lovelyさんの映画レビュー・感想・評価

lovely

lovely

  • List view
  • Grid view

誰かの幸せ(2020年製作の映画)

-

人を信頼する事は良い事。
人を信用しない事はもっと良い事だ。

ロストクライム -閃光-(2010年製作の映画)

-

三億円事件をサムネに関係ないシナリオ…事件の真相を知りたく騙されて観てしまう視聴者を馬鹿にしてる。

明日の食卓(2021年製作の映画)

-

問題児で悩んでる子育て中の主婦の日常をダラダラ映画化した作品。起承転結無し。
菅野美穂の演技はダントツ上手い。高畑の関西弁下手。尾野の演技はワンパターン。

理由(2004年製作の映画)

-

グリコ森永事件を匂わせながら、関連性の無いシナリオで展開。セリフ棒読みの久本が、視聴者に語りかけて来る時点で録画を消去した。

オール・マイ・ライフ(2020年製作の映画)

-

なんの捻りもないラブストーリー。
最後に本人達を登場させて、箔をつけるありきたりテクニック。恋愛は物理的長さより質ってアピール…

罪の声(2020年製作の映画)

-

グリコ、森永事件を脚色し実話とかけ離れすぎて当時の真相が知りたかった。つまらない結末。

さくら(2020年製作の映画)

-

小松菜奈かなりやばいキャラクターで家族の誰も咎めない。長男はじめの彼女からのラブレターを隠さなかったら、この家族の不幸が始まらなかった。

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

-

近親相姦、三流ポルノで残念賞。余貴美子も役者として活かされていない。

パヴァロッティ 太陽のテノール(2019年製作の映画)

2.0

テノールの歌声に癒される…才能溢れた、選ばれし人の典型的な生き様。

僕のミッシー(2020年製作の映画)

-

グッガールズではファンキーなFBI役が印象深く、ローレンでぐぐるとこの作品…ジェラシックワールドにも出てたし、全て別人になり切る演技力。コメディアンでもある。

>|