"と思わされるような迫力ある映像をみていたので、期待して見始めたのです、が。

うん、期待通りに期待を裏切っていく、なんというか普通の馬鹿映画でした。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

いやはや、おもしろかったー。

全然スリルは無いけど、そこが凄いと思いました。
スリルとかサスペンスとか無くても、豪華さと爽快感だけで二時間弱楽しくみてられる。

それを主要キャストは女性だけで作り上
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

近所の小さなシネコンが2時間前に満席になるような盛り上がりの中、ようやくに。

正直上がりすぎたハードルに不安でしたが、まさに誰が観ても面白い素晴らしい作品でした。
ただ、何を言ってもネタバレになりま
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

評判高いのでハードル上げて見たのですが、うん、松岡茉優さんの一人芝居でした。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

いまやスタンダードになった"パンズラビリンス"から早20年余り。久々に見る"本気のデルトロ作品"。

こうゆうのが観たかったんだって気持ちと、結局オタク愛に回収されてくのかって気持ちと、これで今までで
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

続けて見たからか、"コードギアスUSA実写版"と感じました。
ダークヒーローが大義のために一直線に進んでく話。
もちろん、細部は全然違うのですが。

ラストにフラッシュバックするオープニングのセリフに
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

こんな時代になってさ、ありとあらゆる配慮をしていたら何も言わなくなるとか言うなって。これをみてよ。

物語も手法も、現代と過去を見事に融合させていて、最後にこの結論。
劇場公開時に足を運ばなかったこと
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

この作品ならではのビジュアルと言語とのミックスを愉しむことができるか否か、で評価が分かれると思いますが、自分にはバッチリでした。
前作でむき出しだった政治性は今回もしっかり健在で、可愛く品良く荒ぶって
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.9

意外にも、今まですべて悪を体現していた彼に焦点を当てることにより、正義とはなんなのかを今まで以上に問う作品に。
定番化している”〇〇は次回作で帰ってくる"に入る彼の名前に驚きつつも納得。

今まで以上
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

こいつは素晴らしい!
手放しで最高でした!

"タンタンの冒険"での失敗!を無駄にしないスピルバーグ監督の粘り腰に感服しながら、同じ映画館で正反対ながらどちらも大傑作な監督作2作をハシゴできるなんて贅
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

途中の展開がどこまで真実かはわからないけれど、言葉の力が世界を動かしていくことに胸が震えます。

どんなに強面で振る舞っていた彼にも当然弱さはあり、それでも強面は崩さないで突き進む原動力は、国民の声で
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

話はよくある良い話だけど、映画の構造が全てを超越してる。
クライマックスが過ぎて大団円を迎えたときに、フィクションとノンフィクションの間にある薄皮がなくなる。その瞬間こそが真のクライマックスなんです。
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

ララランドと比較されて宣伝されていますが、前者より遥かにすぐれたミュージカル作品と思いました。
よく出来ていて見やすいので、まるでミュージックビデオのようにすんなり観れて、劇場から出たら忘れてしまうほ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

ジャッキーロビンソンやジェームスブラウンを演じた彼が、ロッキーシリーズを見事に立て直した若き監督の元で、新たなヒーローを演じる必然。

物語は定型をでないですが、ドキュメンタリックな物語外への広がりを
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.7

単純明解なスカッとした映画を、
単純明解なスカッとした人が簡単に作れるわけはなくて。
単純明解なスカッとした映画を作るという職人のようなピーターバーグ監督の実力を世に見せつけた作品です。

楽しい!

