MUTUさんの映画レビュー・感想・評価

MUTU

MUTU

  • 40Marks
  • 23Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.5

ポーランド出身の作家イェジー・コシンスキの小説を映像化。第二次世界大戦中にホロコーストを逃れるために、両親に疎開させられた少年が疎開先を転々としながら、自身に起こる悲劇と成長を描いた作品。
全編約3時
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.5

DCコミック原作のスーパーヒーロー映画。

舞台は1984年、第一次世界大戦を背景としていた前作から66年後。DCコミックヒーローの中でスーパーマンに次ぐ強さを持った、ワンダーウーマンが再び世界を救い
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.5

過去に犯した過ちで心を蝕まれた女性刑事が、決着をつけるため猪突猛進する犯罪スリラー。

ニコール・キッドマンが特殊メイキャップで覆い、話題となった作品。本作の演技で第76回ゴールデングローブ賞(201
>>続きを読む

アース・フォール JIU JITSU(2020年製作の映画)

2.0

宇宙からやってきたエイリアンと、世界最強の格闘家たちがさまざまな格闘技を駆使して戦うSFアクション。
エイリアンが雨宮慶太監督の「牙狼-GARO-」に出てくる魔物ホラーみたいに特撮モノのクオリティにな
>>続きを読む

アンチ・ライフ(2020年製作の映画)

2.0

宇宙船に潜んだ謎の生命体と人間たちの戦いを描いたSFアクションスリラー。

ブルース・ウィリスにギャラを使い過ぎたのか、CGはショボい…。ストーリーは未知のエイリアンに寄生されて宇宙空間でゾンビ増殖な
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.5

漫画原作の実写映画、原作漫画は第一部は読んでいる。

岡田准一の肉体美とアクションを観る…。木村文乃は原作のキャラに大分近いし、印象としては良かった。岡田准一はアクションは良かった、流石に格闘マニアと
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.0

前作の「新感染 ファイナル・エクスプレス」から4年後が舞台。

韓国全土にゾンビが蔓延る世の中、大金回収の為朝鮮半島へ上陸する。コソ泥じゃん!とのツッコミはさて置き、今作も「家族愛」を重点に置いた構成
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

2020年公開のホラー作品。

トランプ大統領がTwitterで批判したり、公開一時延期になったりと問題作とパッケージで煽っていたけど…。
公開1カ月前に起きたテキサス州エルパソ・オハイオ州デイトンで
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

90年代半ば、主人公13歳のスティーヴィーの思春期青春映画。

中学2年の時、男子諸君なら絶対共感するシーンが盛り沢山!
年上の先輩に憧れたり、早く大人になろうと先輩の聴いてる音楽、雑誌を真似てみたり
>>続きを読む

狂武蔵(2020年製作の映画)

3.0

今注目のアクション俳優、坂口拓の2013年時に未完で撮影した作品をクラウドファンディングにて完成させた。
坂口拓は一度この作品で引退しているが、その後復帰して今に至る。近年の作品だと「キングダム」の左
>>続きを読む

HiGH&LOW THE WORST(2019年製作の映画)

3.0

「HiGH&LOW」と人気マンガ「クローズWORST」とのコラボ作品。
HiGH&LOW屈指の人気を誇る村山率いる「鬼邪(おや)高校」とクローズWORSTの「鳳仙高校」との抗争の話し。時間軸としては、
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

ゴジラがハリウッドに再度出演する作品で、「GODZILLA ゴジラ」「キングコング:髑髏島の巨神」と「ゴジラvsコング」へと繋がる作品。最初のハリウッド版ゴジラは…。無かっと事にして。(だってあれは、>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

実写映画と聞くと、どうしても過敏に反応してしまう。鑑賞するのに「ヨシッ!観るぞ!」とかなり気合を入れて見てます。更にディズニーはミュージカルを入れてくるので自分的にはかなり気合を入れます(笑)

率直
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.0

米ホラーはどうしても「怖がらせる」でなく「脅かす」がメインだからチョット苦手です。(いきなり大きな音を出すから…)

ギルレモ・デル・トロ制作なのでクリーチャーは気味悪かった、特に病院の「青白い女」は
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.5

ブックスマートの意味は「本で詰め込んだだけで実体験を伴わない知識を有する(人)」だそうです。その意味の通り、高校3年間勉強だけした陰キャ主人公の二人。しかし、気付けば周りの陽キャ(パリピ)共の進学・就>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.0

ミッドサマーの様なシュチュエーションスリラーに、SFの要素を加えたのと予想してました…。全然違いました!

