skynetさんの映画レビュー・感想・評価

skynet

skynet

映画はもっぱらテレビで視聴。ドラマも好きですが、最近見る時間が無くて2時間程度の尺で完結する映画の方が良かったりします。映画はノンジャンルで何でも好きですが、SFっぽいのが好きかも。

二重生活(2016年製作の映画)

3.2

そんな修士論文あるかい!と突っ込みたくなるが、哲学だとあるのだろうか。
尾行のシーンは一緒に人の秘密を探っているようでドキドキする。眼鏡をかけた門脇麦は普通の女の子みたいで、これならうまく気配を消せる
>>続きを読む

娚の一生(2015年製作の映画)

3.2

タイトルの娚という文字が読めなくて最初からつまずくが、本来は「めおと」と読むところをここでは「おとこ」と読ませるらしい。
ゆっくりとした話の流や官能的な部分を含めて雰囲気は良いのだが、主人公の家族描写
>>続きを読む

ダークシティ(1998年製作の映画)

3.4

ゴッサムシティのような夜の街の雰囲気がいい。
ストーリーの展開も早くてダレることは無いが、何だかよくわからないままに進んでいく。
そもそも異星人の侵略とかが絡んだストーリーって、壮大なようで、話が進む
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

スターウォーズ好きなので、まぁ良しとするけど、いくつか言いたいことはある。
3部作の真ん中なので、スッキリしない所があるのは承知の上なのだけど、謎がうやむやのまま終わってしまったものがあり、何だかなあ
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.7

いやぁ見応えがあった。あまりにも有名作で何となく避けていたが、やっぱり良かった。ジャンレノとナタリーポートマンだからこそ成り立つとも言えるんだけど、終盤に向けてその魅力を100%以上引き出している。カ>>続きを読む

ワイルドシングス2(2003年製作の映画)

2.8

1、2と連続で見たが、このシリーズはどんでん返しだけの映画だなと思った。まぁ何重にもどんでん返しが用意されているので、それはそれで楽しめるけど、よく考えると色々と矛盾点が見えてきてストーリーが薄く感じ>>続きを読む

ワイルドシングス(1998年製作の映画)

2.8

法廷のシーンあたりまでは、騙されたぁという気分だったのだが、その後は誰が誰と裏でくっついているのかが混沌とした状態に。
ラストも意外ではあったけど、どんでん返しも度が過ぎると、どうでもよくなってくる。
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.6

そう言えばパーレビ国王とか、ホメイニ氏とか聞いたことはあるが、こんな歴史背景があるとは知らなかった。そしてイランの群衆がアメリカ大使館に押し寄せて人質事件があったなんて…
この頃からアメリカはアラブ諸
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.4

森の中の施設の綺麗さ目を惹く。こんな所で一週間過ごすなんてどんな物語になるのだろうと期待させるのだが、その後は比較的単調。むしろその綺麗さが次第に人工物っぽく不気味に思えてくる。
AIと会話テストを繰
>>続きを読む

バイオハザード IV アフターライフ(2010年製作の映画)

2.6

ドライブ感で突っ走るアクション物として磨きがかかってきたが、バイオはもうこれで良いのだろう。
誰もストーリーを気にしていないし、完結することも望んでいない。主要キャラは絶対死なないし。
それにしても、
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.1

昔、通常の劇場版を観て、今回改めてディレクターズカット版を観たのだが、やっぱり今観ても斬新だ。
未来の風景を描いた映画は数多くあるけど、本作の影響を受けているものがかなりある。この日本崩れのアジアな雰
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2007年製作の映画)

2.0

原作は未読。バトルロワイヤル的なものを想像していたが、バラエティ番組の「逃走中」に近い感じで、あまり追われることへの理不尽さや緊迫感が感じられない。
この映画は設定だけで、内容は期待しない方がいいのか
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.4

前半はそれ程、尺の長さが気にならなかったが、原作には無いラストの先のストーリーを追加した事で、長いなぁと感じてしまった。
原作も上下巻なので1本に収めるのは難しいとは思うけど、広報室と記者クラブの軋轢
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.8

昭和最後の年、数日しか無かった昭和64年をタイトルにしたところが上手い(でも、実はそれほどストーリーに深い関係は無いのだが…)。
役者も重厚感があって映画に重みを持たせている。
実は原作を読んでしまっ
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.5

前作はちょっとエグいところがあったが、今作は慣れたのかそれほどエグいとは思わなかった。
まぁでもピッチングマシンはエグかったかな。
語尾に…コノヤロや、…バカヤロを付けるとアウトレイジになるって誰かが
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.8

やくざ映画は古臭い感じで基本的には好きでは無いが、このシリーズはその一線を超えていて、ある意味滑稽であり痛快な部分もあるので、これだけはちょっと特別。
それと、展開が早いのでダレることないし、最後まで
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.1

レビューしてなかったけど、コヴェナントを観たついでに思い出して書いてみた。
基本的にエイリアンの世界観が好きなので、久しぶりのエイリアンはどれも最高!なんだけど、冷静に考えると残念ながらプロメテウス&
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

