s2cさんの映画レビュー・感想・評価

s2c

s2c

映画(315)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

3.5

イエス、シェフ!

高級レストランへ行ったというだけで味もわからない人たちへの皮肉か。

最後のメニューが美味しそうで帰りに食べたくなった。
うんちくは要らない。これでいいんだよ。

ジョン・レグザイ
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

3.5

原作未読。

湿地帯の風景カットが美しい。

火曜サスペンスのような展開かと思ったが、ラストに思わせぶりなカットで観たものをモヤっとさせるがそこが良かった。

誰かが家に来ると速攻で草むらに隠れるとこ
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

3.0

抽象的なシーンが度々入って不穏さを搔き立てるが、オチはありがち。

フローレンス・ピューが「お子様はマネしないでください」的なことを唐突にやり始めたのがツボ。

「ブックスマート」は良かったのに…。

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.0

長い。

今回は部族間の争いということで話がこじんまりしている。
アクションも特に目新しさは無い。

復讐は何も生まないとテンプレの展開。

主要メンバーがほぼ女性という時代に合わせたディズニー。
>>続きを読む

アムステルダム(2022年製作の映画)

3.5

実話ベースのサスペンス。

旬の方からベテランまで出演陣が豪華。

後半話のテンポが上がり、ついていくのがちょっと辛かった。

デ・ニーロの存在感はさすが。+0.5。

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.0

観る人を選ぶ作品。

酪農で生活している夫婦の生活を淡々と描いているだけ。
とある状況から話は進むのだが観ている方は??ラストも??

弟の存在もあまり話に絡まない。

観終わって、自分で色々考察でき
>>続きを読む

犯罪都市 THE ROUNDUP(2022年製作の映画)

3.0

話はよくある刑事物アクション。
マ・ドンソク主演じゃなければ観なかったかも。

マ・ドンソクの重戦車のような一撃はウーファーが効きまくり気持ちいい。
聞き込みはすべて拳で解決するのはちょっとワンパター
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.0

少年ジャンプ的なイケメンマッチョの友情物語。

スローを多用したアクションシーンは一々カッコイイ。
クライマックスはお前ランボーかと。
登場シーンにシビレた。

インド映画お約束のダンスシーンも最高。
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.5

プロデュースがウォン・カーウァイということで映画の雰囲気がウォン・カーウァイっぽい。

元カノに会いに行くのはあくまでも前座。
ラストの展開は恋愛ではあるあるだが、ウードの告白と最後のメッセージはグッ
>>続きを読む

空気殺人~TOXIC~(2022年製作の映画)

3.5

法廷サスペンスとして面白かった。

企業側の悪い部分がちょっと表面的。
商品発売時の描写が欲しかった。

こわもてのあの人があるきっかけで温和な表情になったのが印象的。

ビースト(2022年製作の映画)

3.0

ライオンのCGは凄い。

ストーリーに色々突っ込むところある、雑な展開。

ラストも娘たちを助けるための行動だが、普通にやらないでしょ。
ただの医者だし。

レンタルか配信で充分。

L.A.コールドケース(2018年製作の映画)

3.5

骨太なクライムサスペンス。

LAPDの闇が垣間見れた。
JFKと同様、真犯人は見つからないだろう。

アルピニスト(2021年製作の映画)

3.5

凄いの一言。

一緒にクライミングしているかのような体感映画。
何か自分でも登れそうな気になるのが不思議。
高所恐怖症の方は鑑賞注意。

最後は残念な結果になってしまったがマーク・アンドレ・ルクレール
>>続きを読む

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー(2021年製作の映画)

3.5

基本は「バットマン」所々にマーベルの小ネタ沢山。
あの人をネタとして登場させたのは笑えた。

ストーリーも分かりやすく下ネタも少々。

ボイリング・ポイント/沸騰(2021年製作の映画)

3.5

タイトル通りみんながみんな小さな爆弾を抱えていてそれが爆発してしまったための悲劇。
厨房では働いたことないが、繫忙期は映画のような忙しさなんだろう。

カーリーさん優秀、迫力の演技に痺れた。

最後の
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.0

おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさと濃厚豚骨ラーメンのようなこってり感。

この世界観にハマれるかで面白さは変わる。
登場人物が多いのでしっかり観ていないと置いてかれるかも。

トーマスネタはつ
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.0

主人公冷静すぎ。
最初のエピソード必要?

