2Mさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

2M

2M

映画(158)
ドラマ(0)
  • 158Marks
  • 28Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.5

全く正反対な性格だけど、2人とも孤独を抱えていたんだろうと、だからこそ惹かれ合い、強い絆で結ぶことができたのだろうと思う。人間として互いを尊重し合う様子に感動した。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.3

金曜ロードショーにて。

魔女の宅急便+ハリポタメインにジブリの諸々がちょっとずつ、といった感じ?他のレビューにもありましたが、既視感が否めませんでした。
何よりメアリの声がダメでした。最近アニメや吹
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.5

かぐや姫と言うよりも竹取物語。絵のタッチが日本昔話らしくて、親しみを抱きました。
ただ、内容については職業柄どうしても古典の教材として観てしまい、違和感が拭えませんでした。
ラストの軽やかな音楽に驚き
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.3

ごくありふれた家族の姿が、本当に自然に描かれていた。善や悪ではなく、ただみんな自分らしく生きている姿に共感できた。
終わり方が凄くいい。「ちょっと間に合わないんだ。」この一言に尽きる。

後妻業の女(2016年製作の映画)

2.5

私にはあまりはまりませんでした。
大竹しのぶは「黒い家」でのインパクトが強かったのですが、今回もかなりインパクトありました。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

最新作を映画館で見てからの鑑賞。当然ながら、こっち先に見ておくべきだったと大後悔しています。
IMFメンバーの友情とチームワークが大好きです。今回はイリアとの対面と徐々に深まる信頼と愛情もあって、観て
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

最後までハラハラドキドキが止まらなくて、観終わった時にはちょっと疲れてしまった笑
裏切りに次ぐ裏切りの中、信じられる仲間と協力してミッションを遂げようとする所に魅力を感じました。

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.8

誰も傷つかない映画って大好きです。
笑いあり友情ありラブありで、とても楽しめました。ラッパーキューピッドかなり笑えた。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

自分の価値を見出そうと奮闘するパパにきゅんとしました。
何だかんだで仲がいいファミリーにほっこり。スーパーベイビーだけど、やっぱりママが大好きなジャックジャックが可愛かった!

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

面白かった!
アクションがカッコいいだけじゃなく、ミッションにビビったり焦ったり、それぞれ心に傷を負っていたりと、とても人間味のあるキャラが魅力的だった。ラストも幸せな気持ちになれる終わり方で良かった
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

やっぱりジャンプ原作だけあって、かなり笑えました。オチも良かったです。

イーオン・フラックス(2005年製作の映画)

2.5

んー、不完全燃焼。結局モニカンは何だったの?毒を見抜く目とか、足を手にするとか、どういうこと?原作ではその辺りの世界観も描ききられているのかな?

とりあえず、映像とシャーリーズ・セロンが美しかった。

GOEMON(2008年製作の映画)

2.8

日本史エンターテイメントって感じでした。
何だかんだでラストは見入ってしまった…。

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.5

不仲な家族が何かきっかけがあって絆が深まるストーリーって、間違いないですね。

ヒーロー物を観ていて、主役は救われてるけどモブ達はかなりの数負傷しているし街はめちゃくちゃじゃないかとずっと思っていまし
>>続きを読む

タキシード(2002年製作の映画)

2.8

もう少しキレのあるジャッキーのアクションが観たかった。

昼顔(2017年製作の映画)

2.0

誰にも感情移入できなかった。指輪は見つけて欲しかった。

at Home アットホーム(2015年製作の映画)

3.5

家族の絆とは何なのか、考えさせられる話でした。
いかに本物に近づけるかではなく、いかに自然かが大切なんだ

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.0

子供の成長と、おもちゃとの別れが、おもちゃの目線で描かれている。最後の別れのシーンは感動して涙が溢れた。でも、変だけど持ち主とおもちゃとの絆が感じられる素敵な作品だった。

ダブル・ミッション(2010年製作の映画)

3.2

冴えないセールスマンのフリして実は敏腕スパイ、ボブ。子守りに奮闘しながら絆を深め、最後の子供達がボブを引き止めるシーンには感動しました。

96時間(2008年製作の映画)

3.8

随分前に見たのですが、記録するの忘れてました。

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.8

リーアム兄さん、やっぱり娘が大好きなやさぐれ最強おじ様役なんですね笑
どんでん返しの連続で面白かったです。ただ、犯人についてもう少し掘り下げて欲しかったなー。

ブレイブ ワン(2007年製作の映画)

3.0

余韻の残るラスト。ある意味ハッピーエンドなのかな?

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.8

かるたをする理由は1つじゃなくていい、という言葉にグッと来ました。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.8

5人の絆が徐々に深まって行く様子に感動しました。

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.0

ピタゴラスイッチとは言い得て妙…。
とにかくポンポンとテンポよく人が死んでいきますが、その都度目を覆っていました。どう死ぬの、いつ死ぬの、という、ホラーともサスペンスとも違う緊張感がありました。
とこ
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

2.2

それぞれのキャラがどんな背景を持ち、何を求めているのかがよくわかりませんでした。

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

3.4

登場人物がそれぞれ見てきたものが違い、解釈や胸に抱えた思いも違っていた。最後には互いに大切に思い合っている気持ちが信じられたのかなと感じました。

クライムダウン(2011年製作の映画)

2.5

村に入ってからがモヤっとしました。身代金を運んでいた人たちの正体もよく分からないし、ラストも余韻を残すというよりは、中途半端な終わり方のように感じました。

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

3.0

トランスポーターにエド・スクラインのスタイリッシュな細マッチョは求めていないのです。やっぱりジェイソン・ステイサムが好きなのです。