あたしさんの映画レビュー・感想・評価

あたし

あたし

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

最高のラスト20分のために耐える映画。このラストシーン撮るためにこの映画作ったんだろうなってレベルで面白かった。置いていかれたリーがあの後どうなったのか気になるけど、物語の最高点で映画の幕を閉じるのも>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

4.0

面白かった!アニー役の女優が、アカデミーで主演女優賞を受賞してるのも納得の怪演。有名小説家の主人公が、事故から救ってくれた女性に介抱してもらう。その女性は実はストーカーで異常性がどんどん露わになってい>>続きを読む

オンネリとアンネリのふゆ(2015年製作の映画)

4.0

可愛い子たち再び。プティッチャネンという、こびとの一族の家族を匿う話。

可愛いが溢れかえってる。季節が冬に移り変わっていて、冬着のオンネリとアンネリがもこもこしてて可愛い。2人の生活よりも、こびと一
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.6

ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』の映画版。教養として見てみようかなと思って鑑賞。なんていうか、こういう作品を上品というのだろうと思った。18世紀のイギリスの雰囲気いいなあ。調度品や服装、舞踏会の>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

面白かった〜!
スパイダーマンてこんなに種類出てるんだね。小学生の時にサムライミ版を一度見たきりで、じめっとして暗い印象だったから、本作がカラッと明るくて驚いた。他のスパイダーマンシリーズと比較するの
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.0

青春×LGBTという最近よく見る組み合わせの映画だけど、青春の解像度が高かった。高校生のときに見たかったな〜。映画を見始めるようになって青春の描き方にも多様性と時代を感じるようになった。

異性が好き
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

4.0

可愛い子たちが可愛いお家で暮らし始める話。心が浄化される。ちっちゃい子たちには優しくしよう。

ちょっと胸が苦しくなるくらい可愛い。これはバラの木夫人もおうちをあげたくなるわ。世界観もキャラクターも可
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

胸糞ここに極まれり。ドン引きした。胸糞への耐性が少ないからショックが大きかった。日本で公開中止になったのにも納得。未成年どころか成人でも精神への刺激が強い。もう見たくない胸糞ドラマは『ブラック・ミラー>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.4

老人の姿で生まれ歳をとるごとに若返っていく男、ベンジャミン・バトンの数奇な人生の話。

人生は出会いと別れに選択の連続なんだと思った。エリザベスや船長との出会いと別れ見ててそう思った。一度人生で深く関
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.4

サムとスージーの駆け落ちと周りの人たちの話。好きって気持ちから駆け落ちするその純粋さが身に染みる。

色使いとか小物が可愛い。ドールハウスみたいに家の中を映すシーンから話が始まるけど、この時点で可愛い
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.0

ドラッグ中毒の若者たちの青春。鬱屈してるし、あまり救いもないけどスカッとする。

インテリアや演出、音楽がスタイリッシュ。今見てもおしゃれだと思うから、当時の人は衝撃だったんじゃないかな。お店のトイレ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

美人な彼女がいて奨学金を狙えるくらいバスケがうまくてイケメンという三拍子揃った17歳の彼。37歳の彼はすっかりくたびれて、妻とは離婚、子ども2人とも上手くコミュニケーショも取れずあの頃の輝きは見る影も>>続きを読む

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(2012年製作の映画)

3.0

高校からの仲良し4人組の1人が結婚する。結婚式の前日にハメを外した他の3人がウェディングドレスを汚した上に破いたから大変。どうにかして結婚式までにドレスを修復しようと奔走する話。

学生時代に仲良しグ
>>続きを読む

密航者(2021年製作の映画)

3.0

3人乗りの宇宙船に、もう1人乗船していたという緊急事態が発覚。4人分の酸素がない上に、二酸化炭素を排出する装置も破損。1人が他を生かすために死ななければならなくなる。最悪の選択を迫られる中、全員助かる>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.6

アカデミー賞受賞めでたい!
29分ていう、普通の映画よりずっと少ない時間の中に強いメッセージが込められてる。BLMの影響を感じるし、こういう風に映像作品で観ると黒人差別を見て聞いて、経験として得られる
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.6

非番の警察ジョン・マクレーンは高層ビルで行われているパーティに参加していると、偶然テロリストの襲撃に遭う。運良く1人だけ別の場所にいたため、事態を収集すべく単独行動を取るマクレーン。

おおお、これは
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

パプリカって何って思ってたらポスターの女の子がパプリカって名前なのね。他人と夢を共有できるDCミニという機械が悪用されて夢と現実の境界線が薄れてく話。

2006年の作品だけど古臭さが全くなかった。ス
>>続きを読む

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

3.0

ホラー演出が怖いっていうより衛生面の汚さの方が怖かった。これ見ながら、今の時代じゃスマホあるからこんなことにはならないな〜って考えてた。スマホをホラー展開に絡めるのって難しい。

里帰りのために田舎町
>>続きを読む

ダンプリン(2018年製作の映画)

