2Mさんの映画レビュー・感想・評価

2M

2M

映画(169)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

バトルランナー(1987年製作の映画)

2.7

映画ではテレビ、現実ではネットと、媒体の違いはあるけれど、与えられる情報に振り回されるという点では的を射ているかも。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

全体的にほっこりした映画でした。本作では何組かの夫婦が出てきますが、色々な愛の形があるなと感じました。
ベタなハッピーエンドも良かったです。

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.7

戦うプリンセス。最近は強い女性の話が多いですね。
全体的に顔面偏差値が高く、衣装や調度品が美しく、見ているだけで目の保養になりました。
白雪姫と王子が森で戦っているシーンが、剣を交えながら2人の関係を
>>続きを読む

ターニング・タイド 希望の海(2013年製作の映画)

2.7

人間関係の変化が急激すぎてちょっとついていけず。ラストももう少し丁寧に描いて欲しかった。

白夜行(2010年製作の映画)

3.3

思っていたほど衝撃的ではなかったけど、少女を蹂躙する大人に嫌気がさしました。原作の方が面白いのかな?

ピノキオ(1940年製作の映画)

3.5

正直で優しく勇敢でありましょうということをどストレートに描いたアニメ。ただ、ピノキオの堕ちぶりにビビった…完全にラリッてるやん…これ小さい頃に見たらトラウマになるんじゃないかなと思いました。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

みんな心に傷を負ってるけど、一生懸命生きているんだと思えた。明るい気持ちになれた。

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.3

それぞれのエピソードがちょっとずつ繋がっていくのが面白かったです。

脇毛ボーボー自由の女神…笑

イブラヒムおじさんとコーランの花たち(2003年製作の映画)

3.7

イブラヒムおじさんの言葉がすごく良かった。ラストは愛情の循環という感じで良かった。

罪の余白(2015年製作の映画)

2.7

吉本実憂の演技がすごい。あまりにハマりすぎてて、観ている側はかなりイラつきました。
クラスカーストのトップに君臨する女子高生vs大学教授のお父さん、という構図で頭脳戦を期待していただけに、あのオチには
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

4.0

デクスターとのキスが印象的でした。そして最期のラリーの表情にやられました。
楽しくて、切なくて、キュンとする映画でした。

スチュアート・リトル(1999年製作の映画)

3.0

設定がぶっ飛びすぎててちょっとついていけませんでした。ただ、「人間とネズミの種族の違い」によって人間社会における差別や先入観などを風刺しているのか…などと考えてしまいました。
ジョージが可愛かったです
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.7

話の展開はよくあるタイプでした。しかし、くるみ割り人形ってこんな話でしたっけ?
映像の美しさと家族の絆が印象的。

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015年製作の映画)

4.0

とても可愛いお話でした。小学生ってこんな感じだなと微笑ましかったです。
通信技術が今ほど発達してない頃は、海外の方との別れは今よりもずっと深刻で、それだけ心に深く刻まれるものだったんだろうなと感じまし
>>続きを読む

キラー・エリート(2011年製作の映画)

3.0

記録(ながら鑑賞)
地味なジェイソン・ステイサムと渋すぎロバート・デ・ニーロ。

狗神(2001年製作の映画)

2.7

何だかんだで最後まできっちり観てしまった。天海祐希の美しさとエロさ。ただ、皆さんおっしゃるように天海祐希と渡部篤郎の年齢設定に無理があります…今のメイク技術ならもっと天海祐希を老けさせることができるの>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

3.7

全体的に静かで薄暗くて、足音や息遣いの響きで緊張感が高まり、ずっとドキドキしながら観ていました。最近の映画の派手な音響や映像には食傷気味だったので、CGのない映画が懐かしくも新鮮で楽しめました。
囚人
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.7

超ハイテンションなキャラと土屋太鳳がよく合ってました。
なんだかんだ言いながら噛み合ってる2人、ダンスのシーンが良かったです。
それから、エンディングもとても可愛くて好きです。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.3

ヴェノムの変貌ぶりがあまりに急で、ちょっとついていけませんでしたが…まあ、見所はカーチェイスとかアクションでしょうから、あまり突っ込まないでいる方がいいのでしょうね。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

所々、四月は君の嘘と重なりましたが、不条理な死という点でより深く心に響きました。

この国の空(2015年製作の映画)

2.0

戦時中の日常を描いた作品。
恋を知らない女性が限られた人間関係の中、隣人で妻子を疎開に出した男性に惹かれていく…死と隣り合わせという緊張感が常につきまとっている状況だからこそ、性的な衝動を抑えられない
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.8

状況としてはかなり深刻でシリアスなのに、思っていたよりポップで楽しめました。

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

2.8

ウィル・スミスが格好良かった。犯人追ってダッシュしてるところはウィル・スミスのサービスカットとしか思えませんでした。生のアクションも見応えありました。

ただ、個性的なキャラを魅力的と取るかどうかは観
>>続きを読む

SEXテープ(2014年製作の映画)

3.3

壮大な下ネタのドタバタコメディという感じ。ただただバカらしくて面白かったです。でも、トラブルを乗り越えて信頼関係を深めるなど、ポイントが押さえてるなと思いました。ハワードがビックリするくらい腹立つガキ>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

3.5

総集編その2。すっきりまとまりすぎてて若干物足りない…。というか、これで終わりじゃなかったんですね。謎が増えていくばかりで、続きがとても気になります。

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.5

原作・アニメ・実写版全て未読。
総集編なんですね。だからかちゃんと理解できました。
作画が綺麗で良かったです。その分生々しくもあって何度も目を背けてしまいました。

ザスーラ(2005年製作の映画)

2.7

子供の喧嘩ってこんな感じだなーと思いながら鑑賞。宇宙飛行士がやたら男前で兄弟(含お姉ちゃん)に優しいなと思っていたのですが、最後で納得しました(お姉ちゃんは納得できないでしょうが)。
最後の自転車の所
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.3

細かい所突っ込みだしたらキリがありませんが。そんな都合よく事が進むのかと思っていたら、そういうオチかと納得しました。このラストが良かったです。
涙腺崩壊とは行きませんでしたが、息子との絡みが胸にジンと
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.4

是枝監督再編集バージョン。ノーカット版を観たい。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.3

原作未読で鑑賞。百田尚樹らしい作品でした。
ゆきが嫁いできた時の男どもの興奮する姿が微笑ましかったです。本筋とは関係ありませんけどね。