なーさんの映画レビュー・感想・評価

なー

なー

映画(38)
ドラマ(1)

13日の金曜日(2009年製作の映画)

3.2

Netflixにこれしか無くて鑑賞
現代版な感じ

終わり方あんな感じなのね!(笑)
リメイク版じゃない昔のも観てみます。

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.5

長いなーと思ったけどラストで全部持ってかれた
去り際切ない...

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

予備知識を入れずに行って正解
そうきたか!という感じの伏線回収が面白い

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.7

any baggage?
No, I left the burden.

あってるか分からんけど...
「全て置いてきた」っていうセリフで泣けたー。

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.7

えっ結構良かったかも。
リアルだなー

主題歌これって知らずに、加藤ミリヤのアルバム先に聞いて知ってたから流れてびっくりした(笑)いいじゃん!

これ観たら大好きな人に会いたくなった。

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.2

うーーん
原作読んでみよ

主題歌がCharaでアガった

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

沢尻エリカが美しすぎるのと
蜷川実花の世界観が好きな私にとっては最高の映像だった
みんなクレイジーでイイね

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.9

美しくも不気味なおとぎ話
手に目玉の化け物が怖かった

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.9

最初のキスから、えええええ?現実じゃ有り得ない...っていうシーンが多かったけど(笑)ストーリーは素敵だった〜
ジュリアロバーツがひたすらに可愛い!

パラダイス・キス(2011年製作の映画)

3.8

矢沢先生の原作が天才
ジョージは向井理じゃないと思うけど、、

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

3.8

曲を知っていたから、そういうことかーと逆の発見
YUIの演技可愛い!

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

菅田将暉氏金髪サイコー!

レイプ男が死ぬほど気持ち悪かった

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

そんな音立てたらじいちゃん気づくやろーと突っ込まずにはいられなかった(笑)

最後はちょっとぞっとした。

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

最後全てを悟ったジェーンの表情が...良かった

音楽しかない、絶望の淵でもジャズ、トランペットしかない

そんな風になりたいと思った

モーリス(1987年製作の映画)

4.5

好きな人と一緒にいるだけで罪になる時代

モヤモヤが残る観心地だった

みんなみんな苦しんで居た...

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.7

It was really amazing...
美しい映像、恋、表情...

切ないけれど羨ましく思った
お父さんの最後の言葉でうるっときた

途中のアプリコットで遊ぶシーンドキドキしましたわ...

ラブレス(2017年製作の映画)

3.3

冷たいただ冷たい

息子の泣き顔が終始脳裏から離れない

人間は同じことを繰り返すのねって感想


色々余白が多いから、観終わった後も考えさせられる映画でした

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.9

胸糞悪い(笑)でも結構好き
最後の終わり方が色々想像させられて良かった

ペット(2016年製作の映画)

3.8

帰って愛犬に頬擦りしたくなる愛おしい映画だった

キャロル(2015年製作の映画)

4.3

美しい映像と恋。惹かれ合うんだもの、しょうがない。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.8

途中で誰の仕業か分かって、ああ、だよねだよねって自分の中で納得しながら進んで行った感じ。
結局男は美人に弱いってのと、、(笑)
幸せってなんだろうな〜と考えさせられる。ルイみたいな幸せもあるだろうな
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

とーってもハートフルで、考えさせられる映画だった。
”他と違うから“
小さな子供にも意思はあって、周りにはそれを押さえつける権利はない。
天才的な才能を伸ばすか?みんな同じ、子供らしい生活をするか?
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.6

何度も観ちゃう!大好きな世界。
この映画を観ると気が引き締まるし、今一度自分自身を爪先から頭の先まで見よう、そして磨き直そうという気持ちになれる。
私が要所要所で返るバイブルのような映画。
いつかあん
>>続きを読む

幸せになるための27のドレス(2008年製作の映画)

3.3

何でも要望を叶えようとする主人公に自分が重なり、共感する所が沢山あった。
妹とはいえ、あの嘘には腹が立った。
いつの日も結婚式は憧れであり幸せという訳ではない。時代は変わってきている。
ドレスを着る事
>>続きを読む

>|