とーんさんの映画レビュー・感想・評価

とーん

とーん

マイ・ブラザー(2009年製作の映画)

2.8

・戦死したと思ってた家族が帰ってくる事で不幸になるなんてあるのか…
・序盤は、出来のいい兄を亡くした事で悲嘆に暮れる家族たちに、責任というか謂れのない後ろめたさを感じたドラ息子な弟が不器用ながらコミュ
>>続きを読む

がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻(2020年製作の映画)

2.5

さすが浦沢さん!すぐ無機物に生命を与える!!
令和になっても人類に早すぎたロボコン。

・特撮ファンの方の解説ありで見たからよかったが、これ劇場で見るものではない。人生で1番無駄な30分(褒めてる)。
>>続きを読む

ドラゴン怒りの鉄拳(1972年製作の映画)

2.8

ドラゴン、またも後先考えずにやり過ぎる。

・少年たちがうなされたようにブルースリーに憧れたのは何となく分かる。アクションは確かにかっこいい。
・それにしてもシチュエーションが違うだけでやってることあ
>>続きを読む

ドラゴン危機一発(1971年製作の映画)

2.8

ドラゴン、初主演で張り切ってやり過ぎる。

・無限実行の調子乗りやり過ぎ男チェン。そもそもチェンが初仕事に力みすぎて氷の塊を思い切りスライディングさせなければこんなことにはならんかったとは思う。

マッスル 踊る稲妻(2015年製作の映画)

2.0

また配給会社を許してはいけない案件。
タイトルとパッケージが内容と違いすぎる。

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳(2010年製作の映画)

3.5

ちょっと目を話した隙にドニーさんが場所を変え衣装を変え大暴れするパクリスレスレのド派手アクション。

・冒頭のド兄さんがあまりに無敵。文字通り縦横無尽に市街地の戦場を跳んで走る姿はまさにSASUKE。
>>続きを読む

キラー・エリート(2011年製作の映画)

3.0

ノンフィクションを上手くフィクションぽく仕上げた政治絡みのやばい話。

・本作でも生まれながらの殺人マシンぶりを発揮するステイサム。人体がどこまで頑丈なのかを教えてくれる教育的ビデオ。人の心を知ったメ
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

2.0

リバイバルブームに乗っかって3DCGにするのは分からなくはないが、セルアニメだから出てた味が損なわれてしまい、ただ画面が綺麗なだけになった感じ。「本物」と「コピー」の対決が別の意味で虚しくなる。ピカチ>>続きを読む

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

2.5

コメントの難しいカンフー万歳映画。

・恐らく作品で一貫して「カンフーは殺人技ではない」を伝えようとしてるのはなんとなく分かるが、ストーリーがとっ散らかってるせいでまとまりがなく見てて「あ、ハイ…」と
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME(2020年製作の映画)

3.0

劇場版の仮面ライダーの中ではかなり良映画。

・テレビ本編でコマンドー襲名披露をしたゆあさんが或人より仮面ライダーしてた。めっちゃかっこいい。作中で唯一バイクアクションあったし、最初の戦闘でも、他のラ
>>続きを読む

劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本(2020年製作の映画)

2.0

いつものセイバーで良くも悪くも安心した!

・オープニングから最終話のような世界の危機に、タッセルさんがいないと掴めないあらすじと展開。いつも思うけど、これキッズたちは話わかるのか?
・可愛いね倫太郎
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

2.5

じっとり嫌なホラー。あんまり一人暮らしでは見たくないな。

・伽耶子の実物出てくるところはあんま怖くないけど、それまでの描写がきつい。
・人物関係すぐ掴めない人は展開追うの苦手そう。

天気の子(2019年製作の映画)

2.0

ファンタジー作品のくせに妙にリアルな日常描写(街中の店の看板、ファストフードやコンビニの食べ物などなど)のせいで上手く没入できない。新海作品への違和感が1番露骨に現れてた気がする。(ファンの人ごめんな>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.5

なんかどえれぇモンを見てしまった…。悪夢とポルノのギリギリを綱渡りし続けてるせいで、どんなに音楽が良くても全然耳に入ってこない。

・猫CGがマジでキモい。猫に限らないが…。ちょいちょい耳、尻尾がパタ
>>続きを読む

アフリカン・カンフー・ナチス(2019年製作の映画)

3.0

どことなくドラゴンボールの風味漂う、全配給会社から公開を断られた、前代未聞のガンギマリ天下一アフリカン武道映画。よくAmazonも配信追加したな!!

・なぜか黒人のゲーリング、なぜかガーナ人字幕に充
>>続きを読む

ムーンウォーカー(1988年製作の映画)

2.5

ただならぬ様相のマイケルジャクソンMV風ガンギマリSF映画。真面目に見てたら頭おかしくなりそう。

・ライブ映像とパフォーマンスはさすがMJというか、非常にかっこいい。世界のポップスター。
・でもそれ
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

4.0

あけましておめデブゴン!!!!
燃やせ体脂肪!燃やせドラゴン愛!!ブルースリー大好きおじさんドニキのわがままボディカンフー。

・デブゴンと見せかけた別映画になってるのはいつも通り。襲名披露のリブート
>>続きを読む

武器人間(2013年製作の映画)

1.0

1体目の武器人間に引き摺り出された腸があまりに生々しくてリタイア。面白いとかそう言う次元まで到達できなかった。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

キューブリックらしい映画。シャイニング然りAI然り、なんでこんな絶妙に後味悪いイヤ〜な映画撮るんや。好きやな〜。

・観客を必要以上に不安にする天才。バーとか住居とか、SFと悪趣味のギリギリのバランス
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

2.5

レース映画っぽい何か。

・レース映画なのに胸が熱くなりませんでした…。どうして……。
・クリヘム迷走期。ジェームズハントみたいなチャラ男よりも、タイラーレイクとかの方が合ってる気がする。
・製作陣が
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

地球の存亡より、おトム!!!トムクルーズをかけた人間とモンスターのデスレース。ハムナプトラのことは忘れろ!!!!!!

・みんなトムクルーズ好きすぎでしょ。分かるけど。アネット含めて全員おトムのこと好
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.5

クリスマスイブに見るべき映画ことダイハードを久しぶりに視聴。

・「B級映画俳優(笑)」じゃなかった頃のカッケェブルースウィリス。強いし上手いこと言うしこれは惚れますね。裸足にタンクトップ、カーゴパン
>>続きを読む

ブロンソン(2008年製作の映画)

2.7

好き嫌いが分かれそうな映画。

・ただ「有名になりたい」だけの男だから取り敢えず注目されるために何度も暴れるけど、そこに野心も目的もないので「コイツ…」と思う。そのことに自分で気付いてないのが1番タチ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

2.5

ロビイスト、こんなエグい仕事するのか…。いわゆる「日本人」に絶対できんやろな。

・伏線は割と分かりやすかった。
・血の涙も無さそうに見えて意外と情があるのではと思わせてやっぱり血も涙もないエリザベス
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

ブラッドリークーパー、エグい映画撮るな…劇場で観てたら感情のぶつけどころが分からんかったとおもう。どうしたら二人は幸せになれたんですか?ねえ!!!

・ジャックのアリーに対する愛が深すぎる…本当にこい
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.0

楽しい映画だけどめっちゃ切ない…いい映画でした。余計なコメントする方が野暮な気がする。

>|