明石ですさんの映画レビュー・感想・評価

明石です

明石です

映画(417)
ドラマ(20)

スネーク・アイズ(1998年製作の映画)

4.5

ニコラスケイジ主演のサスペンス映画。ブライアンデパルマ監督が「ミッションインポッシブル」を大ヒットさせた後の作品。

非常に良く出来たプロットで、個人的にはMIよりよっぽどハマれました。登場人物の抱く
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.8

良い!
往年のクリントイーストウッドは偏屈爺さん役がよく似合いますね。最初は白人以外の人種を差別していたお爺さんが心優しいアジア系青年との出会いで少しずつ変わっていくお話。

「運び屋」と似たストーリ
>>続きを読む

ファントム・オブ・パラダイス(1974年製作の映画)

3.7

ブライアンデパルマ監督初期のミュージカル映画。レコード会社に曲を盗まれた作曲家の悲劇を題材にしたミュージカル映画。

いかにも70年代の実験的カルト映画といった感じで「こんな映画も撮れるんだぞ!」とい
>>続きを読む

愛のメモリー(1976年製作の映画)

3.7

ブライアンデパルマ監督初期の隠れた名作。
脚本はタクシードライバーのポールシュレイダー。
「愛のメモリー」って、放題がなんだか安いメロドラマみたいですが、こりゃまた面白い作品を見つけてしまった。原題の
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.1

今敏監督の(中でおそらく最も有名な)作品ということで期待して見ましたが、正直何が面白いのかよく分かりませんでした。

不思議な世界観といえばそうですが、話にまとまりがあるようで全然ない。とにかく自由な
>>続きを読む

ズーランダー NO.2(2016年製作の映画)

3.4

ズーランダーの15年越しの続編。前作に続き視聴。前作を遥かに凌ぐおバカ映画でした。

冒頭の5分で前作からの10年間に起こったことがまとめられてるのですが、その5分で大爆笑。ただ中盤以降は、、はちゃめ
>>続きを読む

バルカン超特急(1938年製作の映画)

3.4

走る列車の中から女性が疾走、主人公1人だけがその存在を知っており「女性が消えた」と主張するも乗客は皆知らん顔。主人公は精神異常者と勘違いされてしまう、というお話。

人が消えて、主人公だけがその存在を
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

4.3

て、天才だ!今敏監督…
たった90分足らずなのにここまで内容濃い映画は久しぶりに見ました。また時間空けて繰り返しみたい作品です。ラストの後味はあんまり良くないですが、それもまた良き。

ズーランダー(2001年製作の映画)

4.1

ベンスティラー主演の愛すべきおバカコメディ。
特にカッコ良くもないしスタイルも良くないし頭も良くない主人公が、自分はカッコいいと信じてスーパーモデルになる話。

ベンスティラーは「フレンズ」で興味を持
>>続きを読む

ミッドナイトクロス(1981年製作の映画)

4.4

映画音響技師の主人公が、川に落ちた美女を助け出したことをきっかけに、陰謀に巻き込まれるお話。

原題の”Blow out”はパンクの音、もしくは銃声。車の事故は皆パンクによるものだと思っているけど、音
>>続きを読む

ロープ(1948年製作の映画)

3.5

男2人が友人を絞殺し、その友人の両親や恋人、旧友を招いてパーティを開く(しかも殺した友人の遺体が入った箱を食卓にして!)というなんとも悪趣味なお話。

1948年の作品ですが、すべてのシーンをワンカッ
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

3.5

ハラハラするシーンの連続で、なかなか楽しめましたがラストはよく分からず。
序盤はフリードキンの作品らしく本編とは直接関係のない(かつ何のためのシーンなのか中盤まで見ないとわからない)シーンの連続で、い
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.7

面白かった!!
ご都合主義を映画にするとこんな作品になりました。って感じの映画笑。久しぶりにこんな楽しい映画を見た。
今敏監督の作品は今日明日で全部見よう。。

フレンジー(1972年製作の映画)

3.7

ロンドンで暗躍する連続絞殺魔を描いたヒッチコックのホラー映画。往年のヒッチコックの名作の1つ。

絞殺魔の被害者と知り合いだったという理由で冤罪のまま終身刑を言い渡される主人公と、真犯人の2人。どちら
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.2

面白い!!途中までパーフェクトにブルーな展開だったものの、意外とラストの後味は良くて驚き笑。
今敏監督の映画は全部見よう!と思えた作品です。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

舞台は60年代。黒人のピアニストが白人の運転手を雇ってアメリカ南部を旅する話。
実話に基づいた物語。これは傑作ですね!!

