ngsmさんの映画レビュー・感想・評価

ngsm

ngsm

渋谷の映画館にいることが多いです。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

最後があんまり好きではない。改めて「クリーピー」は間口の広さも作家性も両立していた良い作品だったと思いました。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

ん…

偶然だけど、斉藤由貴のキャスティング、近頃話題の実生活と若干リンクしてて説得力増した

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

BeckのDebraの歌詞と、劇中のやりとりが一致するところが最高
お話はトゥルーロマンスっぽさ

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

ソウルでのチェイスシーンや、最後の決着など、所々ポン・ジュノ映画っぽい不気味な感じがあったし、スノーピアサーより楽しんだけど、やっぱりサスペンス映画を撮って欲しいです

山を駆け抜けるところが好き。画
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.5

終盤お話をまとめようとしてなんか微妙な印象になった(橋本愛の真相とかどうなんだろ…)けど、それまでの突き抜けっぷりは好き

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.0

池松くんのチャリのシーンのためにあるような映画、画でもっと語って欲しかったけど

「オーバーフェンス」と近いと思った。こっちは東京都が舞台だけど

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.8

ここまで誠実で品がある作品もそうそうないのでは。
今年のアカデミー賞関連作品の中でもぶっちぎりで好きです

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.8

これは基本的に文句のつけようがないのでは…

1作目でキャラクターや世界観の前提は説明できているので、割と自由にお話作れるメリットが出まくってる

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

本を読むと美女と恋に落ちるチャンスがあるかもという学びがある。

というのは、さておき、世界中で最も有名な悲恋の話である「ロミオとジュリエット」を更新しようとする話なのかなと思いました。
ロミオとジュ
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.0

この手の話で邦画で好きな作品なかなかない(「おとぎ話みたい」とかもそう)。好みの話だと思うけど、小説とかならこの手の話好きなんだけどなぁー

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

前作はもう10年以上前に見て、「時代を代表する名作って言われているわりにはそれほど面白くないなー、音楽がいいだけじゃない?」と思ったことをはっきり覚えていたけど、今回は大満足

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

「どう言ってほしいの?」「わからない!」というやり取りに、わかる〜とうなずいた

主人公以外も魅力的なキャラがたくさんいて、特にお母さんがメールを返すところ、好き

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

1.0

お母さんの価値観がゴリ押しされて、それが何の対立もなく受け入れられちゃう感じが本当に肌に合わなくて無理だった。

無理だと思った場面をあげると、例えば、娘のいじめを知った場面や、娘を実の母に合わせる場
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

LGBTが〜というよりも、もっと純粋に人と人が惹かれ合うラブストーリーという感じで、去年のキャロル(あれは性別が逆だけど)っぽさがある

ウォン・カーウァイの影響が、って言われてるけどそんなに彼の作品
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

4.0

多民族・多言語・多宗教なマレーシアを舞台にした話

見終わった直後、同じ監督作で前に見た「細い目」の方が好きかもと思ったんだけど、色々感想を読むうちに、きちんとこの映画を見れてなかったと思うようになっ
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

-

DVDにて

結構楽しみにしてた作品だったけどDVDスルーで悲しかった

まずスコアがかっこよくて印象的!直前に見た3月のライオンのそれがダサかった反動もあるかも

牧場の話やなぜジョエル・エドカード
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

2.5

映画化したからこそのなにかしらの良さが出てたかというと、それはなく、漫画のダイジェストという印象。漫画を読めばいいじゃんという意見をはねのける何かは見つけられなかった。

仕方ないことかもしれないけど
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

機内で見た。

原作読んだときに感じた難解さはなくなっているけど、わかりやすくなっているから面白いのかと言われると、それはどうなんだろう… 真意にハッとする感じは弱くなった気もする

サウダーヂ(2011年製作の映画)

3.5

評判は良く聞くけど、DVD化していないので、かれこれ3年くらい見たいと思っていた今作は、「クールジャパン」と対照的に、日本が世界に発信したくない現状について描かれた話。製作は3.11より前だったという>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

祈祷師が着替えるところで、ふんどし姿を見せたところ、なんか違和感残ってたんだけど、めちゃめちゃヒントだったのね…
そこで國村隼と共通点が…
イヤな気分で終わった…

チェイサーは都市の撮影がかっこよか
>>続きを読む

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

4.0

終始ナイスガイなビル・ベイダーが唯一「え、それってどうなの?」って思う嫌な発言をしたんだけど(スポーツ選手は○○〜、雑誌の連中は△△〜ってやつ)、それが終盤ヒロインの行動できちんと回収されたのが良かっ>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

5.0

久しぶりに見返したけど、大好きすぎる。

TOHOシネマズ六本木ヒルズでの初見時のことは、内容に興奮したことはもちろん、劇場を後にしたときの景色まで今でも鮮明に覚えてるくらい衝撃で今でも大切な作品
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

予告編見たときに想定してた話とはかなり違う、ガールズムービーだった
ただ、これ以上はネタバレになるので、現時点で興味を持っている人は迷わず見に行けばいいと思う。パク・チャヌク作品なんだし。

「オール
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

-

DVDにて

映画史に名を残す作品(「めまいショット」!)だけど、初めて見た。
タマフルで語られていた、フィンチャーの「ゴーン・ガール」が、テーマ的にこの作品をアップデートしたという話がよくわかった。
>>続きを読む

>|