Maxyさんの映画レビュー・感想・評価

Maxy

Maxy

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

2.5

1時間20分の割に体感的に長く感じた。
残念ながら、えええ!?と言う衝撃は起きず。

日本沈没(1973年製作の映画)

3.6

田所「しるかぁ!」

地殻変動て日本が沈没危機。
日本政府が考えるD計画とはなんなのか。

冒頭、2021年めは考えにくい程の人の数。
プール、銀座、中央線。溢れかえってる。
こんな密集はうんざりだが
>>続きを読む

楽園追放 - Expelled from Paradise -(2014年製作の映画)

3.0

荒廃した地球、メカ、少女、微エロ。
80年代OVAの頃から基本的に変わりはないが、
作りは丁寧だしセルルックの違和感もない。
そして板野サーカスも健在。

とは言え、キャラの表情は豊かだけど、怒り顔が
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.8

遊星からの物体黒いネバネバ
スパイダーマンのヴィランであるヴェノムを主役においた作品。

とりあえず主演のふたりがあまり好きでない。
さえないジャーナリストのおっさん。
変わり身の早い若造りしたおばさ
>>続きを読む

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

3.0

ジャケットのまんま。
ゴリマッチョダイハード。
途中から少しずつオリジナル感を出しつつ、
体型に似合わないことを連発する。

最近のピアーズブロスナンは、
なんかこういうちょい役が多い気がする。

弁護人(2013年製作の映画)

4.1

高卒弁護士の成金大成功からの転落人生みたいな作品かなと思っていたら中盤からガラリと空気が変わる。なるほどそういうテーマだったのか。自分の幼少期1980年台の韓国ってこんなだったのかと思うと、なんとも言>>続きを読む

サンクタム(2010年製作の映画)

3.3

あまりない洞窟映画。しかも海底もの。水もたっぷりで作りもしっかりしてる。クソ男に傲慢女。テンプレも準備万端。

父親に疑問を持ち続けたジョシュも最後はイニシアチブとっていたし、父親への理解とともに成長
>>続きを読む

タイム・チェイサー(2013年製作の映画)

-

鈴木福さんと言わないと怒られる世の中。
やはり彼もオスメントさんと呼ぶべき。
その彼の童顔と顎割れ、その他ツッコミどころ満載ルックスにストーリーどころじゃなかった。

タイムリミット 見知らぬ影(2018年製作の映画)

2.5

2021年ナンバーワンイライラMAXムービー

さっさと事情を話してガキを黙らせろ。
無能な警察にもイライラ。イライラしない登場人物は爆弾処理班のリーダーくらいか。

マーシャル博士の恐竜ランド(2009年製作の映画)

3.3

つまらない人には極上につまらない作品。
馬鹿にしてるのかと怒りすら覚えるだろう。

こんなの見たかった気分の自分は、とても楽しく鑑賞できました。小ボケ連蔵で下品の珍しい作品だなとおもったら終盤は下品マ
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.2

本物のエンドオブシリーズ第三弾
1作目から9年。ジェラルドバトラー老けたと言うかたるみが凄いんですけど笑

幾度なくピンチを救ったマイクだが持病には勝てず、マイクの不安に歩調を合わせるかのように敵の攻
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.1

妄想を実現させることができる。
それが富豪。 妄想した愚民を消すことも。

アメリカ各地から誘拐された人々らが、
人間狩りの標的にされてしまい逃走する物語。

殺人鬼になりきれない所がどこかまだ、単な
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

自転の歪みとゾンビ。
これは新しいコンセプトだよっ

キャスティングに 、
ビル・マーレイとアダム・ドライバー。
脇にブシェーミ。個人的にはこれで満足笑

本作はクスッと笑えるかどうかが重要。
前半は
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.3

俺は! 穏やかに! 暮らしたい!

人に関わらない仕事を選べばいいのだが、何故かタクシー運転手の毎日。今回は前回のように時間ピッタリに行動する要素がかなり減っており、アクションも控えめ。それだと寂しい
>>続きを読む

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

2.8

1981年版のタイタンの戦いが好きすぎて
CGとか要らん。

楽しい人には楽しいと思います。

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

真田広之出演で興味あったまま忘れていた。
ほんわかスペース映画だと勝手に勘違いしてたので見ることにする。ジェイクギレンホールがこの手の作品に出るのは、何処かで珍しい印象。

これでもかってくらい無重力
>>続きを読む

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 EPISODE I(2001年製作の映画)

3.0

竹内力のキャラクターを生理的に受け入れられるかが肝。個人的にはこの世界観と登場人物にほぼ嫌悪感しかなかったが、映画としてはあまりにもおバカすぎて最後まで見れてしまった。