章立てっぽくする意味無し。
ラストはポカーン。

「ゲットアウト」は面白かったのに···。

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV(2021年製作の映画)

3.5

メイドロボットが完全になかった事になっている。
前半はだいぶ変わっているが、ソビエト以降はそんなに違いは無かった。
映画館の大画面、大音量はやっぱりアガる。

炎のデス・ポリス(2021年製作の映画)

3.0

前半やや怠い。
ドンパチ始まってからは満足。

取って付けたようにあの人がいつの間にかあそこにいて、あの状態は苦笑。

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

3.5

さすがのR18、グロ全開。
苦手な人は観ない方がいい。

ただ、グロに注力したのかストーリーは特に印象無し。

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.5

名の知れた俳優さんとお金のかかったアルバトロスフィルム。

つまらなくはない、個人的には好き。
宇宙のシーンは美しかったので映画館で観たかった。

後半のトンデモ展開はさすがエメリッヒ。

ナワリヌイ(2022年製作の映画)

3.5

おそロシア(これが言いたかった)

映画のストーリーでありがちな展開が実際に起きているのが印象深い。

SNSで個人が情報発信できない時代だったら、この事件も闇の中だったろう。

下手なサスペンス映画
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.0

シンプルな年上の女性とのラブストーリーでいいのにヒロインがあっちいったりこっちいったりで落ち着かない。

大御所の俳優が出演もあまり意味が無いように感じた。

海上48hours ―悪夢のバカンス―(2022年製作の映画)

2.5

陽キャ、水上バイクでヒャッハー。
トラブル発生。
サメ登場。
一人づつ食われます。
ヒロイン生き残ります。
以上。

テンプレ通りのサメ映画。
何のひねりも無し。

a-ha THE MOVIE(2021年製作の映画)

3.5

イケメンは辛いよ。

リアルタイムで「TAKE ON ME」のMV見た時の衝撃は忘れられない。
当時、1stアルバム買いました。

2ndアルバム地味になって自分には刺さりませんでした。

売れてしま
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.0

1作目からの恐竜大集合。

恐竜見たい人は満足度高い。

話は2つ同時進行で進み、チョコチョコ話が切り替わるので落ち着かない。
殆ど恐竜との追いかけっこ。
わざわざ初期の3人出さなくても良かった気がし
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.5

「凶悪」と同じ展開。

主人公、岡田健史の両親の過去や、母親と大和の関係がハッキリせず消化不良。

終わり方はドキッとさせるホラー的。

阿部サダヲの目が笑っていない役作りがいかにもサイコ感あって良い
>>続きを読む

キャメラを止めるな!(2022年製作の映画)

2.5

タダのフランス板リメイク。

オリジナルとの差異はほとんど無し。
オリジナル観てない人はオチ含めて楽しめる。

字幕で観たが吹替のが違和感無いと思う。

X エックス(2022年製作の映画)

3.5

80's スラッシャームービーお約束の展開で安心して楽しめる。
濃厚な24時間。

老夫婦がなぜ殺人鬼になったのかはハッキリせず。
次作、前日譚の「パール」で分かるっぽい。
ちょっとズルいけど観に行き
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.5

前作の軽いノリからややダークな展開。
笑えるシーンは沢山あったが、今回の話の展開と余り合っていない感じがした。

謎のガンズ推しで+0.5。

モガディシュ 脱出までの14日間(2021年製作の映画)

3.5

国通しではいがみ合っている北と南だが、緊急事態とは言え北南関係なく助け合う流れが良かった。

ラストの脱出劇はスリリング。
飛行機内でのやり取りは良かった。

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.0

本編の殆どが脱出の話なので展開が地味。
主人公と周りの人間関係をもう少し丁寧に描いていれば良かった。

ホラーとしては安定の話運び。

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.0

お気楽おバカアクションアドベンチャー。
頭空っぽにして楽しめるポップコーンムービー。

お宝を見つけた時のエピソードは悪くなかった。

エンドロールのオマケ映像の展開が自分の中では滑ったので-0.5。

PLAN 75(2022年製作の映画)

3.0

主人公メインで話が進めば良かったが、群像劇でいきなり別の人の話になるので感情移入しにくかった。

題材は興味深いので、75才まで生きていてこの作品を覚えていたら再鑑賞してみたい。
未来の自分がどう思う
>>続きを読む

鋼音色の空の彼方へ(2022年製作の映画)

3.0

アウトレイジのドキュメンタリー要素は薄い。
映画完成までの役者たちの成長ドラマがメイン。

アウトレイジのコアなファンは物足りないかも。

つまらなくはないが、ファンが求めているものと制作者側とのズレ
>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

3.0

主演の俳優さんの演技は見応えあったが、ちょっと自分には合わなかった。

>|