羊の木(2018年製作の映画)

4.0

前作"美しい星"からの流れをくんだ吉田監督の新作。
設定は抜群に面白いし、ロケーションもハマっているし、それぞれの役者さんの当てはめ方(優香さん!TOM‼︎)も素晴らしい。つまり、作品全体を監督か上手
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

前作で可愛らしいキャラクターを借りて移民について描いていたシリーズの二作目。
今作ではすっかり移住先での生活に溶け込んでいて、移住二世三世がアイデンティティをどのようにして保っていくか、ともとれるよう
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

怒りと赦しの、くりかえしの話。
一番対極にいたはずの人とのラストシーンを思い返すだに、胸がいっぱいに。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.8

物語の手際が良い。
理屈があるし、物語内で辻褄があっている。
次回作にスムーズに繋いでいる。
なにより、ゴジラが圧倒的に強くてカッコ良い。

コンパクトな時間にまとまった、優れた怪獣映画と感じました。
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.8

個人として、サイタマノラッパー一作目のカタルシスに参ってしまって以来、贔屓目で見てる入江監督なんですが、贔屓目抜きで、ついに辿り着いた到達点。

序盤から不穏な気配満載で、いきなりの手加減のないバイオ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

"アメイジングスパイダーマン"を見ていないので、久々のマークウェブ監督作品でした。

誰の目にも特別すぎる才能を持ってしまった人を、どのように育てて生かしていけばよいのか?
"ドリーム"は史実を絡めて
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

予告編での"今回はコメディです"という前振りと、予想以上の口コミの良さに惹かれて。
見終わった感想は"ガーディアンズとアヴェンジャーズとのブリッジとしてのパーツなんだな"と。

アヴァンタイトルからオ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

前作を見返してから公開日に鑑賞しましたが、これは全てが素晴らしい。

前作の精神そのまま、人間とは?レプリカントとは?との問いかけはそのままで、立場を逆転させて、観客までも巻き込んで、ラストシーンでの
>>続きを読む

野良犬(1949年製作の映画)

4.0

まず拳銃を無くしてしまう主人公に、最初にオードリーの初期コントを思い出してしまうのは、自分がどうかしてるのですが。
前作にあたる'酔どれ天使"で黒澤監督作品に加わった若き三船さんに加えて、今作では遂に
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.9

旧シリーズ含め全作に目を通しているので、序盤でのコーネリアス登場に声が出てしまいました。

猿視点で描かれる新シリーズは旧シリーズと比べて桁違いに平均点高いのですが、今作も同様。
今回はあまりに"地獄
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

何を取っても高水準で文句のつけようがない。一言で言えば、そうゆう作品。

物語には芯が通っていて揺るがない正しさが提示されているし、音楽は当時の黒人音楽を現代からの再解釈+高値安定のハンスジマーも加わ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

ジャームッシュ監督作品は何となくオシャレすぎる気がしてあまり観ないでいたのですが、時間があったから入ってみたこの作品でイメージが変わりました。

ある一週間中の一日ずつを大体同じ時間/大体同じ構図で切
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

はじめて聞いた時に驚かされる邦題に対することや、遅すぎる日本公開タイミングのこと。それが吹き替えメインのこと含め、マイナスな話題が尽きない中でも観た人誰もが高評価、すでに名作の呼び声が上がっていますが>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.8

ウルトラQからセブンまでの円谷プロ的世界観を、黒沢清作品独特の光と陰で作り出すサスペンスで捉えたら、こんな感じになりました。

"岸辺の旅"で黒沢清作品にすっかりやられてしまった、つまり新規なのですが
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

裁判劇ではあるけど、事実を争う話ではない。メインビジュアルにある雪の山と、全体に流れるキリスト教的な世界観から、是枝監督作品の中では"ディスタンス"を思い出しました。

ガラス越しに向き合う二人の男、
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

中国公開初日に。
一週間と一日と一時間と。三つの視点が切り替わりながら交差する展開がスリリング。
最初から最前線に放り込まれる様な唐突さで進んでいくのですが、関係性を実際見せることで理解させる、説明し
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

せっかくなので、SUBARUの街で鑑賞。

ジョンスペンサーブルースエキスプロージョン"ベルボトム"のリズムに乗って、銀行を襲う、そして逃げる一味を描くオープニングから、音楽と映像のリズムがあって進ん
>>続きを読む

>|