次回鑑賞予定の妖怪地獄には期
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.6

久しぶり派手なものを見せてくれてありがとう。
面白いです。今回も無茶苦茶ですが、別の意味で無茶苦茶になってしまったので、これ以上の奇想天外は一度おやめいただいて、カーアクション、肉弾アクションに戻って
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

2.5

5を除くシリーズを見た結果、これが一番マシだったと思い出しながら追記。

当時は定点モキュンタリー作品も今ほど乱発していなかったので期待度MAXだった。ただ一緒に見てくれる人がいなかったので、同僚のメ
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

2.5

流し見してた俺も悪いが、
何にも引っかかっりのない映画だったように思えるよ。まあもう一度見ます。

サスペクト 薄氷の狂気(2019年製作の映画)

3.1

色々な仕掛けはあって飽きないけど、
淡々としてたかな。

犯人が狡猾なのに迂闊と言うか、
この辺は性犯罪者の性とで言うところか。

SNS使って出会いばかりしてるおっさんは、
股間がキュッてなる事でし
>>続きを読む

ナイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.6

アメリカ軍の闇を描いた社会派な作品なわけだけど、近年のケイジではかなり上位作品だと思うのが…駄目ですか?笑

パッケージのニコラスを見た後に本編再生。その後、ケイジ登場で頭を整理するところから始まりま
>>続きを読む

ロード・オブ・ウォー(2005年製作の映画)

4.0

ニコラスは癖のある退廃的な役柄ピッタリ。

生きるために物作り殺す道具の一部とも知らず、間接的に戦争に加担する。オープニングの弾くんになりきって運ばれていくシーン経験できる。

全体的に重いテーマでは
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.0

境遇がツボる人には化ける作品かもしれない。
父親とうまく交流できない主人公がゲームを介して心を開くハートウォーミング系と作品なのだけど、物語としては普通です。実話なのかな?

展開も読めてしまうが、そ
>>続きを読む

『犬鳴村』恐怖回避ばーじょん 劇場版(2020年製作の映画)

1.6

発想は面白いけど劇場でこれ見ない。
公開後?の追加版だろうから野暮なこと言ってしまうけど、これ作るなら本編もう少し煮詰めてほしかったよ。

犬鳴村(2020年製作の映画)

1.5

怪異なめすぎやろこの映画。
冒頭30分までは割と見れた。

犬鳴トンネルと犬鳴谷村など色々と適当に混ぜてるから話が破綻しまくりの挙句、日本ホラー特有の実は悲しいことがあったんだよ、悲しいね。と言うフリ
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

2.6

個人的には楽しめず。主人公がきみときみとって呪文だから仕方ないけど連呼しすぎなのと、見てるとうんざりしてくる。

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.0

最後にまとまったようなまとまってないような。
クソニートアランによく最後まで付き合ったと褒めてあげたい。

最後の歩いてるシーンで、
あーみんな老けたなぁとしみじみ。

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

2.5

さも内容があったかのように無理に抽出しなくてもいいと思う。内容ない。中身はケイジ無双とバイクに乗りたいだけのドンジョンソン

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.0

ブラックウィドウに起こるシビルウォー後の物語。自身が殺し屋として育てられた組織、レッドルーム壊滅が今回のターゲット。

可もなく不可もなくだけど薄味。確かにエンドゲーム後に公開した方が次に繋げやすいと
>>続きを読む

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷(2020年製作の映画)

2.9

リメイクというより同世界の別の物語。
と言った方が正しいのかな?

全体的にふんわりしてる仕上がり。
キリスト教でいうところの悪魔的なものがいないから、そういうモノとして片付けられてる気だした。割と楽
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.5

どこか懐かしい王道的な作品。時間も2時間オーバーと、最近の単発アクション映画にしては長め。何も考えずに楽しめる。悩んだら負け。物語自体はかなりB級の中だが、映像で救われてるため勢いで見れる。

それに
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.0

寅さんの映画を通しで見た事って数回あるかないか。その理由が寅に好感が持てないから笑
そんな寅さんの節目の作品という事で鑑賞。

回顧録ですが、進行中の物語と寅さんとの思い出がうまく絡み合っていて、展開
>>続きを読む

クロコダイル2(2001年製作の映画)

3.3

ワニがメインというよりスパイス
冒頭の飛行機シーンの後まで、どんな映画を観てるのかわからなくなる。銀行強盗シーンのお札が白紙だったり、撃たれて時間差で吹っ飛んだりなかなか面白要素が多かった。

今時の
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.3

総理大臣にイライラする。忘れてたのに思い出してしまった。美談と思う人もいるだろうけど、個人的には記憶作品。

>|