差別主義者で教養のないマッチョなイタリア系アメリカ人のトニーと、エリートとし
>>続きを読む

フューリー(1978年製作の映画)

3.3

超能力者に生まれた男女2人の苦難を描いたSFサスペンス映画。主演はマイケルダグラスの父カークダグラス。

フューリーというタイトルは、父を殺され、父の仇に育てられた不運な超能力少年の怒りを表しているの
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.8

12人の陪審員が、殺人を犯した18歳の少年の有罪無罪を議論する(だけの)話。

自分が正しいと疑わない人々が怒りながら議論する。最初は皆思考停止で「有罪」と決め付けていたのが、徐々に「無罪」に覆ってい
>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

3.5

脚を骨折して自宅療養中の主人公が、窓から他人の生活を覗き見しているうちにトンデモナイ出来事を目にしてしまう話。

開け放たれた窓から、近所の人々の生活を覗き見る冒頭のシーン。そこにはベランダに布団を敷
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.1

話が難しくてよくわかりませんでした。
トサキントみたいな名前の人が黒幕だったみたいですが「誰?」って感じで驚きがあまりなかった…

本作はブライアンデパルマ監督作ということで見ましたが、おそらく2以降
>>続きを読む

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

4.6

これは…傑作!!
ここまでレベルの高いサスペンスが作れるなんて、どれだけ頭良いんだ、、と素直に感心してしまった。

最初に手の内が明かされた上で物語が進んでいくので、クソ野郎なはずの主人公にどうどんど
>>続きを読む

カジュアリティーズ(1989年製作の映画)

4.2

ベトナム戦争での実話を元にしたブライアンデパルマ監督の作品。
主演はバックトゥザフューチャーシリーズのマイケルJフォックス、準主演はカメレオン俳優のショーンペン。

ベトナム戦争を題材にした映画といえ
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ3(2010年製作の映画)

3.9

3作目も安定のドタバタコメディ。
今作もたくさん笑わせてもらいました。4がないのが寂しいくらい…

ボディ・ダブル(1984年製作の映画)

3.2

閉所恐怖症の主人公が、一目惚れした女性をストーキングするお話。
設定から話の流れまで、ヒッチコックの「めまい」へのリスペクト(オマージュ)たっぷりでした。特にトンネルの中で目眩がして追っていた相手を見
>>続きを読む

レイジング・ケイン(1992年製作の映画)

3.8

多重人格障害を持つ殺人犯の苦悩を描いたサイコスリラー映画。
主人公は多重人格研究の第一人者である父親に育てられ、被験者とされた結果「人工的に」多重人格にされてしまった、という恐ろしい設定です。

多重
>>続きを読む

悪魔のシスター(1973年製作の映画)

4.8

ブライアンデパルマ監督のホラーデビュー作。これは、、傑作!!

主人公はケベック出身のフランス系カナダ人ダニエル。美しい容姿の彼女には、かつてシャム双生児だったという過去が…
「かつて」双生児だった、
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.7

アルパチーノがとにかくカッケー映画。
彼の出演作はたくさん見てきましたが、ヒートか本作が1番イケてる。
90年台中盤のアルパチーノが私的最盛期。

裏社会の闇にどっぷり浸かってしまい、抜け出せなくなっ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.8

クリントイーストウッド監督の映画。
アムステルダム発パリ行きの電車で、テロから乗客を救った3人の勇敢なアメリカ人をドキュメンタリータッチで描いた作品です。

イーストウッド監督指揮のもと、主役3人は本
>>続きを読む

白い家の少女(1976年製作の映画)

3.9

若き日のジョディフォスター主演作。
ジョディが13歳のサイコ少女役を演じていますが、違和感なさすぎて驚く。
私的に、ジョディフォスターの特筆すべきところは喋り方です。落ち着いていて大人びた知性を感じさ
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

アルゼンチン史上最悪の殺人鬼カルロスを題材にした映画。
天使みたいな顔立ちの少年が連続殺人鬼、というワクワクするお話でした。

44件の強盗を犯し11人を殺した凶悪犯ですが、残酷さをほとんど感じさせな
>>続きを読む

殺しのドレス(1980年製作の映画)

3.6

ブライアンデパルマ監督初期の名作。主人公が開始30分以内に◯される映画。
どんでん返し映画の部類に入るのかな?タイトルが若干伏線になっていますね。

娼婦役の女性が美しかった。「クリスティーン 」にも
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.1

冒頭でドアーズの曲が2曲も流れるシーンで「これは傑作だ…!」と確信。

ワーグナーの曲を大音量で流しながらヘリで爆撃するあの有名すぎるシーン、圧巻でした。映像も見事で、これが本当に70年代の映画?と疑
>>続きを読む

告発の行方(1988年製作の映画)

3.8

レイプを題材にした法廷映画。
最後まで真実が語られないため、何が本当なのか気になって一気見してしまいました。
当時のデータではアメリカでは6分に一度起こっていたらしいレイプ問題に立ち向かった作品。
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

4.9

人間の恐ろしさを生々しく描いたサイコホラーの古典的名作。サイコ映画の中では有名らしいのですが、初視聴でした。2時間以上の尺をちっとも長いと思いませんでした、、これは傑作!!!

人気子役として将来を嘱
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.9

90歳のおじいちゃんが麻薬の運び屋をする話。

仕事一筋で家庭を蔑ろにしてきた主人公が、90歳で初めて家族のために仕事をするのだけど、その仕事が運び屋。
ずっしり重たいテーマですが、美しい家族愛が描か
>>続きを読む

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

3.8

自殺願望のある19歳の少年と80歳のおばあちゃんの恋愛映画。
まさに「破天荒」を体現したような映画でした。

ラストが余韻たっぷりで素晴らしい。

>|