LUKESISさんの映画レビュー・感想・評価 - 15ページ目

LUKESIS

LUKESIS

映画(516)
ドラマ(51)

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

5.0

傑作。
会話、顔芸、メッセージ性、オブジェ、仕草、間、アレックスの部屋、食べ方、上げればキリがないくらいあちこちツボだらけ!
笑えるシーン多いし、細部までセンスが光ってて、古い映画だけど今観ても全然色
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

4.5

わたしはこれでシバロマを覚えました。

かなりのパンチ。
韓国映画って“とことん”感が凄いなと思ったきっかけになった映画。

one of my favorite korean films.

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976年製作の映画)

5.0

これが一番好きな回。
粋なラストにグッと来る。
牡丹演じた女優さんが若くして亡くなられた話を母から聞いた。無念。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.5

2回目。
手に負えない様なスティーブも愛しいし、ダイアンもカイラもみんな最高。
カイラなんて他人なのに素晴らし過ぎ、中々いないよねあんな人。

ツボって笑い死にそうになってるカイラにこちらまでつられ笑
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.8

サマー罪な女だなって思うけど、ちょっとわかる...w
その時自分が惹かれた道(男)を選んだだけ。オータムと幸せになってねと思ったラスト。
全ては必然なんだろうと感じさせられる。

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

4.5

子供の頃大好きだった。馬が沈んじゃうシーンで泣いた。ファルコンのかわいいルックスと声のギャップw とかスフィンクスの間走り抜けるハラハラとか、全部たまらなかった。
2からはひたすら幻滅w

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

3.8

彼なりの探し方。
大自然の中での人間のちっぽけさを感じる。
観終えたあと、現実社会とのギャップだとか色々思うと余韻が残った。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

4.7

中学生の時映画館へ観に行った。
アンジェラ15歳の日々で大好きだったクレアデーンズとレオナルドディカプリオの組み合わせにテンション上がりまくった。
サントラも大好きで、映像も美しくて、号泣しながら映画
>>続きを読む

サラの鍵(2010年製作の映画)

4.0

胸が苦しくなる話。引き裂かれながら母が子に愛してるとだけ必死に告げるシーン、弟を助けに家に戻って扉を開けるシーンは特に印象的だった。
てかフランス警察の非道さがヤバい。

|<