ngsm

ngsm

渋谷の映画館にいることが多いです。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

4.0

ホラー映画とアメリカ青春映画が兼ね合わされたフレッシュな作品。
単純に怖いけど、それだけじゃないからカルト的な人気集めてるのも納得だし、話し合いたくなる

画面の綺麗さが「ぼくのエリ」っぽいし、郊外の
>>続きを読む

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.5

1/6 シネマカリテ

ウェス・アンダーソンとノア・バームバックが関わる作品に、まさかあの映画監督が出てくるとは!しかも、その起用も納得できる!

内容は、三谷幸喜が作りたくても作れなかった古き良き雰
>>続きを読む

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

-

登録し忘れてたし、機内でみたんだけど、海街diaryかこれが去年のベスト映画

a tribe called questの曲がかかるところ最高

グッド・ストライプス(2015年製作の映画)

3.5

1/4 アップリンク

音楽シーンが微妙だけど、それ以外はどこにでもありそうなお話なのにずっと見てられる。

2人とも感情を抑えきれなくなると早歩きをするのがいい。走るのではなくて早歩き。

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

3.5

1/1 シネクイント

ヒップホップ版ジャージーボーイズ

アイスキューブは「21ジャンプストリート」のコミカルな印象が強かったから、若い時は尖ってたのかーという驚き

orange(2015年製作の映画)

-

タイムトラベルものだし、過去の後悔にとらわれてる人の話好きだし、そんなにつまらなくないだろーと思って見たけど、普通につまらなかった。

多分、そう感じた一番の原因は、土屋太鳳演じる菜穂ちゃんが、山崎賢
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

とくにこれといった不満もなく楽しく見ました。
レイがフィンを引っ張るという形になってるのがいい。

ポー・ダメロンかっこよい

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

スカイフォールよりクスッとする所が多かった気がする。前作から引き続き、ハッとする画が多い。

ただ、都市の魅力は前回の方が引き立ってたかな(前作のスコットランドとかイスタンブールが良すぎたこともある)
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

-

最高のトム・クルーズとサイモン・ペッグ
あとラストの「imfへようこそ」痺れる

HERO(2015年製作の映画)

-

最初のシリーズは熱心に見てたから、宇多田ヒカル流れないことに衝撃

予告犯(2015年製作の映画)

-

思ったよりちゃんとしてた


警察側の魅力の乏しさ、戸田恵梨香の経歴で法学部卒なのにプログラミング専攻って変、逃走シーンで六本木の交差点からミッドタウン方面に逃げてるのに恵比寿に出てきちゃうのか…と思
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

-

「foxサーチライトが配給してる青春映画」って聞いた瞬間に、「見たい!」と思った人はお勧め

「きっと星のせいじゃない」みたいな話で、主人公の趣味は名作映画のパロディー映画作りで、ウェス・アンダーソン
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

3.8

テアトル新宿

宮崎駿風に言えば、「この世は生きるに値する」、木皿泉風に言えば「居てよしっ!」

そんなメッセージを伝えるタイプの映画。予告編・あらすじにあまり目を通さないで見た方がいいかも…


>>続きを読む

ディアーディアー(2015年製作の映画)

3.5

テアトル新宿

見に行こうと思った理由3点
1. 蓮實重彦、黒沢清、横浜聡子、瀬田なつきなど数多くの映画人がコメントを寄せてたこと

2. 幼少期のイケてた時を引きずっている兄弟の話ってことで、大好き
>>続きを読む

鶴八鶴次郎(1938年製作の映画)

-

11/1 目黒シネマ

鶴次郎、お前…
って話
成瀬巳喜男映画の見方学ばないと

長谷川一夫って俳優初の国民栄誉賞受賞者なのね〜

知らない、ふたり(2016年製作の映画)

3.0

東京国際映画祭

映画だけでなく、乃木坂46からトリプルファイヤーまで様々なMVも手がける今泉監督の新作は、韓国のアイドルグループを主演にした恋愛映画(notアイドル映画)

バラバラだったストーリー
>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

-

10/23 netflix

netflix初のオリジナル映画作品は、強烈な戦争もの。「野火」や「それでも夜は明ける」を連想させた。(後者は戦争ものではないけど)

内戦で家族が離れ離れになったところ
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.0

手際よくまとめる手腕はさすがだし、当然面白いんだけど、大根さんならもっと面白くなってもいいのに、なんなら映画じゃなくて、連続ドラマだったらどうなってたのかな〜とかつい思った。映画じゃなきゃいけない意義>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

-

「恋人たち」に備えて再見。

改めて見ると、何を映して、何を映さないかの取捨選択が独特なことや、キャストが豪華なことに気づく。加瀬亮や新井浩文の贅沢な使い方!

