CNさんの映画レビュー・感想・評価

CN

CN

映画(551)
ドラマ(50)

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.5

暗殺者を引退して隠居しようとしたら、自分のクローンに命狙われるお話。

若かりしウィルスミスをCGで再現。
CG技術とアクション技術がすごい。

脚本は浅い。
CGにリソースぶち込んでる感。
アクショ
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.5

会社のエゴVS現場のプライド

王者フェラーリに大衆派フォードが戦った成功譚というより、主人公2人の生き様が描かれている。
実話だし衝撃展開はないと思ってたらまさかのラスト。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

4.0

歳を取らず美しい姿でいるのが幸せか、大切な人と一緒に歳をとっていく方が幸せか。を考えさせられるファンタジーラブロマンス。

歳をとることって尊い。
ファンタジーチックな設定だけどラブストーリー。
ブレ
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.5

妄想癖の出版社勤務の写真ネガ管理者が1枚のネガを追って、世界をまわり人間としての魅力に磨きを掛ける映画。
旅に出て、人に触れて、臆せずに殻を破れ的なメッセージ性。
ウォルターが映画の序盤と終盤で輝きが
>>続きを読む

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.5

盲目の女性が薬を得るために掟を破り怪物のいる森に足を踏み入れるミステリー映画。
あの頃のブライスはとてもきれいだった。
ラストにあの真実が明かされる作りはとても好き。
子供の頃に観た時は、世界観といい
>>続きを読む

サマー・インフェルノ(2015年製作の映画)

3.5

サマーキャンプの準備をしてる指導員達の一夜の恐怖体験の映画。
視聴者をミスリードさせるのがうまい。
ゾンビ化(狂暴化)するのは一時的で、時間が経つと元に戻る設定は新しい。
もう鬼ごっこ状態。
主人公た
>>続きを読む

ビキニ・カー・ウォッシュ(2015年製作の映画)

2.5

エロバカB級映画。
ビキニガールのシーン長すぎ。もっと短縮して60分映画にできたやろ。
B級映画だから仕方ないけど、それにしても得るものはなかった。
でもビキニカーウォッシュを事業化したのは天才。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

石油掘削施設の事故から脱出までを描いた実話に基づく海洋災害映画。
1つの手抜きや気の緩みが大災害を招いてしまった典型的なパターン。
でも自分も仕事との付き合い方を今一度見直そうと思った。
時間とかコス
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.0

前作と違って何のボーダーライン(境界)が題材なのかわからんかった。
アレハンドロに焦点が置かれてる。
雰囲気は継承していて、緊張感はあった。
先が読めない展開は前作を上回っていた。

アス(2019年製作の映画)

3.0

「ゲットアウト」の監督の作品。
「ゲットアウト」は黒人差別?を題材にしていて、本作「Us」は貧富格差?を題材にしている感じ。
社会派映画としてはわかりづらい。
サイコホラーを期待してたけど、なんか思っ
>>続きを読む

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

2.5

家族や民を守るために自分を犠牲にしてヴァンパイアになった君主のお話。
戦闘シーンは厨二心を擽るけど、ストーリーは単調でした。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

なぜそのご時世に子供を授かったのかがひたすら疑問。。
変に説明するのではなく、視聴者に経緯や今後を想像させるのは好き。

マネーボール(2011年製作の映画)

2.5

選手のマーケティングやトレードを行い貧乏弱小球団を再建したGMのお話。
選手の”抜きん出たもの”にフォーカスするのではなく、実績データをもとにチームを構築しているのが新しい発見になった。
野球の勝利に
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.0

四肢麻痺になったおじさんがAIチップを身体に埋め込んで復讐していくお話。

観終わったあとに、AIのなかで幸せな日々を過ごせるなら、身体あげるのもありかもって思ってしまった。
現実で不幸に過ごすのと、
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.0

“言葉”が素敵な映画

3人の弔辞が素敵すぎる。
久しぶりに映画で泣くとこだった。

弔辞って最期の愛情表現だと思った。
だからこそ生前に伝えたいんだと。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.5

まるで小説を読んでるような映画

最後の暖炉のシーン。
それが人生だよエリオ。
自分にはテンポが合わなかった。

モンスター上司2(2014年製作の映画)

