AyakaKusadaさんの映画レビュー・感想・評価

AyakaKusada

AyakaKusada

映画(89)
ドラマ(0)

アマルフィ 女神の報酬(2009年製作の映画)

3.3

黒田さんが兎に角かっこいい。
外交官もカッコよく見える。

真実はいつの時代も国によって人によって異なっていて。それが自分のためなのか人のためなのか。そんなぐちゃぐちゃした中でもカッコ良く生きる人って
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.5

世界観がかわいい

ポップなカルチャーの中に大事なものを伝えてくれるディズニー作品はやっぱり良い。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.8

永遠の友達ってここまで深くで長いんだよな。そんな友達って少ないんだけどだからこそ大切にしたい。
何も考えずに大きなく口開けて笑いあった日々は一生の宝物。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

今というこの瞬間の見方がめちゃくちゃ変わる。良い時も悪い時も全てが運命なんだと。

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

3.5

本で読んだことはあったけど、こんなに心落ち着く物語だっけ?!
聴覚、視覚共に癒されるものばかり。
こんなお家に住みたい。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.0

くちびるに歌を
心に太陽を。

自分の生きる意味はみんなそれぞれあるんだ。幸せなことも悲しいこともあるけど、今を生きよう。一歩づつ進もう。

横道世之介(2013年製作の映画)

3.5

1人の生き様や存在が周りにこんなにも温かく残るんだな、なんと言うかこの雰囲気をずっとみてたい感じ。
その人らしさを伝えている作品。
愛し愛される純粋な人が他人の心に残り続けると思う。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

信頼や信用を売る時代と言われてるけど、
そういう考えを前提に持つんじゃなくて誰にでも何十倍の愛を与えられる人になりたい。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃ良かった。
一人ひとりが違って、悩みを持ってて、
それにきちんと向き合えてる主人公の家族の温かさが素敵だったし、
前に突き進んでいくオギーを取り巻く人たちが少しずつその温かさをもらって愛を
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

思ってたより深くないようで、よくよく余韻に浸ると深いような内容。
何だかもやっとする。
お金で繋がってるのか、血縁なのか、絆なのかー。家族という社会コミュニティをどう捉えるべきか考えさせられる。果たし
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

家族っていいな。何気ない会話、お互いがお互いを頼って気遣って喧嘩したり笑いあったり、人間らしくてとても好き。

神様メール(2015年製作の映画)

3.2

世界観が聖書分かってたから面白かった。
ぼんやりと観れる感じだけど何だかこの作品の深みもあって不思議。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

人間の憎しみってこんなに怖いんだ、苦しいんだ、傷つけるんだ。
人間の素敵な部分を最大化させたいし、そんな世界で私は生きたい。
こういう作品みると、心が苦しくなる。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

スポーツをめちゃくちゃやってた訳ではないけど、努力の姿は本当に美しかったし親子の葛藤を乗り越えて行く姿も本当に素敵だった。
本当にこういう成功例は一部だとは思うけど、自分に勝つということが周りにも認め
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.2

希望という言葉について考えさせられる作品。自分にとっての希望は何か?
希望を追い求めるために頑張れる社会か?
追い求められない理由は何なのか?

希望は人の生きる原動力になる。
恵まれている人ほどそれ
>>続きを読む

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

2.5

YUIがただただ可愛い。下手な感じも含めて愛されるキャラだな。恋愛もこんな感じでピュアにできたらどんなに良いんだろ。

>|