おじさんさんの映画レビュー・感想・評価

おじさん

おじさん

点数ががちゃがちゃ。
映画にはピザ。

映画(1709)
ドラマ(118)

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

2.4

各キャラも伏線もステージもかなりペラくて何も生まれない悲しさ。

筋肉界では”暑い”という設定はすぐボタンに手を掛ける好設定なはずなのにもったいない…

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.8

ムキムキ胸毛のハゲをゴリゴリに闘わせといてエンディングにお洒落な”Fin”を出せる神経がマジで理解不能。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

悔いなく綺麗に死んだ後にゾンビとして後世生きながらえる苦しみが見えた気がする

ANIMA(2019年製作の映画)

3.8

意図を考察するべきなのか体感するべきなのかコンテンポラリーを観る時のスタンスはいつも悩ましいけど説明として言語化された文面の陳腐さに毎度びっくりするからコンテンポラリーはなんかすごい(語彙力)

GO
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.9

“あるのはあなたの記憶とあなたの取った選択とあなたの知人だけ”

タイムリープに青春のたらればを織り込んだようなうさちゃんムービー🐰

田口もびっくりなガンギマリ顔のギレンホール🙇‍♂️

リディック:ギャラクシー・バトル(2013年製作の映画)

1.2

作品内で必要だと思われる要素が一切見られないところが最高に好き。

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

2.0

あ、2作目を定期的に見直すのでジェニシスしていただかなくて結構ですよ…?

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

狂乱短パン貴族ガストンの怒りの腹癒せマグナム三連発。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

今までのストーリーほぼ覚えてないけどアメリカの映画界にはいくつになっても消化するのに体力使う油っこいアクション好きのブリブリなおっさん多すぎて尊敬しちゃう。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

“ASSEMBLE”

ふらっと『アイアンマン』を観てから11年も経った感慨で胸が一杯。また一時代終わってしまったんですね。

ハルク(2003年製作の映画)

2.3

緑のおっさんのイメージだけ強すぎていつまでたってもどっちの作品がどっちの人か分からなくなるから2人の緑のおっさんにはどんな役やっても「スティーブンセガールがー」って言われちゃうセガールのセガールたる所>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

2.9

相対的にみるみる弱くなるソーの友達とハスキー声でなんとか及第に乗る浅野たんの英語きゃわわ

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

2.6

越権行為を棚上げしっぱなしのままゴリゴリ進むタフムービー。

ドラマシリーズとかアクションとか全く関係なく、胸焼けしそうな濃いイケイケ人種の会話だけのコメディにしてほしい。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2

久しぶりに親と茶でもしばきながら話するかという気持ちになる映画はいいな。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.3

可もなく不可もないポップコーンムービー。

普通のアクションとストーリー展開を見込んだアクションとの知能の差が激しい。

フランス情勢にズカズカ踏み込むアメリカ人って言う図をフランス人がどう観るのか少
>>続きを読む

チャオ・パンタン(1983年製作の映画)

3.7

カサヴェテスの『グロリア』と並ぶ『レオン』の元ネタ。男の「く、くせぇ…!」要素を濃縮したような作品。

孤独さとか業を背負ってる感とかが漢のロマン詰め合わせみたいな感じでありつつも、美少女の好意を無下
>>続きを読む

コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ(2018年製作の映画)

4.1

「ステージに向かう姿をオープニングに出すな、平凡すぎるから」

メンバーやスタッフの自己の役割認識と一体感の強さは言わずもがな、カメラに関しては本当に結成当初から終始回してたんだなとわかるくらいにメン
>>続きを読む

ドリームボート(2017年製作の映画)

3.1

「大勢の男達がひしめき合っているんだ、会話もせずにね。」

というように求愛の飾り(筋肉をも含む)をつけて遊び狂う混沌を極める船旅で全く見たことない世界。

派手な方々の一方で自分のゲイとしてのあり方
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

絶妙に発展途上のグロ造形具合は最高なものの肝心のラスボスはやり過ぎて萎えちゃう。


『ヘイトフル・エイト』への昇華に感謝。

スモーク(1995年製作の映画)

3.6

井関さん堀越さん黒岩さんのような類稀なるお方が日本的な要素を溶け込ませたからこその名作になったのかなと勝手にニンマリ。

とにかく眠かった。歳とったらまた観よう。

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

2.8

黙々と積み上がるNetflixの午後ロー映画枠。

もっと報われても良いはずだ的なアメリカの現代感とか因果をしっかり喰らう流れは作品にそこはかとなく漂う『エクスペンダブルズ』候補生感を知的に拭おうとし
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

-

ディズニーに奨学金を貰いディズニーでキャリアを初め、ディズニーにクビにされたおじさんの回帰。スティーブ・ジョブズみたいだな。

ザ・グランドマザー(原題)(1970年製作の映画)

3.4

“マイ!” ”マ!”

ババアの口笛に呼びつけられる美ショタ

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.1

濃い絵面に薄いストーリーのコントラストにお手上げ🙌

ロック兄貴銃で撃たれてた気がしたけどあのへこたれなさ…やっぱ気のせいだったか

>|