3.6

お母さんが元ミスコン女王のウィルことウィローディーン。お母さんはウィルをダンプリン(肉団子)というあだ名で呼び、それを彼女は不満に思ってる。そんな彼女が反抗心からミスコンに応募する話。

高校生の時に
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

2.8

合う合わないはっきり分かれそうな作品。考察系や淡々と進む映画が好きな人はこの映画も好きそう。私はあんまり合わなかった。当時のアメリカや宗教、魔女に関する知識が必要で、それらに疎いから入り込めなかった。>>続きを読む

クワイエット・ボーイ(2015年製作の映画)

2.8

んんんん〜って感じ。特別面白い部分もないし、特別悪い部分もないから印象に残らない。

トンミが教会で嘔吐するくだりがなんでそうなったのか分かんない。ミスリードのためだとは思うけど無理矢理すぎるイメージ
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.8

クリストファー・ランドン監督が私の中で熱いので鑑賞。
ポスター見て、5人でゾンビをバタバタ倒してくのだと思ってたけど、5人全員が1枚の絵として集結してるとこはなかったのが意外だった。

ゾンビとブリト
>>続きを読む

寝取られ男のラブ♂バカンス(2008年製作の映画)

3.2

『グッド・プレイス』でクリステン・ベル好きになったから、何か出てる映画ないかな〜ってNetflixで探してたらちょうど見つけたので鑑賞。

内容は下ネタ多めだけど、主人公が彼女(クリステン・ベル)に振
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8

面白かった〜!ホラー苦手な人でも見れる映画。グロ描写はけっこうきつかった。割れたワインボトルぐりぐりは見ててうわあああってなった。

殺人鬼in女子高生はほんとにJK乗り移ってた。走り方とか仕草とかが
>>続きを読む

ザ・ハッスル(2019年製作の映画)

3.4

お上品な手口を使う詐欺師と、非常識で相手の同情を誘って騙す詐欺師が出会う話。最後に出てくるアンハサウェイのダブルファックポーズが最高。

師弟関係になったり、ライバル関係になったり、相性良いんだろうな
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

2も安定に面白かった。3の製作も決まってるらしく嬉しい。パディントンがご近所さんの生活を私も送りたい。

今まで見た映画やドラマの中で1番明るい刑務所。なんなら「グランドブダペスト・ホテル」みがある。
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.0

ジャケットの女性がヒロインだと思ったら違ったの巻。

こんなスーパーは実在したらバカッターどころの騒ぎじゃないし、もはやこういう種類のアトラクションだと思うレベル。店員たちのクセが強い。

不眠が原因
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.6

やるせない。クラスのはみ出し者のロレンツォ、ブルー、アントニオの3人の青春の輝きを映した作品。歯車が狂い出してからの収集のつけ方が本当にやるせない。

レディ・ガガの『Born This Way』をB
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

え、うそ、インテリア素敵すぎない?ってなった映画。ブラウン家の内装じっくり見たすぎて、一時停止しながら見てた。個人的には『アメリ』と張れるくらいインテリアが素敵。

クマが海を渡ってロンドンに。クマが
>>続きを読む

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち(2020年製作の映画)

3.6

「キアヌを投げ飛ばしたわ」っていうパワーワードを見てからこの映画絶対見よって思ってたけど、こんなに早くNetflixに来るとは!字幕が「キアヌ・リーブスと格闘した」に変わってたのはちょっと残念。

>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

気になってたけど後回しにしてて、いざ見たらめちゃくちゃ面白くて最高だった!やけにペプシが出てくると思ったら協賛なのね。

カンニングビジネス映画。カンニングの手口が鮮やか。ピアノを使ったカンニング方法
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.4

3人の女子高生が多重人格者に監禁される話。知らない人から監禁されるのですら恐怖なのに、その犯人が多重人格者って恐ろしい展開。

多重人格者のこいつやばい感がすごい。特に、窓のそばにあるラジカセの話はゾ
>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.6

アンジェリーナ・ジョリーが主役かと思ったらジェームズ・マカヴォイが主役だった映画。冴えない会社員が暗殺者になる話。

過剰なまでに山場や厨二がときめく要素が出てくる。暗殺者になるための無茶振り訓練や回
>>続きを読む

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.6

自殺願望のある主人公クレイグの5日間の入院生活の話。小児病棟が工事中のため、成人患者と同じ病棟に入院。そこでの色んな人たちとの交流によって自分の気持ちと向き合っていく。

客観的に自分を見るの大事。ト
>>続きを読む

スクリーム(1996年製作の映画)

3.6

有名なゴーストフェイスの殺人鬼が出てくる映画。ホラーかと思ってたけどこれはホラーコメディですね。『最終絶叫計画』を先に見てたから、最初のシーンはホラーなはずなんだけど、ギャグだったし再現性が高かったこ>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.8

アイアンマン2!話は前作よりもコメディ要素多くて明るい感じ。

トニー・スタークが安定にナルシストで奔放だった。今作は天才ぶりが炸裂。あれがメッセージだと気づいて解いていく様子はわくわくした。新しい原
>>続きを読む

>|