あおさんの映画レビュー・感想・評価

あお

あお

見た映画について他の人がどんな感想を持つのか
知りたいな〜と思ってます!
また、どんないい映画に出会えるのかも楽しみ♩
マイナー系の映画が好きなので、一緒に映画を見にいって、映画談義ができる友達が出来ると嬉しいです。

映画(52)
ドラマ(0)

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

緩くて好きな映画。
意味不明なところやがインドの混沌とした雰囲気とあっていた。

三兄弟のルーツをたどる旅でもある。

西北西(2015年製作の映画)

3.0

韓英恵がいい演技を見せていた。
ストーリーとしてはマイノリティの
生きずらさを描いていることは分かったが、いまいち主人公達の背景の描きかたが
あいまいだったのが残念だ。

セメントの記憶(2017年製作の映画)

2.5

正直いって、意味がよく分からないところが沢山あって眠くなってしまった。

けれど、現在のシリアの置かれた現状やシリア内職のことをこの映画をとおして、勉強できたのはよかったと思う。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.7

凄くよかった。人間の心理な動きがうまく描写されていた。

女優三人の名演技が必見。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

昔の作品とくらべるとつくりが
あらい感じがしたが
ウッディの人間をみる洞察力は
素晴らしいとは思った。

恋愛は時として
ナイフの様に人を刺し殺して
人を狂わせてしまう。

この映画は人間のドロドロし
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.2

別のことをやりながら見ていたので
ちゃんと見ていたとは言えない。

大人になると子供の時に大事にしていた
大切なもの、純なるものを忘れてしまう。
そんな大人が自分の本来の姿をさがす
自分さがしの物語。
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

青春を爽やかにほろ苦く描いていて好きな作品。

2人が自転車に爽快にのっている
シーンが印象的だ。

ジョヴァンナの気持ちが痛いが彼女の幸せを願う。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

2.7

映画としてはあまり好きではない。
映画館にいかなくてよかった。

ビリー ジーン キングも知らなかった。

実際は、ビリー ジーンとマリリンは
破局していて、最後は泥沼だったようで、
綺麗な物語とはな
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

クィーンあまり知らなかったが、
今回の映画で歌を含めよく知れて
よかった。

フレディ マーキュリーを演じた
俳優、凄くよかった。

やっぱり、ママーではじまる
ボヘミアンラプソディが一番すきだ。
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

2.8

風が吹くようなやさい映画と思って
いたけど、意外にも激しすぎた。
グロテスクすぎ

映画の中でいいたいことや表現したいことはつきささったけど、ほかの表現方法があってもいい。

愛ってなんだ、生きるって
>>続きを読む

セクシャリティー(2018年製作の映画)

3.0

自分さがしのロードムービー。

サラ ガドン綺麗だった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.5

最初ぼんやりみていたが
とてもいい作品だった。

自分の18歳の頃の事が思い出される。

親友や家族との貴重な時間。
バカや失敗も沢山経験した


大学に入ってまた新たな自分と出会う。

親元を離れて
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.0

青春の甘酸っぱさやほろ苦さが
描かれている作品。

サイモンの今後が気になる。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

2.4

社会の不条理を描いた作品。
あらゆる場面で荒々しすぎて
共感するにしては手法があらすぎて
いた。
最後の終わり方が好きになれない。

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

2.8

特に大きな出来事は起こらないけど
自分探しのロードムービーだった。

今まで好きではなかった人と多く関わるなかで好きになっていくって素敵なことだ。

ディーディーの印象が最初いけてない子だったが段々と
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.0

期待したより面白くなかった。
人間の欲望や心理状態が生々しく描かれてはいた。

ういらぶ。(2018年製作の映画)

3.0

付き合ってみにいったのだが、
以外にもコメディタッチで面白かった。

好きな人ほどどう接したら良いか分からない。
世代を超えたテーマだ。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

桃李君よく頑張ったな〜と。

内容があるようなないような〜。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

面白かった!。

やはり、現実にすきになる人って
一緒にいて自然なことらからな〜。
理想や妄想だけではだめだ。

主人公は少し怖いというかかたより
すぎなかんじもするが昔誰でもが体験すれような恋愛では
>>続きを読む

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

3.3

映画としてはいまいちだったが、
ゴーギャンのことをよく知れてよかった。

かなりのロリコンで身勝手な性格では
あるが自分に正直に、そして、絵画の
神様にとりつかれた人生だったように
思う。

一つのこ
>>続きを読む

結婚まで1%(2017年製作の映画)

2.9

なんで、こういう結末になって
しまったか?なところもある。が、
結果、結婚してだめだったよりは
よかったのかもしれない。

色々な恋愛の形勉強になった

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.1

これから先どうなるのかな〜というのが気になる。

原作読んでみたいと思った。

はじまりの街(2016年製作の映画)

4.0

思っていたより結構、思い作品。
母子の頑張りに喝采!

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

4.0

見ていて元気が出るような映画。
ほっこりした。
自分がやりたいものや好きなものに
出会え出た時の幸せや人との関わりや出会いがすばらしいと思える映画だった。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

特別の才能を持って生まれたから、
その才能を伸ばすよう教育するか
普通に育てるかは悩むところ。

ただ才能を伸ばしてつきすすんでも
幸せを掴めるかは分からない。

自分ぐらいになると平凡でも、
ずば抜
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

実話をもとにした感動のストーリー。
ストリートチルドレンの実態や
インドの貧困について知るよいきっかけとなった

セザンヌと過ごした時間(2016年製作の映画)

3.4

セザンヌがこんな人生を送った人とは知らなかった。ゾラには恋人も取られるし、利用されているにもかかわらず、友情を続けられたのもやはり、セザンヌの人間ばなれした変人気質からなのだろう。ある意味とても純粋な>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.2

彼の素晴らしいダンスは響いたが
映画としてもドキュメンタリーとしても
掘り下げ方がいまいちだった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

どこも混んでいてあちこち歩いてやっと見れた。

主人公の父親の言葉が印象に残っている。
恋愛をして、失恋するとその傷は痛いけれど、しないよりしたほうが深みのある人生を送れるのか?よくするも悪くするも自
>>続きを読む

>|