コヴェナント最高。色々と矛盾はあるけれど、とりあえず我々のエイリアンとは何ぞや?と言う問いの回答が出た感がある。
ただ、こう言うものであると分かってしまうのはちょっと寂しい。ドラマとかも起承転結の起承
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.0

「眠りの森の美女」は王子様のキスで目が覚める所しか覚えてないので、こんな話と言われればそのまま受け入れちゃうんだけど、原作を知っている人には違和感があるんでしょうね。
幼いマレフィセントが人と恋をして
>>続きを読む

コロニー5(2013年製作の映画)

3.2

全く期待せずに良くある気象パニック物かと思っていたら、良い意味で裏切られた。
地球温暖化への対処として、気象を調整する装置を各地に設置したら、氷河期のようになってしまったようなのだが、その装置で何とか
>>続きを読む

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間(2013年製作の映画)

3.2

出だしは謎めいていて良い感じ。
主人公が家に帰るとロウソクの誕生日飾りが有るのだが、傍で奥さんが死んでいて、その直後に奥さんから電話がかかって来て「今、実家に帰っている」という不可解な状況。ただ、これ
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.3

ハリウッド版ゴジラの2作目ということで、前作が酷評だったので全く期待せずに見たが、これならイイんじゃないという感じ。
シンゴジラも生物の生々しさというかエイリアン的な気持ち悪いところがあったが、このゴ
>>続きを読む

上を向いて歩こう(1962年製作の映画)

3.5

曲のイメージからすると、もっと爽やかなストーリーかと思いきや、少年院から脱走した不良少年がドタバタを経て更生していくような話で、だいぶイメージとは違っていた。坂本九って歌っている映像しか見たことがなか>>続きを読む

ザ・ドア 交差する世界(2009年製作の映画)

3.1

過去に戻ってやり直す映画は数多くあれど、これは一風変わってる。と言っても、その変わっているところを言っちゃうとネタバレになるので難しい。
まぁ、過去へのドアが誰でも行き来出来るとこうなっちゃうのねと言
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.7

何かスッキリしない。
アニメを少し見てたのでストーリーはだいたい知っていたのだけど、後半のストーリーを変えたことで何ともスッキリしないバッドエンドになってる。
藤原が過去で犯人に橋から落とされたところ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

この映画はハイビジョンTVが出回り始めた頃に見て、内容より映像の綺麗さにビックリした記憶がある。改めてamazonプライムで見たら画質がそれ程でもなかったのだが、チラ見のつもりが何だかんだ最後まで見て>>続きを読む

藁の楯(2013年製作の映画)

3.7

『22年目の告白』を見て『藁の楯』を思い出したのだけど、レビューしてなかった事に気付いたので、思い出して書いておく。

この映画の藤原達也はある意味素晴らしかった。こんなつかみどころのない、クズ人間を
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

いやぁ、これは凄いエンターテイメントだった。
予告編でだいたいこんな話だと予想が付くのだけど、うまくミスリードされた。
前に『藁の楯』を見ちゃっていると、どうしても藤原がクズ人間にしか見えなくなってる
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.8

ジブリ作品はどれも勝手にハードルを上げてしまって、がっかりが多かったのでこの作品も敢えて見ていなかったが、これは良かった。

昭和30年代後半の感じが良い。質素ではあるが貧しくはない心豊かな世界がある
>>続きを読む

ナインスゲート(1999年製作の映画)

3.5

変なメイクしてない普通のジョニーデップってこんな感じなんだ。まぁいいじゃない。

物語は古書の謎を解いて、いろいろな場所を巡ったり、本の奪い合いがあったりで、ちょっとダ・ヴィンチ・コードっぽいけど、こ
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

1.8


これはどうも自分には合わなかった。
原作は全く知らないので、この映画だけの感想でになるが、年代が違うので共感できないのかも。主人公は純粋と表現されていたけど、単に精神年齢的に幼いって感じ。まぁ14歳
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.7

X-MENシリーズはどれを見ても良く出来ていると思うのだが、これも期待を裏切らない。
メインキャラがほぼ同じでなので、ストーリーがマンネリ化するかと思いきや、毎回盛り上がりがあって良い。
メインキャラ
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

公開当時は、兵器会社二代目のチャラい社長で、天才エンジニアと言う設定が受け入れられず敬遠していたが、年月が経って改めて見たら結構いけた。
ペッパー・ポッツが魅力的で彼女との関係はチャラく無いところが良
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.4

どんでん返しで有名な映画とのことだが、自分にはあまり響かなかった。オチを知ってもヘェ〜という思いはあったが、やられたぁという気にはならなかった。
単なるギャングのストーリーの中に嘘をついて騙しているヤ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

実は本物のストーリーを知らず、漠然と知ってるレベルであったがそれで十分。綺麗な映像と心地良い音楽でどっぷり世界に入り込むことができる。
エマ・ワトソンは綺麗と言うより個性的な可愛さだと思うが、この物語
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.8

燃えよドラゴンって初期の作品だと勝手に思っていたけど、結構終わりの頃の作品で、これがある意味遺作なのね。
ブルースリーというと上半身裸に黒いズボンか黄色いジャージのイメージだけど、裸の方の最もカッコい
>>続きを読む