Natsuhoさんの映画レビュー・感想・評価

Natsuho

Natsuho

おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年製作の映画)

2.9

「張り合うのはやめよ」

イタリア版が好き過ぎたからか、やっぱりなんか違うんよね、、、
あれは友達とは言えないでしょ。笑

呑気に月見てる場合じゃない笑

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.5

「俺の愛はダメだった」

最後の10分の男の友情、あつい。
もっと2人のあつい友情を詳しく知りたかったなぁ。。。
演技派な人達ばかり

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.4

「大切にしてくれ」

最後の20分、そうやったのか〜って納得。
ほんとはクリスマスに見たかったけど、待ちきれずちょっと熱い秋に鑑賞。

エミリア・クラークの濃いメイク新鮮。
やっぱり笑顔がはじけてる女
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.6

「今日は残りの人生の最初の日」

Netflixに出てきてくれてほんとに感謝。
友達がお勧めしてくれた理由がわかる。
ただのホラーじゃないし、まずホラーではない笑
ビッチなジェシカ・ローテ、オールマイ
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.7

「親と子は違う」

やっと見れた!!
音楽は生きる上で大切なもの。
歌詞で心救われたり、自分の気持ちを代弁してくれて共感したりする。
ブルースプリングスの世代ではなかったけど、
この熱くなる気持ちよく
>>続きを読む

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

3.0

「ママ…」

結局最後に助けを求める相手は導師じゃなくて、お母さん。

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.8

「女が正しい服装をすれば問題ない」

心にずっしりくる物語だった。
女性の正しい服装とは?
どうして女性は体のラインが出る服装や肌を露出する服装をしちゃダメなのか。
ちゃんとした理由がほんとはあるんだ
>>続きを読む

ニューヨーク 親切なロシア料理店(2019年製作の映画)

3.6

「ママも自分を赦して」

美味しい料理がいっぱい出てくる映画かと思ってたら全然違った、、、
閑散としたニューヨークの街中でホームレスになってしまった親子が、周りに支えてもらいながら幸せを取り戻そうとす
>>続きを読む

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.5

「あの空の一部になれるのね」

終了20分前ぐらいまで、なんでそんなにこの少年を好きなの!?って理解できず、家族の行動にも理解できず、ついてけない映画かもって思ってたけど、最後に不意にやられた。。
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.0

「映画は見るのと作るのでは180度違う」

麦ちゃん目当てで鑑賞。

弱目の全裸監督って感じ?笑
満島真之介も出てた笑
ぼそぼそ話してて、聞こえにくかった。笑

ヒーズ・オール・ザット(2021年製作の映画)

3.6

「ありのままの姿で」

何も考えずぼーっと見れるティーンムービーは最高です。
急に始まるダンス対決、
ゲームのつもりが本気で好きになっちゃう、
友達の裏切り
おしゃれ大好きっ子
ティーンムービーの全て
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.7

「あなたなんかに関わってほしくない」

光が朝日のように綺麗。
話は重たいけど、光の綺麗さで全体的に重く感じない気がする。
予期せぬ妊娠で今後の環境が変わってしまうのは、親に問題があると思う。
彼女を
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

2.8

「全力で正直に生きろ」

本郷奏多くんって老けないのね。
とてつもなくお美しい顔立ち。
そして白い、、、

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.7

「失敗したものが負け犬になるんじゃない。努力したかどうかだ。」

勉強が全てじゃないって感じのインド映画好き。
学校で出会える仲間は一生もの。
いつまでたっても仲間の為になりたいって思える友人達は大切
>>続きを読む

Mr.タスク(2014年製作の映画)

2.4

「運命を受け入れろ」

気持ち悪い作品だった、、、
なんであれで生きられるのかな?

ただジャスティンロングが久しぶりに見れたことと、リリーローズとジョニーデップの親子共演に、ハーレイジョエルオスメン
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

2.8

「君と彼女の関係は一人芝居だ」

深い愛なのか異常な愛なのか、、、
音楽が心地よくて眠気を誘われた

フロッグ(2019年製作の映画)

3.8

「フロッキングって知ってる?」

すごい。。。構成が素晴らしすぎる
そして面白い!!
ホラー映画かと思ったら普通にミステリー映画で、前半と後半で見せ方が違う!
前半部分の伏線を全て回収してくれる後半は
>>続きを読む

ファイブ・フィート・アパート(2019年製作の映画)

3.8

「触れられたら良いのに」

最後に涙。
昔から好きなタイプのティーンムービー

コロナ禍とどこか似てる感じがする。
このご時世友達と味を共有したいのにできないのが、なんか寂しく感じる。

会える時、触
>>続きを読む

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

3.4

「他人を理解するなんて無理」

簡単には見る事ができない部屋での物語。
誰一人理解できない人達ばかりで、救いようがない感じ。

もがき苦しんだ後に自分を大切にしようと思ってほしいな。って願うばかり

ポルトガル、夏の終わり(2019年製作の映画)

