Kenさんの映画レビュー・感想・評価

Ken

Ken

映画(162)
ドラマ(0)

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.8

引き続き群像劇ではあるが、特定のキャラクターに感情移入しやすくなった印象。画的に新鮮なものもいくつかあった。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

ビルが舞台の映画に期待する要素は押さえられていたが、舞台をビルに完結させても面白くできたような気がした。

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.2

結末はどこかで見たことあるような感じ。終盤の演出方法は新鮮だった。

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.8

登場人物は多めだが、話がわかりやすいので脚本が上手いと思った。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

科学的な設定の部分にツッコミ所満載だが、それが野暮に感じるほどアクションが面白い。

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.3

サム・ロックウェルのはまり役具合が素晴らしい。ストーリーは予想外で面白いが、共感できる人物は少なかった。

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.4

突如暴力的なシーンになる等、以降の北野監督のエッセンスが既にある。ストーリーを説明し過ぎないところが良いと思った。

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.3

画的に面白いシーンはいくつかあったものの、キャラ描写が弱いので共感しづらいストーリー。悪役の設定にもう少し捻りが欲しいところだが、戦隊モノにはこの軽さがちょうど良いのかもしれない。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

これだけ内容を詰め込んでも感情移入できるほど脚本と演出が秀逸だった。

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.3

全体的にキャラ描写不足でのれない。3部作ぐらいが良かったのかもしれない。最後の戦闘シーンは良い。

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.4

大元の設定を生かし切れていないストーリー展開だった。1つ1つの要素は面白いと思う。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.4

所々、見せる順番は興味深かった。アクションとしては、新鮮なものはなかった。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.6

映画内では説明してくれないであろう内容が量産されている印象。画的には面白いと思った。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.8

ストーリーが圧縮されている部分は仕方ないとして、戦闘シーンはTV版よりも良いと思った。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

演出と音楽は良いと思うが、ストーリーは見たことある感じ。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

テンポの良い脚本で、見応えはあった。演技は少しわざとらしい。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

複雑かつ異様な人間関係が設定されている中、
エンタメとして上手くまとめていると思う。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

『オーシャンズ11』を意識しつつ、メンバーの役割分担を調整している点は興味深い。アクションの地味さは華やかさでカバーできている。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

派手さはないものの、笑い要素の入れ方といい脚本が良かった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

構成が見事だった。説明なしでただただ見て欲しい作品。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

話が複雑でアクションの必然性もわからないが、アクション自体は満足できる。

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.3

脚本に格別ひねりがなく、目新しい映像も特にない印象。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

多少内容が難しい面はあるが、脚本と演出の甲斐あって最後まですんなり見られる。スローンがかっこよすぎる。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.4

どういう気持ちで見ればいいか困惑するシーンの数々。意図を理解するには時間がかかりそうである。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

ホラー的な演出が増えた印象。話も予想外だった。邦題は違う気がする。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

死者の国の設定も見事で、それを生かしきる脚本、さらには音楽が相まって文句のつけようがない。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.4

途中、話のテイストが変わって驚いた。回想が散らかってるので少しわかりにくいところがある。バイクのところは目が回る。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

話の展開にスマートさがないのが残念だった。ミレニアム・ファルコンのシーンは全般良かったと思う。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

多少ご都合主義感があるが、見直したくなる作品。