村に嫌がらせされて襲われたので、ガッツリやり返す映画でした。

予告でも「見事なまでに狂って
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.0

20世紀最大の水難事故の映画。
この年のアカデミー賞を歴代最多の11部門を獲得し、映画史に残る名作。
当時は社会現象にまでになっていた。
まったく映画に興味の無かった、亡き祖父母もビデオテープを持って
>>続きを読む

HUMAN LOST 人間失格(2019年製作の映画)

2.5

太宰治の小説「人間失格」SFにオマージュして、SFダークヒーローにしてCGアニメーションにした作品。

スーパーバイザー に「踊る大捜査線」、「PSYCHO-PASS」の本広克行。ストーリー原案・脚本
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

洋画の天候パニック映画
この手の映画は、良く言えば単純で安定感がある。悪く言えばストーリーが粗いと悪目立ちする作品。
「自然の脅威には人間は敵わないよ〜」と思って観てたら…全然違った!人工的に天候を操
>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.0

韓国と北朝鮮の軍事境界線の地下要塞で展開する極秘ミッションを描いたサバイバルアクション。

FPSゲームの「R6S」みたいなのかと思ってたらチョット違った。アクションは三分の一位で、他は救急医療と監視
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

フランスのミステリー映画。

1回目鑑賞時は、最後のオチにビックリしながらもスカッとした。2回目鑑賞時はオチが分かるのでストーリーに集中して見れた為か、「最初から自分の名前でやれば良かったんじゃね?自
>>続きを読む

コスモボール/COSMOBALL(2020年製作の映画)

2.5

最近個人的に注目してる、ロシアのSF作品。
映像は綺麗、CGは凄い、脚本は…残念。
世界観はリュック・ベッソン監督の世界観に何となく似てる感じ。
コスモボールも何だろう、FF Xのブリッツボールを思い
>>続きを読む

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー(2020年製作の映画)

2.5

CGを使っているものの、古き良きチャイナアクションが満載の作品。
ワイヤーアクションバレバレの演出が逆に新鮮に感じた。

妖怪が出るけど、役者が綺麗過ぎて全く怖くない(笑)

特にホラー的な、体・目線
>>続きを読む

アーカイヴ(2020年製作の映画)

3.5

作品の舞台が日本の山梨県。
研究所施設の至る所に、日本語が散りばめられている。(どういった意味でその漢字が印字してるのかは不明だけど…。)

日本アニメの「GHOST IN THE SHELL / 攻
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

2.5

HiGH&LOW THE MOVIE3
通称ザム3

メインよりも、サブメンバーが活躍する印象。(パリタ〜ム言わなかった…。何だし!)
琥珀さんの「不味そうなスムージーだな」にはツボった(笑)
「仲間
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.0

HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY
通称ザム2

前回よりも更にアクションがパワーアップ!新しいキャラも登場し、SWORD地区の派遣争いがドンドン激しくなる。

そして、ツ
>>続きを読む

HiGH&LOW THE RED RAIN(2016年製作の映画)

3.0

HiGH & LOW THE RED RAIN
通称レッレ
雨宮兄弟の物語。満を持してHiGH & LOW中最強と言われた長男登場!
…のはずなのに全然強いと思わせるシーンが無い!強いと言うより、尊龍
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.0

HiGH&LOW THE MOVIE
通称「ザム」

アクションがとにかくカッコイイ!
「るろうに剣心」のアクション監督なだけに邦画の中でも間違いなくトップクラス!
特に乱闘シーンは迫力満点。
ドラマ
>>続きを読む

バイオハザード(2002年製作の映画)

3.5

世界的大ヒットゲームの実写映画。
主演のミラジョボビッチの出世作と言える作品。(個人的にはフィフス・エレメントなんだけど)
でもやはり…我らがタンクトップ姉さんこと「ミシェル・ロドリゲス」が出演者なの
>>続きを読む

目撃者(2017年製作の映画)

3.5

偶然連続殺人鬼の犯行を目撃した主人公。家族を守る為にとった行動が、主人公自身と家族を追い詰めるサスペンススリラー。
殺人鬼も怖かったけど…
最後のシーンで、現代の社会問題を苦言した事だと解釈したら本当
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.5

暴力団組長・暴力刑事だけではありきたりだが、ここに無差別殺人犯が入れば。面白い要素としては十分ですね。
画面からでもにじみ出るマ・ドンソク兄貴の圧力!(笑)
彼に喧嘩を売った殺人犯、そしてついに超えて
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.5

開始5分も経たずに、出し惜しみなくコメディ全開(笑)
身体張った笑いは、万国共通と感じました。
終盤に、登場人物の隠された実力が見れて興奮してしまった。
カルビタレチキンって…あれ絶対美味いだろ!(笑
>>続きを読む

ムーラン 戦場の花(2020年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

同時に借りた「美しき英雄」よりはアクションが良かった。
酒で酔って自分で素性をバラすって...
何だし‼️ (笑)

ムーラン 美しき英雄(2020年製作の映画)

1.5

ディズニーのとは別モノ。
予算を割くと、どうなるかが分かるクオリティ。
心の中でツッコミながら鑑賞しましょう。

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

怪物以外ほぼ全員○ズ!
でも、とても考えさせられる一本。
今の自分達と違うモノを阻害し迫害する、そして、イジメる理由はただ面白いから。
今の若い子に観て欲しいかな。
先生の最初の言葉「因果応報」
胸に
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

始めは誰も味方でなかったが、徐々に味方が増えて爽快に懲らしめる。
メイン3人の女優もカッコ良かった。
個人的にはケイト・マッキノンが良い配役でした。

>|