3.0

「探す前に発見せよ」

ぼーっと見れる作品
イザベルさんみたいな歳の取り方をしたい

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.6

「火はあるか」

クリント・イーストウッドかっこいい。。
人種の違う少年と仲良くなり、いろいろ教えていき心を通わせることで、お互いの生きる希望にもなってたんだろうね。
タオもこれからは真っ当な人生を歩
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.3

「私の人生もいつか輝くでしょうか」

口の悪い親。。。
子供に向かってクソアマなんて…
韓国の生活背景が見えて、今のKPOPアイドル世代と比較すると酷い。
今は韓国の良い面しか見てないのかな?それとも
>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

3.4

「ヒーローには会うな。会っても近寄るな。仮面に隠れた顔が見える。」

ジョントラボルタってこんな役までやっちゃうんや!
凄い、、、こういう役をやるなんて思ってなかったから、逆に新鮮で良い。

リアのナ
>>続きを読む

リスタートはただいまのあとで(2020年製作の映画)

3.3

「みつうみ〜」

田舎の男の子ってだけで可愛い。。
イオンと吉野家にテンション上がってた笑

竜星涼ってこういう役似合うよね。

可愛らしい2人だ

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.3

「画面に映えるから」

確かに絵になる2人のショット。
言葉よりも表情が良いし、
何より映像がおしゃれだったなぁ

男の友情好き。わちゃわちゃしてる見てて微笑ましい笑


でもちょっと期待し過ぎてたか
>>続きを読む

抱擁のかけら(2009年製作の映画)

2.9

「映画は完成させないと。たとえ手探りでも」

急に始まって、急に終わった感。笑
お父さんを良い病院に入れてもらったお礼で付き合ってたのかな?笑

モンスター: その瞳の奥に(2018年製作の映画)

3.6

「周りからはどう見える?」

最近お気に入りのケルヴィン・ハリソン続き。

映像がおしゃれ。。
常にカメラを持って風景人を写してる感じ、ストリートっぽくていい。

ありがちな差別的な見方の話かなと思っ
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.9

「運転より先に射撃を覚えた僕」

ネクストドリームに続き彼目当てで鑑賞。
この何も解決してない感じ、大好き。。
最後のケルヴィンの表情と演技の上手さに脱帽です。
今作はwavesの面影ありで、引き続き
>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.5

「自分の実力を見せたかったの」

ありきたり感はあるんだけど、期待を裏切らず良い。
てかまずハリソン君に驚き!!!!
あのwavesの男の子だと思わなかった!!
歌うますぎてもっと彼の歌聞きたい。
>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

3.6

「隣町まで一走りしてくるわ」

なんか、高畑充希のお母ちゃんぷりに元気もらえた。
子育ての辛さ、すごい伝わる。
思い通りにいかなかったり、自分のせいで子供に我慢させてたり、、、
子育てはそれぞれだし、
>>続きを読む

スポンティニアス(2020年製作の映画)

3.4

「余生を生きてるようなもん」

パッケージからは予想できない衝撃的な青春ラブストーリー笑
なんで爆発するの?
急すぎてびっくりしたわ笑

高校生ってある意味一球入魂な感覚で生きてるよね

チャーリープ
>>続きを読む

博士と狂人(2018年製作の映画)

2.7

「自分らしくある事を罰しないで」

ショーンペンがダンブルドア校長にしか見えなかった、笑
時代的なものなのかな?のめり込めず終わってしまった。。。
またハ太郎さんが薫堂さんにダメ出しされてた

さくら(2020年製作の映画)

3.2

「美しいと言った人。はじめて殺したいと思った」

印象的なセリフだったなぁ。
小松菜奈ちゃんの演技がすごい。
役にピッタリ。

ここで笑う?ってとこで笑うからある意味サイコパス。笑

なによりも美男美
>>続きを読む

カウントダウン(2019年製作の映画)

3.0

「コストコで買った」

コストコの商品が1人でも役に立つ瞬間を目撃できた。

運命からはそう簡単に逃れられない

トスカーナの幸せレシピ(2018年製作の映画)

3.3

「世界に必要なのは完璧なトマトソースだ」

トマト煮好きなのに、最近上手く作れず毎回イライラする。笑

ジョン・デロリアン(2018年製作の映画)

3.5

「微妙です」

きっと視聴者のかなりが思った言葉をしっかり証言台で言ってくれた。

テンポが良いからかな?のめり込んで見てしまう

>|