淀川長治が橋口監督のことを「ヴィスコン
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

4.5

10/11 テアトル新宿

面白さをまだ言語化できてないけど、足音だけであんなゾワゾワした気持ちになったりすることがこれまでの映画鑑賞で経験したことなかった…

ピアノを弾くシーンと、終盤浅野忠信が宇
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.0

10/8 DVD
心が暖かくなって、明日は人に優しく出来そうな気がする類の映画

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.0

「あの花」はリアルタイムで見ていて好きだったから、今回も予告編の感じに若干不安を抱きつつも、それなりの期待感を持って鑑賞した。

結論から言うと、言いたいことがたくさん募る、どっちかと言えば嫌いな作品
>>続きを読む

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

4.8

9/23 シネマヴェーラ渋谷 黒沢清特集

2回目の鑑賞。何年か前に見たときも、「ゼロ年代傑作映画特集とかでメディアに取り上げられるのも納得の面白さだなー」と思ったけど、「大地震起きないかなー」という
>>続きを読む

わが恋せし乙女(1946年製作の映画)

-

9/19 Hulu

Huluで木下恵介作品見よう企画第2弾。
これは今見ても全然アリな切なくロマンティックなラブコメだった!75分でサクッと観れるからオススメ!
恋仲みたいなテンションで見れるはず、
>>続きを読む

花咲く港(1943年製作の映画)

-

9/17 hulu
netflix始まったし解約しようと思っているhuluでなぜか木下恵介作品が大量に見られるようになっていたのでデビュー作から鑑賞。

九州の小島にやってきた2人のペテン師が、島の
>>続きを読む

三つ数えろ(1946年製作の映画)

-

9/11 シネマヴェーラ渋谷

ポール・トーマス・アンダーソンが「インヒアレント・ヴァイス」を撮る際にこれを参照したということ、そろそろハワード・ホークスとか古典に手を出してもいいんじゃないかという思
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.0

9/10 TOHOシネマズ渋谷

なんでブライス・ダラス・ハワードにこんな美味しい役回ってきたのかっていうのが最初に思ったこと。
「ヘルプ」が大好きな自分としては嬉しいからいいけどね!

恐竜が好きで
>>続きを読む

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

5.0

9/1 爆音映画祭@渋谷WWW

文句なしの5点ですわ
名作と言われてるのはずっと前から知ってたけど、その期待を余裕で越えた!
爆音映画祭の音響や観客の雰囲気も良かった。

Vampire Weeke
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.5

8/29 ユーロスペース

期待しすぎた感じは否めない…

敵との戦いではなくて、飢えで苦しむというのが、他の戦争映画と違うといえばそうだけど、それは史実として知ってるし、その知ってることを大きく超え
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

-

家族が録画してたから久しぶりに見た。
「野球、やろうか」で爆笑

前作の方が印象的な暴力シーンが多かったけど、今回はストーリーにフォーカスしてる


あと、アウトレイジに出た椎名桔平が北野武に、なんと
>>続きを読む

グブラ(2005年製作の映画)

3.5

8/21 ギンレイホール オールナイト

細い目の続編だけど、こちらはダークな群像劇

細い目(2004年製作の映画)

4.0

8/21 ギンレイホール オールナイト

ロミオとジュリエットを下敷きにしたようなベタなストーリーなんだけど、きちんと面白かった。

理由は2つあって、マレー系と中国系という異なる民族が共存して住むマ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

「喜びを他の誰かと分かりあう!
それだけがこの世の中を熱くする!」(©オザケン)
を体現したような映画で最高。




個人的には、娘がギター弾くところで泣きそうになった

バケモノの子(2015年製作の映画)

-

2週間くらい前にTOHOシネマズ新宿で見た。

楓と出会い、一緒に勉強することによって、自分の世界が広がっていく感じが描かれているところがピークで、その後どんどんノリきれず。