3.0

前作よりポンコツ度がパワーアップ
ばかだ。ばかすぎる。笑

作戦の計画時の理想と実行時の現実の差がこのポンコツ3人組らしい。

脇役キャストが豪華でわらう
クリスパインがイケメン

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

前半はシンデレラストーリー、後半はビッグスターの堕落ストーリー

一度だけ観るからこそ尊く感じる映画
音楽は4.0、ストーリー3.0って感じ
映画観る前はShallowが圧倒的に好きだったけど、I’l
>>続きを読む

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

3.0

ダークウェブを駆使した神々の遊び

アンフレンデッドみたいに霊的なものではない。
マタイアスさん余計なことしかしねーと思ったけど、PC拾った時から結末は決まってた。
自分もGAME NIGHT XIV
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.5

シャザムと叫べばスーパーマンに変身できる映画

まさかのDC作品内でスーパーマンとキャラ被り笑
中身は変わらないはずなのに、変身後のほうはめっちゃ陽気で性格変わってる。
戦闘シーンの間延び感と圧倒的強
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

2.5

父を訪ねて43億キロ。

大好きなブラピ×大好きな宇宙だったから期待大だったけど残念な映画。。
視聴者に何を伝えたいのか考えさせたいのかor何を楽しんで欲しいのかがよくわからんかった。
ただ海王星を映
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

真なる王と証明するために伝説の三叉槍求めて旅をする映画

当時DC作品史上で興行収入No.1映画

そこ宇宙ですかってくらいの大規模な画面散らかり海洋戦争。
あんな外見厳ついのに家族想いなアーサー君。
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

とりあえず1回あの頬赤い黄鼠をもふらせて欲しい。

「ポケモン リアル」でググって出てくるようなグロいビジュアルではなく、ちゃんと原作寄りのビジュアルで特に違和感なく実写に溶け込ませてたのがよかった。
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

特殊能力持ち一家のホームビデオ作品

前作から14年も経ってるのに、しれっと続編。
ジャックジャックかわいい
いくつ能力持ってるの。もはや兵器。

特殊能力持ちばっかなのに、これすげーっていうシーンが
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.0

なりたい職業への情熱が半端ない。
たぶんモリーは何にだってなれる

そこそこ楽しめたけど、振り返ってみてこれが良かった!というところはなかった
MIB的なスタイリッシュさもなければ、コメディ感も薄い。
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.5

クズ鉄の山から拾われたサイボーグ少女が、人間に触れて成長していく的な映画。

アリータの顔に最初は違和感あったけど、徐々に慣れていく
モーターボールをリアルで観てみたい
バトルシーンもそこそこ楽しめる
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

海に選ばれた村長の娘が大海に出て逞しくなる物語

ハワイ好きの自分にはなかなかのヒット。
全面的な”ハワイ感”はないけど、ポリネシア文化やハワイ語を知っていたらより楽しめる作品。
危機的シーンは特にな
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.0

前作からの主人公の成長がトップレベルな映画

タイトルにセンスがある。
前作よりホラー要素なくなって、もはやコメディヒューマンドラマにジャンルチェンジしてる。
前作と続けて観るのがおすすめ。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

主人公が何度も死に戻りして自分を殺した犯人を探す映画。

次からの誕生日の着信音が決まる。
ジャンルはホラーだけど、楽しく観れるサスペンスコメディって感じ。
流しで観るつもりだったけど結構楽しめた。
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

亡くなった人のことをちゃんと覚えておきたいと思う映画

予想外の展開だった
音楽良かったけど、もう少し大々的に流して欲しかった
映像きれい、世界観好き

恋するモンテカルロ(2011年製作の映画)

3.0

卒業旅行でおきるシンデレラストーリー

セレーナとレイトンの共演作
展開が読めてしまうのが難点

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

2.5

パージのはじまりの映画

はじまりといっても大した経緯はない。
グランドセフトオートもやってることはパージだなって思った。
ギャングが街を守り出す。
ストーリーに深みはなく、何も考えずにどんぱちを観て
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

観た後はポスターの「知る覚悟はあるか一。」が深く感じる。

前作を観てないと内容難しい
当時のSFとしてはインパクトあったと思うけど、SFインフレ起こしてる現代だと評価分かれそう

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

気分転換にいいライトに観れる映画の1つ

映画館で観たらもっと楽しめた
デインデハーンのこーいうキャラ初めて観た
カーラがとてもきれいなフェイス

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

ティーンの青春物語と戦隊ものの合体映画

待ち望んだスーツをほぼ使わない
え リタとの戦闘はロボットだけなの?

ストーリーは単調
パワー手に入れたときのお遊びシーンがかっこいい憧れる
俺も手紙投げた
>>続きを読む

>|