いわいさんの映画レビュー・感想・評価

いわい

いわい

予告で気になったらとりあえず観ます
レビューよりも記録用
日常ベース、アジア、歴史、ミステリー、雑食です。

映画(60)
ドラマ(0)

ウスケボーイズ(2018年製作の映画)

3.4

舞台挨拶付きで見てきました。
正直ワインのことは全く知識が無いので、分からない単語もしばしば。
物凄く響く作品かといえばそうでもなかったのが正直な感想です。でも、ワインを日本で作る大変さだとか、夢を追
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.0

アート×ロードムービーで見ていて居心地が良くなる映画でした。
登場する芸術家の作品やアートの話が出てきても知らないことがたくさん...
もっと教養を身につけたいなと思います...

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

スリリングで目が離せない展開で、
終始ドキドキしながら見ました。
カンニングの話でここまで話が盛り上がるなんてすごいです!
140分があっという間に感じました。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

とても最高に熱い作品でした!
自分が生まれる10数年前、隣国であんな残酷な事実があったということに驚きと自分の無知に恥ずかしくなりました。
ラストの光州の運転手の命を張った場面は涙せずには見られません
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

4.0

鑑賞後、まだ29歳じゃないけど、29歳になったらまた見たい作品だなと思いました。
妙なリアルさとファンタジーさが混ざり合って、不思議な印象でした。「選択する」ということ、「自分で受け止める」ということ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

あちらこちらで話題の作品、やっと見れました。最初はグロい場面が多くて目を瞑ってしまいがちでしたが、どんどん面白くなって、場内も笑い声で溢れてました。製作側視点の作品はいつも素敵です。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

小さい頃からプーさんが好きなので、楽しみにしてました。
普段大切なものばかりに囲まれていたら、大切だってことを忘れそうなのに、それを忘れずにいるプーさん達の考え方。純粋ともまあアニメの話だもんねとも済
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.1

人生の豊かさとか、美しさとか、そんな莫大で言葉で説明しづらいことを感じさせてくれた映画でした。
樹木希林さんのナレーションも素敵でした。

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.3

妻夫木くんの演技力がすごい。 エンドロール見るまで誰が演じてるのか分からなくて、カエル男に憑依されている印象。映画館から帰る時に雨が降っていて怖かったです。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

日本のポップカルチャーがたくさん散りばめられていて、全部は知らなくても楽しめました。森崎ウィンがかっこいい~。ユニバに行きたくなります。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.5

セリフが少なめな分、映像と音楽の美しさが際だっています。90分という時間に濃厚なエッセンスしかないよう印象。
ストーリーを全く知らずに見ると難解だけど、理解しようと話に集中しすぎるのは違う気がする。感
>>続きを読む

いきなり先生になったボクが彼女に恋をした(2016年製作の映画)

3.0

イェソン目当てで見に行きました!
正直に言うと、ファンのための映画って感じです。凄い盛り上がるのかと言うとそうでもない。一生懸命日本語のセリフを話してるイェソンがただただ愛しい映画でした。(笑)

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち(2016年製作の映画)

3.5

主役の方、初めて見たのですが、凄くかっこいいです!自信満々でやり遂げるのが、歴史に名が残る人だなと。
個人的には、韓国の映画は割とシリアスな場面でもコメディ要素を入れてくるのが癖になって面白い!

見えない目撃者(2015年製作の映画)

3.5

完全に鹿晗目当てで見に行きました!
彼が楽しそうに歌ってるシーンを見て、元ファン的には安心しました。
映画も最後までハラハラさせられ、飽きのこない作品でした。

チャンス商会 初恋を探して(2015年製作の映画)

3.9

最後の最後めちゃくちゃ泣きました。
商店街を舞台にしたラブストーリーで、
登場人物皆暖かい人たちばかり。
何歳になっても人を好きになることは良いことですね。

密偵(2016年製作の映画)

3.6

日本統治時代の朝鮮が舞台の映画。
お互いに腹をさぐり合い、ずっと緊張感がはしる映画だと感じた。
拷問、裏切り、愛国心、反日映画だと捉えられる要素は多いが、日本の歴史について考えるきっかけにもなる映画だ
>>続きを読む

再会の食卓(2010年製作の映画)

3.3

台湾と中国の歴史に翻弄された人々の話。戦争の残した悲しみ、一緒に食卓を囲む喜び、その2つが融合されています。
個人的には学生生活で見た中で1番良いなと感じる映画です。

椿三十郎(1962年製作の映画)

3.0

七人の侍、用心棒、と続けて観ました。
コメディ感があって、テンポ良く見れました。

用心棒(1961年製作の映画)

-

七人の侍を見た後、続けるように観ました。殺陣の迫力が凄い。

七人の侍(1954年製作の映画)

4.5

日本人なら見なきゃと思いつつやっと観れました。
3時間越える作品でしたが、ずっと目が離せない。圧倒されました。

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.0

予告から凄く気になってた作品!
日本人とは、普通の暮らしとは、何気無いことが考えさせられます。
とても良い作品なので色んな人に見てほしい作品てます。

>|